トップ > ニュース一覧 > アプリを使ってインフル調査 集約データを予防や治療戦略に活用~順天堂大学が日本初のインフルエンザ調査用iPhoneアプリ「インフルレポート」を開発~

2016.11.2 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

アプリを使ってインフル調査 集約データを予防や治療戦略に活用~順天堂大学が日本初のインフルエンザ調査用iPhoneアプリ「インフルレポート」を開発~

順天堂大学(学長:新井 一)は、Appleが医療や健康に関する研究用に設計したオープンソースソフトウェアフレームワーク「ResearchKit®(リサーチキット)」を採用したインフルエンザ調査用iPhoneアプリケーション「インフルレポート」を開発しました。
「インフルレポート」は、質問項目と測定項目とを組み合わせ、インフルエンザに関する重要な科学的疑問の解明を試みることを目的としています。また、得られたデータから、インフルエンザ予防や治療に便利な情報を利用者にフィードバックすることで、利用者の健康管理にも貢献できるように設計されています。アプリを通して集められたデータは、かつてない標本数で医学研究の飛躍的進歩に寄与することが期待されます。

順天堂大学は、研究用アプリケーションの開発など、情報技術を積極的に取り入れた臨床研究を推進し、今後もより効率的で先進的な医療の実現を目指します。

インフルレポート

「インフルレポート」の概要

「インフルレポート」では、同アプリの利用者に対し、まず初めに、ワクチンの接種状況など簡単なアンケート調査を行います。その後、利用者がインフルエンザに罹ってしまった時には、その時の症状や処方された薬剤などについて、追加でアンケート調査(症状が落ち着いてからの回答が可能)を行うほか、30日毎にインフルエンザ罹患状況やワクチン接種状況などを確認します。同アプリを通して得た回答結果や、インフルエンザに罹患した際の最寄りの気温・湿度情報・歩行速度など複合的な情報をもとに、今後、インフルエンザ罹患者数やワクチンの効果、インフルエンザ罹患の危険因子をはじめとしたインフルエンザに関する重要な科学的疑問の解明を試みます。

また、収集データはアプリ内で即座に分析し、利用者に地域ごとのインフルエンザ発生状況をフィードバックします。このインフルエンザ発生状況は、同アプリ利用者のデータから推測するため、一般的なインフルエンザ流行情報とは異なります。しかし気になる地域を登録しておくことで、例えば勤務先やお子様の通学先など比較的狭いエリアの発生状況を確認することも可能になります。そして、アプリに体温を記録できる機能も付与しています。万が一、インフルエンザに罹患した時に、同アプリが体調管理の一助となれるように工夫しています。

アプリ利用者には、調査研究の内容・回答データの取扱いなどを項目別にわかりやすく説明した後で同意署名をもらうなど、調査研究参加にあたり十分なインフォームドコンセントを行います。なお、位置情報に関連する情報については、個人情報保護に配慮して、すべて郵便番号として収集します。そして研究結果発表等の際は、更に市町村単位に変換するなどの追加処置を行う予定です。
 
 1)研究期間 : 平成28年11月 ~ 平成33年9月(予定)
 2)被験者数 : 一般健常iPhoneユーザー13,000名程度(予定)
ResearchKit®について
ResearchKit®とは、医学研究をサポートする目的で開発されたオープンソース・フレームワークです。
http://www.apple.com/jp/researchkit/

一覧に戻る

TOP