プログラムp
開催日程
2020
15日(火)9時~
17日(木)1230
開催形式
オンライン開催
講義・運営会場:東京・渋谷 Fスタジオ

  Fスタジオmini
Fスタジオ
program-1
1. オープニング(自己紹介含む)
2. 女性とスポーツⅠ
小笠原悦子 女性スポーツ研究センター センター長
3. プロフェッショナルとしてのコーチング
Marlene Bjornsrud (マーリーン・ビヨンズロッド)
米国女性コーチアライアンス 元代表
4. 女性アスリートのコンディショニング
鯉川なつえ 女性スポーツ研究センター 副センター長
5. スポーツ栄養
鈴木志保子 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 教授
6. 女性とスポーツⅡ
山口 香 筑波大学体育系 教授
7. スポーツとジェンダー
山口理恵子 城西大学経営学部 准教授
小林美由紀
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 統括責任者
program-2
8. コーチのためのモチベーション戦略
Nicole LaVoi(ニコル・ラボイ)
ミネソタ大学 タッカーセンター センター長
9. 思考と感情整理のメンタルトレーニング
田中ウルヴェ京 株式会社ポリゴン 代表取締役
10. CoachDISCプログラム
Liz Masen (リズ・メイソン) 
アスリートアセスメント クライアント・ディレクター
伊藤 真紀 法政大学スポーツ健康学部 准教授
11. CoachDISCケーススタディ
守屋 麻樹 ローレルゲート株式会社 代表取締役
12. リーダーシップ&コラボレーション
Lisa O'Keefe(リサ・オキーフ)
スポーツイングランド インサイト・ディレクター
13. スポーツにおけるダイバーシティ
山口理恵子 城西大学経営学部 准教授
野口 亜弥 順天堂大学スポーツ健康科学部 助教

program-3
14. Navigating the Future
      for Women Sports Leaders
パネリスト:
鯉川なつえ 女性スポーツ研究センター 副センター長
塚田 真希 東海大学体育学部武道学科 講師
萩原美樹子
WJBL(女子バスケットボール日本リーグ機構) 理事
木原 珠子 和気スイミングクラブ 代表
コーディネーター:
小笠原悦子 女性スポーツ研究センター センター長
15. ネットワーキング
小林美由紀 
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 統括責任者
16. 修了式・クロージング
主催
女性スポーツ研究センター(JCRWS)
共催
NPO法人ジュース  WeCOACH
協力
アディダス ジャパン株式会社  ユニ・チャーム株式会社  EY Japan
01
オープニング
講師
鯉川なつえ 女性スポーツ研究センター 副センター長
関口 晃子 女性スポーツ研究センター スタッフ
初めてのオンライン形式による開催が実現!
6回目を迎えた「女性リーダー・コーチアカデミー2020」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を鑑み、オンライン形式での開催を決断しました。オンライン開催は、女性スポーツ研究センターにとって初の試みであり、新たな挑戦でしたが、これにより、「宿泊が難しい」「遠出ができない」「子どもが小さいから」などの理由で今までアカデミーにエントリーできなかった女性たちが参加可能になり、全国各地から熱量の高い女性リーダー・コーチたちがオンライン上に集うことができました。
また、過去5回のアカデミーで学んだ修了生たちも、更なる学びと刺激、情報を求めて、オンラインで修了生にのみ配信されるアカデミーを全国各地で視聴しました。

恒例のアイスブレイクも、これまでとは違った趣向で、参加者の緊張を溶かし、心だけでなく実際の距離を縮められるよう、女性スポーツ研究センターお手製の“YES/NOカード”やWCAロゴ入りの“ホワイトボード”を初導入。心身のウォーミングアップを行い、学ぶための準備が整えられました。
2020_01_01
2020_01_02
02
女性とスポーツⅠ
講師
小笠原悦子 女性スポーツ研究センター センター長
女性スポーツの変遷を学び、
新たなスポーツ文化を創造する!
まずは1994年の第1回世界女性スポーツ会議で決議された『ブライトン宣言』、および、2014年の第6回会議で決議された『ブライトン+ヘルシンキ2014宣言』の内容について、その当時の思いと共に解説。小笠原悦子先生は、女性スポーツ発展のための究極の目的を達成するために、世界中の女性(と男性)リーダーが努力していることこそ、「世界における女性スポーツムーブメント」だと語りました。
さらに、女性とスポーツに関する国内外の勇気ある先人たちによって、女性スポーツの歴史が動かされてきたエピソードが伝えられると、参加者たちは、この最初のセッションで学ぶ意欲を高めました。
02★WCA2020(333)
02☆WCA2020(326)トリミング
03
プロフェッショナルとしての
コーチング
講師
マーリーン・ビヨンズロッド
米国女性コーチアライアンス 元代表
通訳
伊藤 真紀 法政大学スポーツ健康学部 准教授
卓越性を求め、常に成長すること
コーチのエネルギーが、チームのエネルギーになる
マーリーン・ビヨンズロッド先生はまず、プロフェッショナルなコーチとして、自分自身のエネルギーをマネジメントすることの重要性について語りました。また、コーチは、技術・戦術を指導するだけでなく、選手の人生にも影響を与える存在となり得ることが伝えられ、そのために必要なマネジメント能力、リーダーシップ能力についての説明がなされました。
マーリーン先生からの「なぜコーチをしていますか?」という問いに対し、参加者は自問自答しながら、自分自身の目指すコーチ像について思考を巡らせました。マーリーン先生のあたたかく包み込むような雰囲気と肯定的な講義内容が、参加者に安心感を与え、和やかで前向きな講義となりました。
03★_マーリーン顔_WCA2020(425)
2020_03_02
04
女性アスリートの
コンディショニング
講師
鯉川なつえ 女性スポーツ研究センター 副センター長
「FAT(Female Athlete Triad)」を学び
コンディショニングからコーチとしての役割を考える
女性アスリートが陥りやすい3つの障害「女性アスリートの三主徴(Female Athlete Triad : 以下FAT)」について、研究データに基づき、最新の数値や図表を用いて詳しく解説されました。また、FATの予防や治療に関する最新情報も共有されました。
さらに、鯉川なつえ先生自身が「米国WCA」に参加した際の経験・衝撃などについても語られ、コンディショニング(コンディション管理)の側面からのコーチの役割について、日米の違いなどが紹介されました。その上で、「わからないことがあったら一人で抱え込まないで、これからはアカデミーでのつながりを活かしてほしい」と参加者に呼びかけました。
04★WCA2020(78)
2020_04_02
05
スポーツ栄養
講師
鈴木志保子 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 教授
トレーニング計画と栄養サポートの連携
パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする
公認スポーツ栄養士の役割とはなにか、選手のパフォーマンス向上につなげるためのトレーニング計画と栄養サポートとの連携の重要性について、鈴木志保子先生より、具体的かつ実践的な視点で、熱弁が振るわれました。また、ジュニアアスリートやトップアスリートに適した栄養素摂取の考え方について、参加者に、わかりやすく、時折ユーモアを交えながら説明がなされました。
そして最後に、「女性アスリートの身体を守るため」「競技力向上のため」には、スポーツ栄養マネジメントが必須であることが述べられました。
20200501
2020_05_02
06
女性とスポーツⅡ
講師
山口 香 筑波大学体育系 教授
女性一人ひとりの力で
スポーツ界の未来を担う
女性リーダー・役員の必要性や、ここ数年の日本スポーツ界における女性の地位向上について、日本オリンピック委員会(JOC)理事でありJOC女性スポーツ専門部会長である山口香先生ならではの情報が伝えられました。
さらに、スポーツ界を発展させるために女性視点の意見をしっかり持ち、考えを言葉にして活動していくことの重要性を説き、参加者に対し、「ポジションを取り、後に続く女性を育て、バトンを渡していってほしい」と熱いメッセージを送りました。そして、そのためには自らがロールモデルになることが必要なのだと語られ、熱い講義を締めくくりました。
06★WCA2020(611)
2020_06_02
07
スポーツとジェンダー
講師
山口理恵子 城西大学経営学部 准教授
小林美由紀 
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 統括責任者
女性リーダーが直面する「ダブルスタンダード」
「ステレオタイプ」の実態に気づき、理解する
なぜ、スポーツ界で「女性リーダー」を増やす必要があるのか。また、なぜそれが難しいのかなどの疑問を紐解くために、まずは山口理恵子先生から、スポーツ界の女性リーダーが直面する様々な実態に“気づき、理解すること”の重要性が伝えられました。女性リーダーを増やすための障壁になっていることとして、スポーツ界における女性の「ダブルスタンダード(二重基準:特定の人々やグループに不当に適用されるルールや原則)」、さらには周囲から植え付けられ、また自分自身も内面化してしまっている「ステレオタイプ(女性に対する)」についても解説がなされました。
小林美由紀先生からは、国内で起こったスポーツ界のセクシュアルハラスメントの事例を用いて、その対処方法や二次被害について紹介がなされました。ここでしか聞けないリアルな内容に、画面越しの参加者にも緊迫感が走りました。

20200502
2020_07_02
2020_07_03
08
コーチのための
モチベーション戦略
講師
Nicole LaVoi (ニコル・ラボイ)
ミネソタ大学 タッカーセンター センター長
通訳
野口 亜弥 順天堂大学スポーツ健康科学部 助教
エネルギーをマネジメントする
あなたたちは選手のロールモデル
アカデミー2日目の冒頭、スポーツ界において、「女性であること」「コーチであること」によって起こる障害(問題)について、ニコル・ラボイ先生が語り始めました。そして、女性に押し付けられている「ダブルスタンダード」を解説したあと、スポーツ界における「女性を支援せず、女性に価値を置かない」というシステムを、ボトムアップで変革していきましょうと力説されました。また、コーチであることによって、「バーンアウト(燃え尽き症候群)」に陥る可能性があることが伝えられ、これを打破するための“秘訣”を紹介し、参加者が抱いていた不安や疑問を解決していきました。
最後に、「あなたたちは選手にとって、大切な存在であることを絶対に忘れないでください」という言葉で締めくくり、参加者たちにパワーを送りました。
08_ニコル
2020_08_02
08☆WCA2020(952)トリミング
09
思考と感情整理の
メンタルトレーニング
講師
田中ウルヴェ京 株式会社ポリゴン 代表取締役
感情に気づき、考え方のクセを知る
自分自身の心と向き合うために
田中ウルヴェ京先生は、最初に自身の選手・コーチ時代の経験談として、当時の様々な感情(心)の動きと、それにどう向き合ったかを紹介することから始めました。
次に、感情には様々なタイプがあることを解説。全ての感情が正しく、大事なものであると伝えるとともに、自分自身の感情を否定することは、自分自身を否定することにつながるのだと話されました。そして、まずは自分自身の感情やストレスに気づき、その裏にある考え方のクセを知り、心を整えることが重要であると説きました。参加者たちは大きく共感し、自身を肯定することの大切さに気づきました。
09★WCA2020(1003)
2020_09_02
10
CoachDISCプログラム
講師
Liz Masen (リズ・メイソン) 
アスリートアセスメント クライアント・ディレクター
伊藤 真紀 法政大学スポーツ健康学部 准教授
自分と相手の行動スタイルを理解し、
コーチとしての求める結果を獲得する
CoachDISCは、性格ではなく、「行動」に着目し、コーチングスタイルを理解するものであると、リズ・メイソン先生より説明がなされると、参加者たちは事前に実施したCoachDISCの結果を食い入るように確認していきました。また、自己理解だけでなく、他者理解にも活用することができるものであると説くと、コーチとして求める結果を得るために、状況を把握(判断)し、お互いの行動スタイルを理解した上で、適切な行動を選択してほしいと参加者に伝えました。グループワークも行われ、伊藤真紀先生は、参加者に対し丁寧な補足指導を加えました。
シンプルでわかりやすいCoachDISCに感銘を受けた参加者たちは、各々の現場で活用しようと目を輝かせました。
10★リズ顔_WCA2020(1114)
10★WCA2020(1161)
20201003
11
CoachDISCケーススタディ
講師
守屋 麻樹 ローレルゲート株式会社 代表取締役
スタイルの違う選手に対して
どのように行動変容していくのか
『CoachDISCプログラム』で学んだことをスポーツ現場で活用するために、守屋麻樹先生主導で、様々なケースを使った演習が行われました。異なる特徴(スタイル)の選手を想定したケースをグループごとに担当し、具体的にどのようにアプローチをしていくかについて、活発に議論を行いました。
発表の場面では、選手のスタイルに応じてコーチ側の行動をいかにを変容させるかについて、他のグループからも客観的な意見が出されるなど、現場さながらの実践的な内容となりました。理論を学んだあとに、すぐに実践に移すことで、理解と習得が深まっている様子が感じ取れました。
11★WCA2020(1230)トリミング
2020_11_02
12
リーダーシップ
&コラボレーション
講師
Lisa O'Keefe(リサ・オキーフ) 
スポーツイングランド インサイト・ディレクター
通訳
野口 亜弥 順天堂大学スポーツ健康科学部 助教
ビジョンを描き、人を巻き込む
現場に生きる考え方を学ぶ
イングランドにおけるスポーツ参加に関する数々のキャンペーンをリーダーのポジションで仕掛けてきたリサ・オキーフ先生から「リーダーシップ」「コラボレーション」の考え方をレクチャーいただきました。また、キャンペーン中の事例をもとに、失敗した原因や成功の鍵などを、リーダーシップ&コラボレーションの観点から、わかりやすく解説しました。様々な局面において、力強くチームを牽引されるリサ先生の実践能力の高さとパワフルさに、参加者は終始圧倒される講義となりました。
12★リサ顔_WCA2020(1277)
20201202
13
スポーツにおけるダイバーシティ
講師
山口理恵子 城西大学経営学部 准教授
野口 亜弥 順天堂大学スポーツ健康科学部 助教
多様性を学び、考える
私たちが知っておくべきこととは
スポーツ界で起こったジェンダー関連の様々な問題について、山口理恵子先生より紹介され、また、「特定のホルモン高値による弊害」「トランスジェンダー」など、アスリートの現場で今なお議論がなされている話題に触れ、スポーツ界におけるダイバーシティの捉え方の難しさについて説明がなされました。
さらに、多様性をテーマに掲げている『東京2020』に向けたLGBT情報発信プロジェクト『プライドハウス東京』の活動に関わっている野口亜弥先生が登壇。リーダーやコーチという立場で、セクシュアルマイノリティをどう理解し、どのように対応していけばよいのかを解説しました。参加者それぞれの立場で、多くのことに思いを巡らせる時間、講義となりました。
13★WCA2020(1352)トリミング
13★WCA2020(1371)
14
Navigating the Future
for Women Sports Leaders
パネリスト:
鯉川なつえ 女性スポーツ研究センター 副センター長
塚田 真希 東海大学体育学部武道学科 講師
萩原美樹子
WJBL(女子バスケットボール日本リーグ機構) 理事
木原 珠子 和気スイミングクラブ 代表
コーディネーター:
小笠原悦子 女性スポーツ研究センター センター長
先輩たちからのあたたかいメッセージ
未来の女性リーダーへ
昨年度に続き、今年は、本アカデミー修了生であり、「ベストリーダー・コーチ賞」を受賞された修了生をパネリストとしてお迎えし、オール日本人のパネリストでディスカッションが展開されました。
今回ご登壇いただいたのは、WCA1期生で、アテネオリンピック柔道女子78kg超級の金メダリストであり、東海大学で講師を務める塚田真希さん。WCA3期生で、現役時代には日本人初のWNBA選手として活躍し、現在はバスケットボール女子アンダーカテゴリー日本代表ヘッドコーチとして指導に当たっている萩原美樹子さん。WCA5期生で、競泳自由形(1,500m)の元日本記録保持者であり、岡山県にある和気スイミングクラブの代表を務める傍ら、日本水泳連盟OWS(オープンウォータースイミング)委員としてOWSの発展・普及にもあたっている木原珠子さん。そして、鯉川なつえ先生を交えた4名のパネリストの体験談や考え、コーチングのポリシーなどについて、惜しみなく語りました。他では聞けないお話を、コーディネーターである小笠原悦子先生が巧みに引き出しました。
続いて行われた質疑応答では、パネリストそれぞれが参加者からの悩みや葛藤を真剣に受け止め、質問者の立場になって回答しました。苦悩やジレンマを味わいながらも、前進し、成功も失敗も経験してきたパネリストの言葉には説得力があり、参加者にポジティブな気持ちと勇気を与えました。
白
14★WCA2020(1670)
2020_14_01
20201604
14★WCA2020(1655)
14★WCA2020(1683)
14★WCA2020(1781)
15
ネットワーキング
講師
小林美由紀 
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 統括責任者

アカデミー3日間の学びを踏まえ
自身は何をすべきか
最後の講義となる「ネットワーキング」では、2015年に行われた最初の「女性コーチアカデミー」での決意文書である『軽井沢宣言』について学びました。参加者は、アカデミー3日間の学びを踏まえて、自身の「これからの目標・使命」を再考し、共に学んだ仲間たちと共有しました。最後に、小林美由紀先生は、アカデミーは「参加者みんなが帰れる場所」だと話し、「このネットワークは宝物です。これを活かしてみんなで頑張っていきましょう」と締めくくると、会場内に感動的な空気が流れました。
15★WCA2020(1915)トリミング
2020_15_02
16
修了式・クロージング
画面から伝わる参加者からの熱量
目標に向けて一歩ずつ
修了式では、参加者の投票で決まる『ベストリーダー・コーチ賞』が発表され、選出された中嶋亜弥さんには、2017年に同賞を受賞した萩原美樹子さんより記念の盾が贈られました。
 
海外にいる講師たちも時差をもろともせずに修了式に参加し、参加者へ心温まる言葉を伝えてくれました。そして、WCA修了証を授与する場面。いつものように手渡しやハグはできませんでしたが、参加者一人ひとりのお名前が呼びあげられると、みな初日とは打って変わった表情で返事をしたり、キラキラした瞳でオリジナルポーズを見せてくれました。
そして、主催である女性スポーツ研究センターの小笠原センター長から、今後のスポーツ界を担う参加者へ「想いが強ければ、人は動いてくれます。“ハート”を伝えることが重要!」と熱いエールを贈り、初のオンライン開催となった「女性リーダー・コーチアカデミー2020」が幕を閉じました。

今回のアカデミーは、未来を見据えたアカデミーの新たな形であり、女性スポーツ研究センターとしても、準備の段階から、本番当日を含め、多くの可能性を探求し、挑戦を重ねたアカデミーとなりました。
PIN
2020_16_01
20201602
2020_16_03
20201603
2020_16_02
20201605
         

集合Day1

< Day1 >
         

2020集合Day2

< Day2 >
         

2020集合Day3

< Day3 > 
オンラインを感じさせない結束力で絆を深め、心強い仲間と共に前進する
女性リーダー・コーチアカデミー6期生が誕生!
「WCA2020」の拠点となった配信スタジオ。
女性リーダー・コーチたちと講師・スタッフが出会える場を準備しました。
more_01
今回のアカデミーで参加者が体験した
オンラインの受講スタイル。
WCA2020(404)
more_02
誰もが感じていたオンライン開催による不安は
画面からの熱い講義と活発なグループワークによって
あっという間に解消され、笑顔いっぱいのアカデミーとなりました。
more_01
more_04
more_03
誰もが感じていたオンライン開催による不安は
画面からの熱い講義と活発なグループワークによって
あっという間に解消され、笑顔いっぱいのアカデミーとなりました。
more_02
more_05
more_06
新たに誕生した6期生と多くの修了生たち
みんなが笑顔で集える日が早くきますように。
more_00

N・Kさん(自転車)

どの講師の講義も大変興味深く、質疑応答も自由な感じを受けました。男性が入った会議で感じるような発言のしづらさをアカデミーでは全く感じなかった、つまり、普段は抑圧を感じながら発言、行動しているのだということを改めて思い起こしました。
このアカデミーの今後に期待することですが、少しずつでも女性リーダーをスポーツ社会に増やし、男女平等を確立すること、と考えます。ただ女性を前面に出すのではなく、誰もが相手を尊重する姿勢、真のスポーツマンシップを持ち合わせるリーダーが増えることを期待しております。
今後も女性スポー研究センターから発信される情報は定期的にチェックしていきたいと思います。

Y・Kさん(競泳)

このアカデミーを、より多くの女性に受講していただきたいです!
今回、初のオンライン開催でしたが、言葉では言い表せない程の熱量を体感し、国内・外の講師陣と私を含む参加者が繋がることができました。このアカデミーでしか感じることのできない、他では感じることのできなかった初めての感覚でした。感謝しかありません。ありがとうございました。「女性リーダー・コーチアカデミー」が、いつも帰れる場所・居場所であって欲しいです。そして、アカデミー修了生の先輩方との交流もしていきたいと思います。また、「ジェンダー」について、もっと社会的に知る機会を増やしていって欲しいです!
これからはアカデミー修了生として、女性リーダーとして、共感し合う仲間と繋がりながら進んでいきたいと思います。

R・Tさん(空手)

素晴らしい3日間をありがとうございました。
今回のアカデミーに参加し、自分自身が躓いていたことがコーチングや選手のことだけでなく、より奥深いところにある“しこり”だったということに気づかされました。環境が変化していく中で、常に後ろにいる誰かを思い歩んできたことを肯定していただいた気がして、自分自身を認めてあげられたような気持ちです。
アカデミー中、ほかの参加者の発言を聞き、涙を見て、自分の気持ちを代弁してくださっていると感じることも多く、講師の方々のお話をこちらは聞いているだけなのに「受け入れてもらった。これまでの自分を認めてもらった」と感じ、驚きと大きな喜びを感じました。
私は「選んでもらった」のではなく、「選ばれ、そして必要とされている」と思えたことで、自信をもって進んでいける気がします。
今後、私が関わる全ての人の希望の星になれるよう、「誠意・勤労・見識・気魄」を大切に歩んでいきたいと思います。

A・Nさん(ラグビー)

3日間、大変お世話になりました。たくさんの素敵な出会いをありがとうございました。
このアカデミーで再確認した通り、女性にとってのみならず、社会全体にとってスポーツがより価値あるものになるために、女性がもっとスポーツに参加する必要があると考えています。女性がよりスポーツに携わることで、スポーツにより多様な価値を見い出せるからです。しかし、そのためには、女性コーチが“女性アスリートだけでなく男性アスリートも指導する未来”を拓く必要があります。
そのために、私は今回得た知識を、女性の間に留めず、味方となってくれる男性に広げていきたいです。

S・Yさん(ゴルフ)

あらためて、WCAを立ち上げてくださった小笠原先生はじめご尽力いただいた多くの先生方に心より感謝申し上げます。
また、アカデミーを立ち上げることも大変ですが、継続することはもっと大変です。特にこのコロナ渦では、中止もやむなしの状況。そこを中止せずに、オンラインで開催してくださった決断に心より敬意を表します。
また、世界から集結した各分野のエキスパートの講義は、優劣がつけられないくらい、大変心揺さぶられる中身の濃いものでした。実は講義が始まる前には、眠くなったらどうしようと思っておりましたが、実際はアドレナリンが出て目がランランでした。
同期の仲間たちとは、女性ならではの葛藤を共有することができましたので、多くの同志を得た気持ちで大変心強く思っております。何かの折には力になっていただきたいと思いますし、私も力になることができるように成長したいと思います。
最後に期待することですが、ぜひこのWCAを続けていただけることを願っております。そして縦のつながりを持てるような機会や取り組みがあれば本当に嬉しいです。
お問い合わせ先
順天堂大学 女性スポーツ研究センター
Tel:03-5844-6537(サテライトオフィス)
E-mail:female-sport@juntendo.ac.jp