大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
キャンパスライフ
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
キャンパスライフについて
共に学び、暮らす寮生活がキミを一回り大きな人間に育てる
さくらキャンパス (1年次)
 広々とした空間、元気な学生で活気溢れるキャンパス、寮生活による共同生活は貴重な経験、 大学生活を面白くするのは自分自身の力等々―、ここで学び、そして学んでいる先輩たちが異口同音に言う魅力の数々。 さて、君はここで何を見つけるだろう?
 新入生は学寮において1年間共同生活を送ります。 これが順天堂大学開学以来の伝統で、さくらキャンパスの啓心寮では1年生7人と2年生の室長の計8人がひとつの部屋で生活します。 室長は何でも相談にのってくれる頼もしい存在で、 また、スポーツ健康科学部と医学部の学生が共同生活することで得られる体験は順天堂ならではのものです。
 入寮して1ヶ月、寮生活にも慣れはじめた頃、寮生の親睦を深めるためのイベントが寮祭です。 先輩から受け継がれてきた伝統行事で、これを終えてやっと本モノの順大生になれる!といわれるもの。 球技大会、ライブ、仮装大会、ダンスなど個性溢れる楽しい企画が目白押し。 そして3日間の寮祭のフィナーレを飾るのが裸祭。寮生全員でミコシを担ぎ酒々井町を練り歩きます。 寮祭を終えた寮生は誰もが熱い感動で充たされ、固い友情と順天堂で学ぶ誇りが生まれてくるのです。
本郷キャンパス (2〜6年次)
 少数精鋭のため1年から6年まで全員顔見知りという実に家庭的な環境です。
 基礎医学の授業がはじまると医学部の学生になったという実感が出てきます。 クラブ活動でも幹部の学年となり、充実した学生生活を過ごします。