大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
医学部紹介
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ

閉じる

医学部長ご挨拶

はじめに

 近年の医学の進歩は目覚ましく、医学部の学生が修得しなくてはならない知識・技能は膨大なものとなっています。したがって、限られた授業時間のなかで充分な学習効果をあげるためには、皆さんの「学び」に対するactiveな姿勢が重要になってきます。医学部の6年間では、将来自分が医師や研究者として活躍するために必要な知識・技能・態度を勉強することになりますが、実は医学部卒業後も生涯を通じてこの「学び」に対するactiveな姿勢を保持し続けることが求められます。医学部教育において最も大切なことは、受動的に知識を取得するのではなく、自ら学び、考え、問題を解決する能力を育成することです。皆さんには自ら学習する習慣(passiveなものからactiveなものへ)を培ってもらいたいと思います。

順天堂大学医学部の教育・研究上の目的

 医学部は、人類の健康・福祉に寄与できる専門的な知識、技術を身につけ、「科学者」の視点をもちつつ、感性豊かな教養人としての医師・医学者を養成することを目的としています。そのために、以下の目標を定めます。
  1. 科学的根拠に基づいた医学・医療を行うための体系的な知識と確実な技術を身につける。
  2. 不断前進する医学・医療を生涯にわたってアクティブに自学自習する態度・習慣を身につける。
  3. 常に相手の立場に立って物事を考え、高い倫理観を持ち、人間として、医師・医学者として他を慮り、慈しむ心、即ち学是「仁」の心を涵養する。
  4. チーム医療・研究を円滑に遂行できる能力と習慣を身につける。
  5. 国際社会に役立ち、未来を切り開く人間性溢れる豊かな教養を培う。

医学教育のあり方について・教員の責務と学生の義務

医学教育において、教員と学生それぞれが以下の点に注意して日々努力すべきと考えています。
  1. 授業は、単に知識・技術の伝達ばかりではなく、教員と学生との直接的なコミュニケーションを通して、医師としての人間性を育成するための教育の場でもある。ベッドサイドでも、実習の場でも、教室においても当然そうである。
  2. 教員には教育する責任があり、学生には履修義務がある。それがどうでもよい、来なくてもよいというのでは、学習の場としての大学の存在意義を自己否定するものである。特に、医学部学生の不勉強は、患者に迷惑をかける。
  3. 学生を教育することは、教員自らの研究・診療活動能力を向上させるうえで最も重要である。
  4. 学生の学習意識をPASSIVEなものからACTIVEなものに変化させるよう、教員側が全教科を通じて努力することと、その手法を工夫することが重要である。学生も自ら学ぶ意識を堅持し、積極的な姿勢で勉学に臨むことは必須である。
  5. 学生のモチベーションの向上を図り、それに基づく教育体制を整備することは、本学全体の教育のみならず研究や臨床における活動水準を高めることに繋がる。
  6. 授業時間中に前回または当日の授業内容の理解度を問う試験を行い、出席をとる。同時に学生の授業に対する意見を聞くことの徹底(教務課にて用意されている「授業評価票」使用の徹底)を図る。また、教育者としての自己評価・他者評価を重視する。
  7. 学部教育や臨床教育(BSL)においては、教授・准教授・講師・助教が学生に対して直接教育するが、それのみに止まらず大学に集う者全てが教育に関与すべきである。病院などの現場においては、『屋根瓦方式』による教育の重要性を認識することが重要である。これは教員のみに留まらない。学生も同級生・下級生に教えることによって知識の確認を行うべきである。