トップ > ニュース一覧 > 病原菌が免疫から逃れて寄生する仕組みを解明 ~結核菌のヒト好中球による貪食と殺菌回避の分子メカニズム~

2016.10.11 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

病原菌が免疫から逃れて寄生する仕組みを解明 ~結核菌のヒト好中球による貪食と殺菌回避の分子メカニズム~

概要

順天堂大学大学院医療看護学研究科・医学研究科環境医学研究所の岩渕和久教授、中山仁志准教授らの研究グループは、結核菌を含む病原性抗酸菌が糖脂質の相互作用を介してヒト好中球内へ取り込まれ、細胞内シグナル伝達経路を遮断することで、細胞内に寄生する仕組みを解明しました。本成果は、多剤耐性結核菌に代表される従来の治療薬が奏功しない感染症への治療に役立つと考えられ、今後の結核への対策に大きく道を開く可能性を示しました。本研究はScience の姉妹紙であるScience Signaling 誌(2016年10月11日号)に発表されました。
本研究成果のポイント
  • 抗酸菌はLAMのマンナンコアとLacCerの脂質ラフトの結合を介してヒト好中球に貧食されることを発見
  • 好中球に取り込まれた病原性抗酸菌はLacCerの脂質ラフト依存的な細胞内シグナルを遮断する
  • 貪食・細胞内シグナルを遮断する分子機構をターゲットとした新規病原性抗酸菌感染症治療薬開発へ

一覧に戻る

TOP