トップ > 順天堂の歩み > 順天堂の歴史 > 順天堂の歴史1(1838-1943)

順天堂の歴史

1838(天保9年)-1943(昭和18年)

1946(昭和21年)-1988(昭和63年)

1989(平成元年)-2010(平成22年)

順天堂の歴史

社会の動向

1838

天保9年

佐藤泰然 蘭方医学塾を開学

蘭方医学塾

江戸薬研堀(現:中央区東日本橋2-6-8 薬研堀不動院境内)に蘭方医学塾「和田塾」を創設する。
この年をもって順天堂開学の年とする。

1810年
Humboldt(ベルリン)大学開学

1831年
New York 大学開学

1853年
ペリー提督 浦賀沖に来航

1843

天保14年

医学塾を「順天堂」と命名

「和田塾」江戸より佐倉に移り、医学塾「順天堂」を開設する。「日新の医学、佐倉の林中より生ず」と謳われる。

1858年
神田お玉ヶ池種痘所
(現:東京大学医学部附属病院)開設
福澤諭吉の一小家塾(現:慶應義塾大学)開塾

1873

明治6年

下谷練塀町に開院

佐倉より下谷練塀町九番地(現:JR秋葉原駅付近)に「順天堂医院」を開院し、順天堂医学塾を継承する。

1863年 1863年
松本 良順
西洋医学所 頭取

1869年
大学東校(現:東京大学医学部)
佐藤 尚中 大学東校 初代校長
佐藤  進 明治政府海外渡航免許第1号を取得してドイツ留学

1875

明治8年

湯島・本郷に移転

湯島

下谷練塀町より湯島・本郷(現在地)に移転し、順天堂医学塾を継承する。

1873年 1873年
松本 (良)順
初代陸軍軍医総監

1877年
東京大学創設

1885

明治18年

順天堂医事研究会の発足

佐藤進を中心に門下生が集まり、順天堂医事研究会が発足する。

1881年
明治法律学校(現:明治大学)
開校

1882年
東京専門学校(現:早稲田大学)開校

1896

明治29年

看護婦講習所の開設

明治26年より始めていた看護教育だが、改めて看護婦教育の重要性を説き正式に開設する。日本一優しい、心技共に優れた看護婦の育成が始まる。
この年をもって医療看護学部創設の年とする。

1894年
日清戦争
佐藤 進 陸軍軍医総監

1904年
日露戦争
佐藤 進 陸軍軍医総監

1912

大正元年

順天堂赤坂分院の開院

1929(昭和4)年まで開業する。(現:港区赤坂四丁目)その後、湯島・本郷に移築され順天堂産院、分館として精神科病棟となる。そして昭和47年に越谷に移築。順天堂精神医学研究所としてリニューアルされる。

1918年
東京医学専門学校
(現:東京医科大学)開校
佐藤達次郎 東京医学専門学校初代校長

1923

大正12年

順天堂関東大震災に被災

9月1日午前11時57分突然の大地震に見舞われた。午後3時頃、順天堂に火の手が迫り、まず隣接の女子高等師範学校へ、ついで上野の精養軒に避難。順天堂は午後3時過ぎに全焼していた。

1923年
関東大震災

1939年
第二次世界大戦

1941

昭和16年

(財)順天堂医事研究会へ

医事研究会が改組、法人化される。順天堂再隆盛の基盤となる。

1943

昭和18年

(財)順天堂医学専門学校の開設

順天堂医院(湯島。本郷)と順天堂医事研究会を母体に順天堂医学専門学校を開設。戦時中各地に医専が開設されたが私立は、順天堂ただ一校のみ。

1945年
第二次世界大戦終戦

1838(天保9年)-1943(昭和18年)

1946(昭和21年)-1988(昭和63年)

1989(平成元年)-2010(平成22年)

TOP