トップ > ニュース一覧 > 世界初!潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認~新たな腸内細菌療法の展開へ ~

2016.12.1 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

世界初!潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認~新たな腸内細菌療法の展開へ ~

順天堂大学大学院医学研究科・消化器内科学講座(渡辺純夫教授)の石川大准教授らの研究グループが2014年7月より開始した「潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法」の臨床研究の結果、その有効性が明らかになってきましたので報告いたします。本研究により、抗生剤併用便移植療法による腸内細菌叢の変化が、潰瘍性大腸炎の治療効果と病勢に関連していることが判明しました。本成果は便移植療法などの腸内細菌療法が、潰瘍性大腸炎の有効な治療法になりうる可能性を示したものです。

本研究結果は、米国の学会誌「Inflammatory Bowel Disease」電子版(米国時間11月22日)で発表されました。
本研究成果のポイント
  • 潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認
  • 腸内細菌のバクテロイデス門が治療効果と潰瘍性大腸炎の病勢に関連する
  • 抗生剤併用便移植療法による効果的な腸内細菌叢の再構築が、潰瘍性大腸炎の新たな治療法の確立につながる可能性

一覧に戻る

TOP