• ALL
  • コンディショニング
  • スポーツ栄養
  • リサーチ
  • リーダーシップ
  • 海外レポート
menu
女性スポーツセンター Women in Sport 女性スポーツに関する情報発信サイト
vol.005
コンディショニング

「こんなに違う! 女性と男性の身体」

スポーツをする上で知っておきたいのが、自分の身体のこと。女性の場合は特に、女性特有の身体の機能や特徴をよく理解し、対処する必要があります。そこで今回は、男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、鯉川なつえ順天堂大学スポーツ健康科学部先任准教授(女性スポーツ研究センター副センター長)にお聞きしました。
鯉川なつえ

鯉川 なつえ

順天堂大学スポーツ健康科学部先任准教授
同大陸上競技部女子監督。
主な研究テーマは、スポーツにおける疲労の血液生化学的研究および女性トレーニングに関する研究。

競技力アップにかかせない3原則とは

女性でも男性でも、スポーツをする際に目指すのは競技力のアップです。そのために欠かせないものが3つあると鯉川准教授は言います。
「それは『トレーニング』と『栄養』と『休養』です。たくさん練習したらしっかり休養し、栄養を摂る。そして身体が回復したら、また練習する。この良いサイクルを続けることで、女性も男性も、競技力が向上していくのです」
しかし、女性と男性ではこのバランスの取り方に違いがあるのだとか。
「まず、一般的に男性は女性に比べて筋力があり、体力もあるため、疲労からの回復が女性よりも早いのです。また、男性アスリートの場合、練習後はしばらくご飯が食べられなくなるほど、極限まで自分を追い込むトレーニングができるのに対して、女性は自分の身体を防御する力が作用するため、トップアスリートであっても、ご飯を食べられなくなるほど自分を追い込むことは難しいのです。だからトレーニングの強度よりも頻度を上げる方が効率的といえます。また、食事も一般的に女性は1回で食べられる量が少ないので、数回に分ける工夫も必要です。このような男女の違いを理解した上で、『トレーニング』『栄養』『休養』の摂り方とバランスを考える必要があるでしょう」
c-3

男女における身体の発達の差

こうした男女の身体の違いは、小学生の頃からすでに見られると鯉川准教授は言います。
「女子と男子では身体の発育速度が異なるのです。具体的には、身長や神経伝達、敏捷性などが伸びる時期が、女子の場合は男子より2年ほど早く訪れると言われています。そのため、スポーツでも高い競技力に達する時期が、女子は男子より2年早くやってきます。ですから、それに合わせてトレーニングの内容も考慮する必要があるというわけです」
こうして発育がピークに達した女子の身体では「月経」が始まります。
「初潮を迎えた女性の身体は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンの分泌が高まります。そして、女性ホルモンが分泌されると、身体は脂肪を溜め込みやすくなります。そのため、女性の体脂肪率の目安は男性より10%も高くなっているのです」
女性ホルモンの中でも、女性らしい身体の維持に大きく関わるのがエストロゲンです。ところが、一生涯で分泌されるエストロゲンの量はティースプーン一杯分ほどと、とても少ないそう。
「つまり、女性の身体はごく微量な女性ホルモンの変化に大きく影響を受け、月経が来たり来なくなったりするものだということ。しかし、エストロゲ ンも月経も、女性の身体にとって、とても大切な機能です。血行や肌ツヤをよくしたり、骨を丈夫にする機能があるエストロゲンは、言ってみれば『女性の身体を守ってくれる存在』。月経は、エストロゲンが分泌されているという証でもあるのです。こうした女性と男性の身体の違いをしっかり理解した上で、『トレー ニング』『栄養』『休養』のバランスを上手に取って、ぜひ競技力アップにつなげて下さい」
男女における体の発達の差

女性ホルモンの中でも、女性らしい身体の維持に大きく関わるのがエストロゲン。生涯で分泌されるエストロゲンの量はティースプーン一杯分ほど。

吉田渓

ライター紹介
吉田 渓

雑誌やWEBにて、女性の心と身体をテーマに取材や執筆を行う。
著書に「働く女のスポーツ処方箋」(グラフ社刊)などがある。
TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。