トップ > 「ジュニア女子アスリートメディカル支援講習会2018 東京・神戸」を開催しました!

NEWS

2018.6.1 イベント TOPICS

「ジュニア女子アスリートメディカル支援講習会2018 東京・神戸」を開催しました!

「ジュニア女子アスリートメディカル支援講習会2018 (東京会場・神戸会場)」開催報告 
~医療と栄養指導が一枚岩に!~

成長過程にあるジュニア女子アスリートは、エネルギー不足(摂取するエネルギー量が足りない)を起こしやすく、繰り返す疲労骨折や無月経を予防するには、ジュニア期からの適切な支援が不可欠であるとされています。

ジュニア女子アスリートを多角的に支援するきっかけとして、東京、神戸の2会場で「ジュニア女子アスリートメディカル支援講習会」を開催し、総計150名以上に参加いただきました。
【開催日・会場】
東京会場:2018年2月2日・順天堂大学本郷・お茶の水キャンパス
神戸会場:2018年2月24日・神戸市内のホテル

AMT_小笠原先生

開会の挨拶:女性スポーツ研究センター長/順天堂大学大学院
スポーツ健康科学研究科 小笠原悦子教授

「全体講義」では、冒頭に、順天堂大学スポーツ健康科学部の鯉川なつえ先任准教授が、女性スポーツ研究センターで実施した中高生を対象とした「女性アスリートの三主徴」のスクリーニング調査について説明しました。

その後、西別府病院スポーツ医学センター長の松田貴雄医師が「ジュニア女子アスリートにおけるヘルスサポート」をテーマに、女子アスリートを診る際に心得るべき要点について講演を行いました。また、神奈川県立保健福祉大学の鈴木志保子教授は、「ジュニア女子アスリートサポートにおける公認スポーツ栄養士・管理栄養士の役割」をテーマに、成長期にある女子アスリートがエネルギー不足にならないようにすることの重要性を述べました。

松田医師、鈴木教授はともに、医師・医療従事者とスポーツ栄養士・管理栄養士は互いに情報を共有し合って、摂取エネルギー不足により無月経や骨粗鬆症に陥いる女子アスリートを生み出さない努力、連携が必要だと訴えました。

全体講義の後には、実際の症例を検討する症例検討を含む「演習」を実施し、積極的に意見交換を行いました。職種を超えた幅広い交流を持つ良い機会となりました。

AMT_松田先生

「ジュニア女子アスリートにおけるヘルスサポート」について全体講義をされた松田貴雄医師

AMT_鈴木先生

「ジュニア女子アスリートサポートにおける公認スポーツ栄養士・管理栄養士の役割」について全体講義をされた鈴木志保子教授

IMG_4564_演習

公認スポーツ栄養士・管理栄養士の演習

IMG_4345

医師、医療従事者の演習

AMK_北出先生

神戸会場での開会挨拶(北出真理教授)

AMK_全体

神戸会場にもたくさんの参加者にお越しいただいた

ジュニア女子アスリート支援には適切な栄養指導が必要不可欠ですが、国内における公認スポーツ栄養士はまだまだ少なく、医療従事者側が雇いたくても出会うチャンスがないのが現状です。今回の講習会をきっかけに、医療従事者や公認スポーツ栄養士・管理栄養士が、ジュニア女子アスリート支援に対する理解を深めました。今後は、医師と公認スポーツ栄養士が共通の問題意識を持ち、両者の連携が強化され、全国にジュニア女子アスリート支援が広がっていくことを期待しています。


本委託事業により、女性スポーツ研究センターが作成したポケットマニュアル『ジュニア女子アスリートヘルスサポートマニュアル』を参加者に配布しました。

参加者の方々が安心して受講できるよう託児ルームを開設しました。

2枚合体写真

AMT_託児


本講習会は、平成29年度スポーツ庁委託事業「女性スポーツ医学普及啓発プログラム」の一環として開催しました。

一覧に戻る

  • 月経周期を考慮したコンディショニング法
  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP