トップ > ニュース一覧 > 順天堂医院に入院中の子供たちが描いたパッチワークで作った宇宙服がNASA国際宇宙ステーションに届きました

2017.8.28 お知らせ 附属病院

順天堂医院に入院中の子供たちが描いたパッチワークで作った宇宙服がNASA国際宇宙ステーションに届きました

2016年9月8日に順天堂医院の小児科病棟で開催された「宇宙服アートプロジェクト2016」で、当時順天堂医院に入院中の子供たちが描いたパッチワークによる宇宙服が、今年8月NASAの国際宇宙ステーションに届けられました。宇宙服は8月20日に国際宇宙ステーションからの中継でお披露目されました。
NASAのホームページ
https://www.nasa.gov/press-release/astronauts-showcase-space-art-created-with-childhood-cancer-patients

NASA宇宙ステーションからのお披露目の様子(動画)
聖路加国際病院と順天堂医院の子供たちからの宇宙飛行士宛ての質問メッセージが紹介されています。
https://youtu.be/7pWf_3sc2K4?t=395

昨年順天堂医院で実施された「宇宙服アートプロジェクト2016」の様子
http://www.juntendo.ac.jp/news/20160912-05.html

宇宙服アートプロジェクト2016

順天堂医院での「宇宙服アートプロジェクト2016」
写真中央は宇宙飛行士の山崎直子さん

一覧に戻る

TOP