トップ > ニュース一覧 > 順天堂大学と瀬田クリニックグループが国家戦略特区の病床19 床を共同で整備

2016.12.26 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

順天堂大学と瀬田クリニックグループが国家戦略特区の病床19 床を共同で整備

学校法人順天堂と医療法人社団滉志会瀬田クリニックグループは、国家戦略特別区域(以下、「国家戦略特区」)高度医療提供事業で既に開設が認定されている病床19 床について、学校法人順天堂 順天堂大学(東京都文京区、以下「順天堂大学」)医学部に共同研究講座を設置し、順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都文京区)内に整備することとなりました。

瀬田クリニックグループのがん免疫細胞治療の治療実績、臨床研究の実績等に加え、順天堂大学の有する圧倒的且つ幅広い臨床現場、研究力、臨床力の支援を受けながら、より安全性、有効性の高い治療技術の開発を推進していきます。

尚、順天堂大学は、上記19 床に加え、国家戦略特区高度医療提供事業の病床として、医学部附属順天堂医院が質の高い手術であるダヴィンチ手術の膀胱がん、子宮体がん、大腸がん等への拡大、ラジオ波治療の肝外腫瘍への拡大、皮膚難治性潰瘍による下肢切断等の回避を可能とする再生治療等先進医療を提供するため、新たに12 床を整備する予定です。

一覧に戻る

TOP