トップ > 「AASM2019学会大会」において「Outstanding Abstract Award」を受賞しました!

NEWS

2019.9.12 TOPICS お知らせ

「AASM2019学会大会」において「Outstanding Abstract Award」を受賞しました!

8月7日~9日に開催された「第15回アジアスポーツマネジメント学会大会(AASM2019)」において、優れた研究発表に贈られる「Outstanding Abstract Award」に、女性スポーツ研究センターのリサーチアシスタントである三倉茜さん(順天堂大学大学院スポーツ健康科学科博士後期課程2年)、小笠原悦子センター長による「The Career Process of Female Basketball Players to Advance Their Interest in Coaching(コーチへの興味を高めるための女子バスケットボール選手のキャリアプロセス)」が選出されました。
本学会大会では、56題の口頭発表、20題のポスター発表のプレゼンテーションが行われ、「Outstanding Abstract Award」に選ばれたのは10題。日本からは3題が選ばれました。
 
受賞した三倉さんは、「思いがけずいただいた賞でしたが、今後もコーチングにおけるジェンダー平等に寄与する研究をますます頑張っていこうという励みになりました」と受賞の喜びを語るとともに、「調査にご協力いただいた女子バスケットボール選手および女性コーチの皆様、WJBL事務局の皆様に感謝いたします」と謝辞を述べました。

AASM2019学会大会実行委員も務め、学会大会の運営にも尽力された三倉さんのような若手研究者が、スポーツの現場に役立つ研究や活動をさらに推進していくことを、女性スポーツ研究センターはこれからも支援してまいります。
 

Award01

(左から)AASM2019学会大会実行委員長・原田宗彦先生、
三倉茜さん、共同研究者である小笠原悦子センター長

Award02

学会大会最終日のクロージング・セレモニーにおいて
表彰を受ける三倉さん

一覧に戻る

  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP