トップ > ニュース一覧 > 薬剤耐性マラリア対策の画期的研究ツールを開発~ミューテーターでマラリアの変異を追う~

2016.11.16 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

薬剤耐性マラリア対策の画期的研究ツールを開発~ミューテーターでマラリアの変異を追う~

順天堂大学医学部・熱帯医学・寄生虫病学講座の平井誠准教授、美田敏宏教授らの研究グループは、東京女子医大、杏林大学、大阪大学との共同研究により、マラリア生物学の新しい研究ツールを開発しました。高頻度に突然変異が蓄積するネズミマラリア原虫(ミューテーター)を研究ツールとして進化研究を行った結果、ゲノムワイドに多様な変異が蓄積することを確認しました。さらに、マラリア原虫が蚊の中で増殖するために必須の因子に高頻度に変異が入ることを発見しました。この成果は、マラリア撲滅の最大の障害である薬剤耐性マラリアへの対策において、画期的な研究ツールになる可能性を示しています。

本研究は、英科学雑誌Scientific Reports電子版で2016年11月15日(日本時間)に発表されました。
本研究成果のポイント
  • 研究ツールとして高頻度突然変異率を持つマラリアミューテーターを開発
  • 原虫ゲノムの多様な変異の蓄積と配偶子分化誘導因子の高頻度な変異挿入を発見
  • 薬剤耐性マラリア対策に向けた迅速な研究が可能に

一覧に戻る

TOP