トップ > ニュース一覧 > マラリア第一治療薬の耐性原虫がアフリカに出現していることを発見 ~世界のマラリア対策へ貢献・薬剤耐性の危機回避に向けて~

2018.3.27 プレスリリース プレスリリース 大学・大学院

マラリア第一治療薬の耐性原虫がアフリカに出現していることを発見 ~世界のマラリア対策へ貢献・薬剤耐性の危機回避に向けて~

順天堂大学医学部熱帯医学・寄生虫病学講座の池田美恵 博士研究員、橘真一郎 助教、美田敏宏教授らの研究グループは、Gulu大学(ウガンダ共和国)、大阪大学、愛媛大学、東京大学、産業技術総合研究所との共同研究により、マラリア治療の第一選択薬であるアルテミシニン*1に耐性を持つマラリア原虫がアフリカで出現していることを発見しました。さらに、この耐性マラリア原虫は、東南アジアからの移入ではなく、まだ耐性原虫がいないとされるアフリカ地域で独自に出現したことがわかりました。一部の耐性原虫は東南アジア型と比して高い耐性レベルを持っていました。今回の発見は、アフリカを中心とした世界のマラリア対策の方向性に大きな影響を与えるとともに、今後アルテミシニン薬剤耐性マラリアの出現と拡散を広域に監視するのに役立ち、薬剤耐性による危機を回避させる可能性を示唆します。本研究は、米国科学雑誌 Emerging Infectious Diseases電子版(2018年3月20日)に発表されました。
本研究成果のポイント
  • マラリア治療の第一選択薬であるアルテミシニンへの耐性原虫がアフリカで出現していることを発見
  • アルテミシニン薬剤耐性マラリアの出現と拡散の監視に役立つ
  • アフリカを中心としたマラリア対策と薬剤耐性による危機を回避させる可能性
*1 アルテミシニン
1970年代に中国で開発された抗マラリア薬。現在最も有効な抗マラリア薬としてマラリア治療の第一選択薬となっているが、東南アジアの一部地域でアルテミシニン耐性のマラリア原虫が出現して問題となっている。

一覧に戻る

TOP