vol.16
海外レポート

垣根を超えて ~女子サッカーでつながる心~

ドイツの非政府組織(NGO) Discover Footballが主催する「第4回国際女子サッカーフェスティバル〜Beyond (B)order〜」がドイツ・ベルリンで6月28日から7月5日まで開催されました。
リンク:http://www.discoverfootball.de/en/projects/discover-football-festival-2015/
世界各国から、女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャー、約100人が一堂に会し、 女子サッカー界と社会全体における女性の権利について話し合い、 サッカーをツールとした問題解決への取り組みに関して、意見を交わしました。

ゲームとカンファレンスで意見交換

フェスティバルは 2つのパートから構成されており、1つ目のパートのフレンドリー大会では、全ての参加者を国、人種、言語、サッカーのレベルの垣根を超えて8つのチームに割り振り、サッカーの試合が行われました。政治レベルで衝突がある国同士も、同じチームの仲間としてサッカーをすることで、国境を超えて、個人レベルでの友好を深めることができました。今回最も話題になったのは、チベット人選手と中国人選手との交流です。人権侵害を受け、インドで難民として暮らしているチベット人選手にとって、海外の大会に参加することは、チベット女子サッカーの歴史において初めてのことでした。さらに、チベット人と中国人がスポーツを通して友好を深めることは、1959年以来のことだといいます。あるチベット人選手は、生まれて初めて中国人に会い、サッカーを通して友好を深め、対話を通して、お互いが抱いていた誤解を解くことができ、感動的な瞬間を味わった、と興奮気味に話していた姿が印象的でした。
image

写真提供:Discover Football

2つ目のパートでは、女性の権利に関するワークショップとパネルディスカッションが展開されました。参加者は各々の国や地域のサッカークラブ、スポーツNGOで女子サッカーの発展と女性のエンパワーメントに対して精力的に活動している人たちです。参加者と運営スタッフが女子サッカーの現状と国際社会の女性に関する問題解決に向けて、サッカーを通じた活動報告をパネルディスカッションとワークショップ形式で発表し、意見を交換しました。また、ドイツの聴覚・視覚障がい分野の女子サッカーの専門家を招き、障がい者サッカーの現状や練習方法に関するワークショップも行われました。
b

写真提供:Discover Football

今回の FIFA女子ワールドカップで大きな話題となった人工芝問題についても、パネルディスカッションとワークショップのテーマとなりました。これは「FIFA女子ワールドカップ カナダ2015」のフィールドが、天然芝ではなく人工芝で開催されることに対して、昨年の2014年10月までに、約40人の女子サッカー選手が、国際サッカー連盟(FIFA)とカナダサッカー協会を法的に訴えたという問題です。男子は天然芝で実施されたこともあり、サッカー界における女性の権利に関わる問題として、今回のテーマとしても大きく取り上げられました。さらに、ワールドカップにとどまらず、草の根レベルで活動する選手、コーチ、マネジメントスタッフが、女性だからこそ、日常的に直面する問題や困難、差別について掘り下げて考え、意見を出し合いました。

安心してサッカーができる明日…

このフェスティバルは、 国籍、民族、人種、宗教、性的指向、身体レベル、競技レベルに関わらず、参加者全員が安全に、安心してサッカーができる環境の整備を目的としていたため、ダイバーシティ(多様性)を議論する機会が随所に設けられていたことが印象的でした。全世界から集った参加者、運営スタッフが、まさに大会テーマである「Beyond (B)order(垣根を超えて)」を表すように、サッカーを通して人と人がつながった大会となりました。そして、ネットワーク拡大の機会も担ったフェスティバルは、盛会のうちに幕を閉じました。
image

写真提供:Discover Football

参加者・運営スタッフの国籍は以下の通りです。
アフリカ:エジプト、ニジェール、ブルキナファソ、ケニア、タンザニア、ウガンダ、南アフリカ
ヨーロッパ:モロッコ、グルジア、スペイン、ロシア、フランス、セルビア、ドイツ
中東アジア:キリギスタン、ウクライナ、パキスタン、アフガニスタン、バングラディッシュ、チベット、カンボジア、中国、日本、
北南米:ブラジル、コロンビア、メキシコ、アルゼンチン、アメリカ

Discover Football ホームページ: http://www.discoverfootball.de/en/home/
Discover Football ブログ: http://claimthepitch.org/
NOWSPAR

ライター紹介
野口 亜弥

米国・フランクリンピアス大学経営学修士課程(MBA) 2014年修了。2014年スウェーデンの女子プロサッカーリーグでプレー。
2015年1月から6月までザンビアの女性スポーツNGO(非政府組織))NOWSPARにおいてインターンシップ。
TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。