トップ > 順天堂の歩み > 順天堂医院の今昔

順天堂医院の今昔

順天堂医院の今昔

佐藤進とパスポート

佐藤進が留学のために旅券を申請した明治2年にはまだ外務省がなかった。

順天堂医院のロビー

開院当時の他の大病院は大名屋敷の大広間に患者が雑魚寝している状態であった。

初代院長 佐藤尚中

名医佐藤尚中の診察を求める患者で、練塀町の病院はたちまち満床となった。

ニコライ堂の塔から

明治21 年に、ニコライ堂が建設されていたとき撮影した写真の一枚である。

大正時代の放射線科

X線が医学の診断機器として使われるようになるのは大正時代に入ってからであった。

関東大震災と順天堂

関東大震災で順天堂はほぼ全焼に近い被害を受けた。

お茶の水誕生物語り

明治8年、高燥の地お茶の水に移りました。その時代、大病院は東大だけでした。

明治・大正時代の手術室

明治・大正時代、順天堂医院の歴代の院長は外科であった。

明治に竣工した新病棟

明治39年に竣工した順天堂新病棟、最新設備を備えた洋館が完成した。

陸軍病院での手術

維新後に国内で起きた最大の内戦で、たくさんの負傷者がでた。

復興した順天堂医院

関東大震災で焼失した建物に代わって、昭和2年(1927)に復興した順天堂医院。

明治初期の順天堂

明治6年に下谷練塀町に東京の順天堂が開設された。院長は二代目佐藤尚中である。

明治40年代の順天堂

外堀通りに面して、高台に建つ明治40年代の順天堂医院である。

佐藤志津と女子美術大学

女子美術大学と順天堂大学は、関係の深い大学である。

関東大震災前後の評判

大正12年の関東大震災で順天堂はほぼ全焼した。再建されたのは5年後のことである。

順天堂医院のはじまり

順天堂医院が始まりは明治8年。それまでは病院が下谷練塀町にあった。

スポーツと順天堂

ロンドンオリンピックの成績に国中がわいている。実は順天堂とスポーツの縁は古い。

順天堂医院今昔No.43

現在のソウル大学医学部にある煉瓦作りの建物が明治41年に竣工した大韓医院である。

順天堂医院今昔No.44

順天堂大学の機関誌である「順天堂醫事雑誌」は明治8年に第1号が発刊されている。

今昔_記事内画像無し

私立病院での病理解剖の始まりは、佐藤進が様々な協力を得て尽力した結果だった。

順天堂医院今昔No.46

順天堂醫院といったのは、明治8年に湯島の台地に病院を開いたときからである。

TOP