トップ > 3章「選手生命をおびやかす無月経と骨粗しょう症」

3章「選手生命をおびやかす無月経と骨粗しょう症」

●動画を見て以下の問いに答えましょう
あなたの点数は 0点 / 100点です。
合格!満点までもう一歩。動画を見直して再チャレンジしてみよう!
「無月経」とは、生きていくための(  )が不足している、危険な状態だというサインです。(  )にあてはまるのは次のうちどれですか?
血液 酸素 栄養素 エネルギー
正解「エネルギー」
[解説]「無月経」とは、生きていくためのエネルギーが不足している、危険な状態だというサインです。エネルギー不足の状態が続くと、妊娠や出産に必要な栄養がないと身体が判断して、月経の機能を止めてしまうのです。
運動をしている女性アスリートが一定期間以上、月経がない状態を「視床下部性無月経」といいますが、その判断基準となる期間は次のうちどれですか?
2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
正解「3ヶ月」
[解説]運動をしていて3ヶ月以上月経がないと「視床下部性無月経」と判断されます。これまでにあった月経が3ヶ月以上こない状態が続いたら、早めにコーチや専門家に相談するようにしましょう。
下の図は無月経のしくみをあらわした図です、A~Cのそれぞれにあてはまる正しい組み合わせを選んでください。
無月経のしくみ
A 運動量  B 筋肉 C 肥満症 A 熱量   B 骨  C 統合失調症 A 体脂肪  B 脳  C 骨粗しょう症
正解「A 体脂肪  B 脳  C 骨粗しょう症」
[解説]エネルギー不足で体脂肪が減少すると、体脂肪から分泌される肥満防止物質レプチンが抑えられます。すると脳内のホルモン分泌に異常が起こり、排卵を止めてしまうことで無月経になります。
女性は体脂肪率(A)%で半分が無月経、(B)%以下で100%無月経になります。ABそれぞれにあてはまる数字の組み合わせは次のうちどれですか?
A 20、B 18 A 18、B 15 A 15、B 10 A 10、B 5
正解「A 15、B 10」
[解説]女性は体脂肪率15%で半分が無月経、10%以下で100%無月経になります。ですから、日頃から自分の体脂肪率をチェックしておくことも大切です。
無月経は、すでに骨に影響が出はじめている合図でもあります。その影響が進行し、骨がスカスカになる症状とは次のうちどれですか?
骨空洞症 骨粗しょう症 骨密度低下症 骨強度低下症
正解「骨粗しょう症」
[解説]無月経は骨密度を低下させ、骨がスカスカになる骨粗しょう症を引き起こす元になります。
無月経によって女性ホルモンが正常に分泌されないと、女性アスリートの選手生命をおびやかすリスクがとても高くなります。そのリスクとは次のうちどれですか?
アキレス腱断裂 筋肉肥大症 網膜剥離 疲労骨折
正解「疲労骨折」
[解説]無月経で女性ホルモンが正常に分泌されないと、カルシウムを骨に吸収させて骨量を維持する働きが低下し、骨がスカスカになる骨粗しょう症を引き起こします。その状態で激しい運動を続けて骨に繰り返し力が加わると、骨に亀裂が入ることがあります。これが疲労骨折です。
カルシウムを骨に吸収させて骨量を維持する働きを持つ女性ホルモンとは、次のうちどれですか?
テストステロン プロゲステロン エストロゲン グリコーゲン
正解「エストロゲン」
[解説]エストロゲン(卵胞ホルモン)には、カルシウムを骨に吸収させて骨量を維持する働きがあります。
もし無月経になってしまったら、どのようなステップを踏む必要があるのか。
A~Cにあてはまる正しい組み合わせは次のうちどれですか?

( A )の改善 ⇒ ( B )の改善 ⇒ ( C )の改善
A 骨密度、B エネルギー状態、C 月経 A エネルギー状態、B 月経、C 骨密度 A 月経、B エネルギー状態、C 骨密度 A エネルギー状態、B 骨密度、C 月経
正解「A エネルギー状態、B 月経、C 骨密度」
[解説]もし無月経になってしまったら、エネルギー状態の改善⇒月経の改善⇒骨密度の改善、というステップを踏む必要があります。適切なエネルギーバランスは正常な月経を促し、健康な骨密度を維持するのです。
成長期の女子は、月経がきちんと来ることで骨が強くなります。月経が起こるためには前もって十分な成長ホルモンが分泌されていることが必要ですが、成長ホルモンの分泌は次のどの変化によって分かるでしょうか?
靴のサイズが大きくなる 体重が増える 食事量が増える 身長が伸びる
正解「身長が伸びる」
[解説]成長ホルモンが分泌されているかは、背が伸びることによって分かります。成長ホルモンの分泌で骨が成長して長くなることで背が伸びるのです。
次のうち、成長期の女子の骨が十分に強くなるため、成長ピークの前後で特にしてはいけないことはどれですか?
体重制限(ダイエット) 睡眠不足 食べ物の好き嫌い 食べすぎ
正解「体重制限(ダイエット)」
[解説]成長期の女子の骨が十分に強くなるためには、成長ピークの前後で体重制限(ダイエット)をしてはいけません。体重が増えないと成長ピークが来ず、初経が遅れる→卵胞ホルモンが上昇しない→カルシウムが骨に取り込まれない→骨密度が不足→疲労骨折、というアスリート生命をおびやかす流れの元になってしまうのです。
採点する
  • 月経周期を考慮したコンディショニング法
  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP