保健看護学部
Faculty of Health Science and Nursing
人の想いを感じ、人の痛みを感じる医療人となる
静岡県三島市の整備された教育環境の中で、教育経験・看護臨床経験ともに豊富で優れた教員が、より安心安全で質の高い看護を提供するために必要な看護基礎教育を行います。また、看護学実習(臨地実習)は順天堂大学医学部附属静岡病院を中心に行いますが、看護臨床教員が臨床現場の実習指導者を兼任し、卒業後もスムーズに現場に溶け込めるよう、看護実践現場と学内教育の連携を密にとりながら進めていきます。
学部DATA
取得できる学位
学士(看護学)
学科
看護学科
学生男女比
7%93%
男:40名女:452名
人数
専任教員数
入学定員数
学生数
35名
120名
487名
取得可能な資格
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格
第1種衛生管理者資格(保健師資格取得後申請制)
養護教論2種免許(保健師資格取得後申請制)
キャンパス
三島キャンパス

卒業までに身につけるべき資質・能力

看護基礎能力と看護実践能力
看護基礎能力と看護実践能力
科学的根拠に基づいた看護基礎能力を身につけ、心身を癒す看護実践能力を修得することができる
保健・医療・福祉分野を
総合的に理解
保健・医療・福祉分野を
進歩・変化著しい保健・医療・福祉分野を総合的に理解し、創意工夫する態度・習慣を身につけることができる
国際的に活躍できる素養
国際的に活躍できる素養
自ら健康維持増進に留意し行動的に学習し、国際的に活躍できる素養を身につけることができる

学部の特徴

カリキュラム
本学部では、4年間の学習を通じて、豊かな人間性と、看護職者として活躍していくための知識を体系的に学ぶことが出来ます。
実習
順天堂附属静岡病院などの実習先で「実」のある経験を積み、多くの看護師が今も、医療の現場で活躍しています。
教員
医療・看護に力を入れてきた順天堂の、専門性の高い教員達が教育にあたります。国家試験対策、進路の相談まで、看護を志す学生の力強い味方になります。
アドバイザー制
教員が少人数の学生を担当し、学生1人1人にきめ細かく学習上および生活面の指導・支援を行います。各学年の学生が7名程度のグループに編成され、2人のアドバイザー教員が学習や進路、学生生活全般について助言や指導を行います。
アドバイザーは、1年次から4年次まで継続フォローできるよう、原則交代しない体制をとっています。各グループの懇親会も行っており、学年を超えた交流が持てる支援が可能となっています。

保健看護学部 MOVIE

保健看護学部の学び

心身ともに健全に、
多様な価値観と国際性に対応できる
次世代の看護を担う
看護学科では、講義・実習・臨地実習の有機的な連携による学びのプロセスを経て、看護師・保健師としての心と技術を習得します。
また、心身ともに健全に、多様な価値観と国際性に対応できる次世代の看護を担う看護職者になるために、幅広い教養や語学教育、スポーツ教育に力を入れています。

学びのポイント

4年間の学びのプロセスを着実に
進められるステップがある
基礎から徐々に高度な内容へと、スムーズかつ段階的に理解を深めていけるように、学びのプロセスが用意されています。
最新鋭の設備・機器の
ある環境
最新の設備や良質の環境で学べることは、看護の道に進む人間にとって大きなアドバンテージとなります。本学部の実習では最新鋭の設備や機器に触れ、より先進的な医療技術への理解が深まります。
看護職者としての核となる
臨地実習
1年次より臨地実習を組み入れています。病院、保健センター、保育所、訪問看護ステーション、産業健康管理室などさまざまな保健・医療・福祉の場で学修をします。
人間と教養
教養ゼミナール
大学生にふさわしい教養を身につけることを目指します。各自が設定したテーマに沿って主体的に学習を進め、グループワークを通してプレゼンテーション能力や問題解決力、論理的に考える力や協調性を養い、学習姿勢の基礎づくりをします。
人間の健康
救急法の理論と実技
看護師・保健師を目指す上で、緊急の場合に対応して、心肺蘇生法を実践できることは必須といえます。自動体外式除細動器(AED)を用いた一次救命処置・二次救命処置の一部である突然の心肺停止状態への対応に関する知識と実技を学びます。
看護の理論と方法
ソーシャルライフと看護
看護のフィールドの拡大に伴い、地域社会の生活者への支援について広く学びます。公衆衛生看護および在宅看護、精神看護の視点から、地域で生活する人々の現状と支援について理解します。
保健看護の統合と発展
国際保健
国際社会における人々の健康と保健・医療の現状について学びます。健康に影響をおよぼす人口学的、社会経済的・文化的な要因や、国際協力の理念と具体的な活動について理解し、国際社会と日本社会の保健問題についての関心を深め、広げていきます。

順天堂大学保健看護学部の学びの共有

海外研修 JINS(仁)
保健看護学部では、2013年から3年生を対象に、北欧フィンランドとスウェーデンの病院、看護師養成校、老人介護施設、小中一貫の総合制学校等の見学を目的とした海外研修を実施しています。毎年30名の参加者があります。
各訪問先では、フィンランドの医療事情について活発な意見のやりとりが行われ、異文化に触れながらの実りある研修となっています。
この研修を、Juntendo International Nursing Seminarの頭文字をとってJINS(仁)と呼んでいます。
野外スポーツ実習(カヤック)
1年生の選択科目「野外スポーツ実習(カヤック)」は国際教養学部1年生との共同開講科目であり静岡県南伊豆町妻良漁港・小浦海岸で実施されます。
実習を通じて2学部の学生交流が図れ、キャンパスは離れていても同じ順天堂大学1年生の仲間だという絆を強く感じることができるようになっています。自然の中で行なうスポーツを心より楽しみ、カヤックやSUPの漕ぎ方も上達していきます。

卒業後の進路

順天堂大学医学部附属の6病院をはじめ、静岡県内外の看護の現場で高い就職率を誇ります。
また卒業後の進路について、学生をサポートする体制を整えています。
看護師国家試験合格率
(平成31年3月22日発表)

保健看護学部 看護師国家試験合格率

保健師国家試験合格率
(平成31年3月22日発表)

保健看護学部 保健師国家試験合格率

保健看護学部先生
公衆衛生看護学
准教授 酒井 太一
自分が提供するケアで人が救われる喜び、
感謝される喜び。
自信とやりがいをもって働く幸せ。
さらには経済的な安定も含め、
将来にわたり幸福であってほしい。
保健看護学部卒業生
2013年卒業
順天堂大学医学部附属
静岡病院産婦人科 勤務
不安や迷いがあるかもしれませんが、
「頑張りたい」という思いを
大切にしていれば大丈夫です。
自分の道は学びの中で見つかるはずです。