vol.004
海外レポート

米国の大学スポーツにおける女性コーチの現状

 全米の大学スポーツ女子チームにおける、女性コーチ(監督)の割合がどのくらいかご存知でしょうか?
今年2月、全米女性スポーツ研究機関のパイオニア的存在であるタッカーセンターより、最新の調査結果(2014−2015年シーズン*1)が報告されました(LaVoi, 2015a; LaVoi, 2015b)。

2012−2013シーズンから始まったこの調査は今シーズンで3年目となりますが、この調査報告によると、学生アスリートの割合にほぼ男女差がないにも関わらず、女性コーチ(以下、監督のことを指す)の割合は、40.2%(女子チームに限る)でした。
歴史的に見ると、その割合は1972年の90%以上をピークに40年以上も減少傾向にあることから、2013−2014年シーズンより0.6ポイント上昇したものの、依然と厳しい現状が伺えます。男子チームに女性コーチの入る余地がないことを考慮すれば、いかに女性コーチの活躍する場が限られた世界であるか、おわかりいただけるでしょう。


Head Coaches of Women's Collegiate Teams

女性コーチの割合と評価

 タッカーセンターでは2012年より、全米大学スポーツ女子チームにおける女性コーチの実態調査を行ってきました。今回を含め3度にわたる調査報告書では、競技種目別、大学別にそれぞれ、女性コーチの割合をAからFで評価し(A:100〜70%、B:69〜55%、C:54〜40%、D:39〜25%、F:24〜0%)、その推移を追っています。
 大学別による評価では、調査対象となった86校うち、A評価を得たのはたったの2校で全体の2.3%(シンシナティ大学:90%、セントラルフロリダ大学:88.9%)であり、88.2%の大学がC評価以下(C:33校(38.8%)、D:31校(36.5%)、F:11校(12.9%))という結果でした。
前年度との比較では、C評価を受けた大学が若干増えた(35.5%から38.8%)ものの、F評価へと後退した大学もあり(11.8%から12.9%)、全体の女性コーチの割合に、ほとんど変化はみられませんでした。
 競技種目による評価では、調査対象となった23種目うち、A 評価を得たのはフィールドホッケー(100%)、ラクロス(92.6%)、馬術(77.8%)、ゴルフ(76.3%)であり、0%の水球およびアルペンスキーを含めた7競技種目がF評価という結果でした。前年度との比較では、ボートがCからDへと評価を下げ、ボーリングがFからDへと評価をあげたものの、全体的には前年度と同じ傾向が伺えました。

Head Coaches of Women's Collegiate Teams2014-2015

 女性コーチが女性アスリートを指導するメリットとしては、例えば、女性指導者の方が男性指導者よりも細やかな指導ができること、精神面での細かなアドバイスができる等があげられます。さらには、女性の身体に関するデリケートな話し合い(月経に関する悩み、食生活に関する悩み等)は、競技者としてより良いパフォーマンスを発揮するためだけでなく、一個人としてQOL(生活の質)を考えていく上で非常に重要ですが、身体の構造が違う男性指導者には、理解してもらいにくいことや、話すことすら躊躇してしまうこともあります。このような課題に対応するためにも、女性コーチの抱える問題を明らかにし、今後益々の活躍を期待したいものです。
注釈
*1:米国におけるシーズンとは、「9月始まり5月終わり」が一般に言われる学校の年度(school year)です。この期間は、競技種目により若干異なります。
 
 
<参考文献>
LaVoi, N. M. (2015a). Head coaches of women's collegiate teams: A report on select NCAA Division-I FBS institutions, 2014-15. Minneapolis: The Tucker Center for Research on Girls & Women in Sport
.
LaVoi, N. M. (2015b). The status of women in collegiate coaching: A report card, 2014-15 [Infographic]. Minneapolis: Tucker Center for Research on Girls & Women in Sport.
 
井上 好

ライター紹介
井上 好

国立大学法人鹿屋体育大学修士課程修了。
2014年9月より、ミネソタ大学大学院身体運動学科(アメリカ・ミネソタ)にて、女性スポーツ及びヘルスプロモーションを専攻。
TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。