トップ > 順天堂大学第38回都民公開講座「女性アスリートの可能性」のお知らせ

NEWS

2016.5.10 イベント TOPICS

順天堂大学第38回都民公開講座「女性アスリートの可能性」のお知らせ

女性スポーツ研究センター長である小笠原悦子教授、副センター長である北出真理教授が座長を務める「順天堂大学第38回都民公開講座」が、『女性アスリートの可能性』と題して開催されます。
 
「基調講演」では、「女性アスリートの可能性の引き出し方」と題して、井原慶子さんにお話いただきます。レースクイーンからレーサーに転身した異色の経歴の持ち主である井原さんは、1999年にフェラーリチャレンジでレースデビューして以来、女性アスリートのパイオニアとして世界50か国を転戦し活躍しました。2013年、WEC世界耐久選手権のドライバーズランキングにおいて、女性としては世界最高位を獲得、世界最速女性ドライバーとなりました。現在は、レースチームの監督をする傍ら、女性のモータースポーツ参加のための環境作りに尽力されています。そんな井原さんから、ワクワクするようなお話をお聞きしましょう!
 
続く「講演」では、本センターのプロジェクトメンバーである鈴木志保子教授(神奈川県立大学保健福祉大学)、鯉川なつえ先任准教授(本学スポーツ健康科学部 / 本センター副センター長)、小林弘幸教授(本学大学院医学研究科病院管理学)より、それぞれの専門分野から『女性アスリートの可能性』についてお話いただきます。
 
参加費無料、どなたでもご参加いただけますので、ぜひご参加ください!
順天堂大学第38回都民公開講座「女性アスリートの可能性」
 
日時:2016年6月25日(土) 午後1時~4時05分
会場:文京シビックホール 少ホール(定員:300名 先着順)
座長:小笠原悦子
   (順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 教授、
    女性スポーツ研究センター長)
         北出 真理
   (順天堂大学医学部産婦人科 教授、
    女性スポーツ研究センター 副センター長)

Ogasawara_Kitade

基調講演:
<講演1>女性アスリートの可能性の引き出し方
井原慶子 カーレーサー、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科  特任准教授
 
<講演2>スポーツ栄養から見た女性アスリートの可能性
鈴木志保子 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授
 
<講演3>女性コーチから見た女性アスリートの可能性
鯉川なつえ 順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科 先任准教授
 
<講演4>自律神経コントロールから見た女性アスリートの可能性
小林弘幸 順天堂大学大学院医学研究科病院管理学 教授

参加申込

一覧に戻る

  • 月経周期を考慮したコンディショニング法
  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP