研究活動タイトル(PC)

下層メインビジュアル

トップ > 研究活動 > 組織 > 組織

研究組織

支援センター

研究戦略推進センター
開く
順天堂大学は学長主導のもと、大学の研究者らが学術・研究活動を円滑に推進できるように、企画、調査、特許化、財務の業務を主体として活動し、良好な研究環境づくりに貢献します。
本学の研究力の向上と研究成果の社会還元に向けて、グローバルな視点で最先端の情報を取り入れつつ、高い水準の順天堂大学リサーチ・アドミニストレーション(JURA)体制で業務に臨みます。
臨床研究支援センター
開く
 順天堂大学臨床研究支援センターは、日本最古の西洋医学塾をルーツとして、優れた生命科学の成果を活用し、新しい予防・診断・治療法や医薬品・医療機器・運動機器等を社会に還元するための「健康研究(Health Research)」(橋渡し研究・臨床研究)を推進し、拠点機能の強化、人材の確保・育成、絶え間ないシーズの発掘および成果の速やかな社会還元を図ることを使命としています。
研究基盤センター
開く
医学系の多くは講座制の研究体制を採用しているのに対し、順天堂は昭和40年代にいち早く講座制の研究体制を横断的な中央共同研究体制に再編しました。これは研究のレベルアップを目的とした試みであり、研究に必要な施設や機器・設備類を講座単位ではなく独自の中央機構で導入し大学全体で保有、管理しようというものです。各施設には専任スタッフも常駐し、研究の効率化や精度を高めていくための支援を行っています。近年の医学研究は、分子生物学の進歩に伴い理学、薬学、工学など、分野を超えた成果や技術をどんどん取り入れていくことが必要になってきました。それを先駆性をもって、効率的・効果的に推進し、バックアップしていくのが中央機構なのです。

研究センター

学術フロンティア推進事業
戦略的研究基盤形成支援事業
アトピー疾患研究センター
開く
順天堂大学医学部では、本センターを基地として、アトピー疾患を克服するために、基礎研究、臨床研究の両者を両輪として研究が推進されています。アトピー疾患が極めて複雑な免疫システムの応答の結果として発症することから、免疫異常の分子基盤を遺伝子、分子、細胞レベルだけでなく、個体レベルで解析し、総合的に免疫系、細胞内シグナル伝達系、転写の制御、細胞間接着のメカニズムとその異常を理解しようとする基礎研究が行われています。
ハイテク・リサーチ・センター整備事業
戦略的研究基盤形成支援事業
老人性疾患病態・治療研究センター
開く
老人性疾患病態・治療研究センターは、平成11年度から文部科学省の「ハイテクリサーチセンタープロジェクト」の助成を受け建設されました。(1)パーキンソン病及び関連疾患の発症と防御研究プロジェクト、(2)痴呆性疾患の発症と防御研究プロジェクト、(3)高次脳機能の神経機構と機能修復研究プロジェクトを3つの柱とし、これらはハイテクリサーチセンターのコアとなる研究目標です。 また、共同研究、学際的研究も目的の一つとして、推進しています。
学術フロンティア推進事業
疾患モデル研究センター
開く
疾患モデル研究センターにおいては、医学研究および医学教育のための動物実験がおこなわれています。本学医学部および大学院医学研究科は、高度の医療を通して、国民の健康に貢献しており、その活動は、本学においておこなわれている基礎研究および臨床研究の成果にもとづいています。本学においておこなわれる 動物実験は、本学の研究活動を支えるために必要なものと考えられます。
ハイテク・リサーチ・センター整備事業
戦略的研究基盤形成支援事業
環境医学研究所
開く
環境医学研究所は、(1)環境要因(環境汚染物質)と生体反応、(2)疾患遺伝子の変異と環境因子、(3)性差医学と環境因子、の3大プロジェクトについて相互に連携させながら研究を推進することで、環境因子がどのような影響を人体に及ぼしているかについて基礎医学と臨床医学が一体となって解明することを目的として設置されました。疫学的なアプローチからナノ解析、プロテオミクス解析にいたる多面的なアプローチを駆使することにより、環境因子の生体への影響を明らかにし、環境因子のもたらす疾患に対する新たな治療法の開発へと道筋を開くトランスレーショナルリサーチとなることを目指しています。
21世紀COEプログラム
戦略的研究基盤形成支援事業
感染制御科学研究センター
開く
21世紀になり、治療薬に耐性となった病原細菌、ウイルス、寄生虫などによる難治性の感染症が、人々の大きな脅威となっています。感染制御科学研究センターは、このような難治性感染症を予防し治療するための有効な技術を開発して社会に貢献することを目標としています。そのために、「なぜ抗生物質は効かなくなるのか?」という疑問を、遺伝学、ゲノム生物学、トランスクリプトームを駆使して追求してきました。世界で最初のバンコマイシン中間耐性黄色ブドウ球菌(VISA)の発見、世界で最初の黄色ブドウ球菌全ゲノムの解読、MRSAのメチシリン耐性遺伝子(mecA)を運ぶ動くDNA“Staphylococcal Cassette Chromosome mec (SCCmec)” の発見、2億5千万年前に誕生したブドウ球菌菌種(Staphylococcus fleurettii)の染色体上にmecA 遺伝子の起源を発見、新しいバンコマイシン耐性のメカニズム“slow VISA” の発見など、その研究成果は、多くの学術論文を通じて世界をリードしてきました。現在、その成果は、PCRを用いたMRSA感染の迅速診断法など、耐性菌による院内感染の予防と制御法の開発に応用されています。また新しいクラスの抗微生物薬の創薬・開発にも生かされています。平成22年以降、キノロン薬耐性のMRSAを、治療によりキノロン感受性にする復帰抗生物質(Reverse Antibiotic)を発見、新規治療用モノクローナル抗体の作成、独創的なMRSA院内感染予防法の開発など、重要な成果を上げており、さらに、より新しい治療法、予防法を開発中です。研究は希望に満ちたものであり、サイエンスと臨床を一身に修めた若手研究者の養成も、本センターの重要な使命です。
ハイテク・リサーチ・センター整備事業
戦略的研究基盤形成支援事業
スポートロジーセンター
開く
スポートロジーセンターでは、従来の「体育学」の成果を原資とし、トランスレーショナルリサーチによる運動の理論的実践と大規模介入によるエビデンスの蓄積、さらに専門スタッフの育成を目的とした「スポーツ学(スポートロジー)」を、生活習慣病の予防や治療、要介護回避のための転倒・骨折や寝たきり予防、痴呆症の予防や治療に応用するための包括的プロジェクトを推進しています。さらに、得られたエビデンスを社会に広く還元し、地方自治体、企業健保組合における疾病データベース構築による運営の効率化やスポートロジー専門スタッフの派遣をも行い、スポートロジーセンターとして予防医学の拠点化を目指しています。
戦略的研究基盤形成支援事業
静岡災害医学研究センター
開く
静岡災害医学研究センターでは、東海地震発生が予測されている伊豆半島において、災害時の指揮命令・統制(Command&Control)、安全(Safety)、意思疎通・情報収集・伝達(Communication)、評価方法(Assessment)、トリアージ(Triage)、治療(Treatment)、搬送(Transport)、いわゆるCSCATTTの確立に関する臨床目線からのマクロ研究と、平時における災害準備として、行政・地域住民・関係機関と一体となり行う災害教育・訓練を主たる研究分野として、大規模災害に対応する包括的医療提供体制構築を目指しています。
ハイテク・リサーチ・センター整備事業
戦略的研究基盤形成支援事業
スポーツ健康医科学研究所
開く
平成17年度、文部科学省の「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」の支援を受ける研究組織として、さくらキャンパスのスポーツ健康医科学研究所が選定され、5年間にわたる研究高度化のためのプロジェクト「運動に対する心と体の適応:オーダーメイド型運動プログラム作成のための客観マーカー開発」がスタートしました。このプロジェクトには、スポーツ健康科学研究科だけではなく、医学研究科や医療看護学部・医療看護学研究科の研究者も参画し、「オール順天堂」で取り組んでいます。個々に応じた運動処方の実現は国民の誰もが期待しているものであり、研究の成果に大きな期待が寄せられています。
戦略的研究基盤形成支援事業
女性スポーツ研究センター
開く
医学研究科とスポーツ健康科学研究科のコラボレーションによる体制で、女性アスリートのコンディション管理に関する研究を進めています。また、女性アスリートを支える指導者の資質向上・増員という重要課題にも取組み、女性アスリートの指導者のコーチング法を提案していきます。
順天堂大学医学部附属順天堂医院、浦安病院では「女性アスリート外来」が開設され、研究成果がスポーツ現場に還元される環境も整備されています。
今後、発展が期待される女性アスリートの支援および女性スポーツの環境整備のために、国内外の関係機関とのネットワークを活用し、女性スポーツ研究の拠点化を目指します。

TOP