vol.006
リーダーシップ

5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?

東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。欧米で先行する女性コーチやリーダーに向けた取り組みを、プログラムの責任者から直接伺って世界の流れを知り、その後、日本を代表する女性トップコーチたちがパネルディスカッションするという刺激的な内容でした。
パネルディスカッションで第一生命陸上部の山下佐知子監督は、31歳で監督に就任して以来「子供を持つという選択肢はなかった」とした上で「この考え方は女性として普通じゃなかったと、今になって気がついた」とおっしゃいました。

日本には家庭を顧みず仕事をするという働き方があります。いわゆる「男社会」の思考でスポーツの世界も同じです。女性がコーチとしてキャリアを積むとき、この考え方に知らず知らずのうちに縛られてきました。仕事をするのに性別は関係なく、女性コーチも「指導をしたいから指導しているだけ」なのですが「女だからできない」とは言われたくないという思いもある。それが家庭を持ち母になることを躊躇させることにつながっていたのかもしれません。
パネルディスカッション

でも、何かを諦めるなんて、もうやめていいと思いませんか?
シンクロナイズドスイミングの五輪銅メダリストでメンタルトレーナーとして活躍する田中ウルヴェ京さんは客席から「ライフワークバランスというと、日本人は仕事と家庭を天秤にかけるものだと考えてしまう。でも、そうではなくて相乗効果を持つということです」と発言されました。仕事を持ち、妻と母の役割も果たすとき、それぞれが30%に減ってしまうのではなく、100%が3つ、つまり300%になるという考え方です。「様々な顔を持つから、重みが出てくるし、人としての迫力があるのです」

パネリストのひとり、杉山芙沙子さんがロールモデルでしょう。主婦だった芙沙子さんが娘でテニスの元トッププレーヤー、愛さんの指導を始めたのは40代になってから。愛さんはそのときのことをよく覚えていました。スランプで自分を見失っていた愛さんが「ママには私が進む道が見える?」と尋ねたところ「見えるわよ」と力強く簡単に答えたというのです。愛さんのコーチとなった芙沙子さんは細やかな心配りで精神的な成長をサポートしました。現在も20歳の女子選手を指導していますが、その際「多忙なので海外遠征には一緒に行けない」と条件をはっきり伝えています。それでも選手は芙沙子さんの指導を仰ぎたいと頼んだそうです。
でも、何かを諦めるなんて、もうやめていいと思いませんか?

コーチとして実力を付け活躍する一方で、プライベートも充実させる―
夢ではなく実現させましょう。
今回のカンファレンスで紹介していただいた米国と英国、それにカナダのプログラムに共通していた項目は「自己の確立」「コミュニケーション力の向上」「スキルアップ」「ライフワークバランス」「男女の共生」「ネットワーキング」―といったことでした。「自己を確立して自信を持った女性コーチがコミュニケーション力と指導技術を上げる。そして、仕事と家庭の両立をはかり、男性を味方に付ける。さらに仲間と結びつき情報交換をする」。成功へのシナリオといっていいでしょう。
今年9月、私たちは「女性コーチアカデミー」を創設します。欧米の仲間たちが作ったシナリオを参考にしつつ、繊細で和を尊ぶといった日本人女性の特性をいかに引き出すか。これがプログラム作りの大きなテーマです。新しいスポーツ文化の創設ともいえるプロジェクトにどうぞご期待ください。

文責:女性スポーツ研究センター(JCRWS)
TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。