読み物

2019年05月24日

患者さんの待ち時間を短縮する順天堂医院の「料金後払いシステム」

大学病院を受診する外来患者さんにとって、悩みの種となるのが「会計の待ち時間の長さ」。順天堂大学医学部附属順天堂医院(以下、順天堂医院)は以前より会計の待ち時間対策に力を入れてきましたが、さらなる改善を目指して、2019年4月より料金後払いシステム「医療費あと払いクレジットサービス(あとクレ)」をスタートさせました。

診察後の会計が必要なし!便利さが支持され、利用者が急増中

特定機能病院である順天堂医院には37の診療科と1,032床の病床があり、1日約5,000人の外来患者さんが受診に訪れます。医療の高度化・先進化とともに診療を求める患者さんは増加する一方で、これまで同院も待ち時間の長さやフロアの混雑にさまざまな対策を講じてきました。

2019年4月よりサービスを開始した料金後払いシステム「あとクレ」もそのひとつ。外来での診察や入院を終えた患者さんが会計窓口に立ち寄る必要がなく、すぐに帰路につける利便性から、サービス開始から3週間あまりで2,650人の患者さんが利用登録をされ、現在も1日約100~120人ずつ登録者が増えています。

 

IMG_7051.JPG
患者さんの会計の待ち時間をゼロに!

 

 

先進の料金後払いシステムを大学病院として国内初導入

順天堂医院が導入した料金後払いシステムは、グローリー株式会社(以下、グローリー)の医療業界向け「料金後払いシステム」と、富士通株式会社(以下、富士通)の医事会計システム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE X-W(ホープ エックス-ダブリュー)」を連携させたもので、大学病院では国内初の試みです。

以前より順天堂医院はグローリーの料金支払い機と富士通の「HOPE X-W」を利用していましたが、「あとクレ」とは別の料金後払いシステムを採用していました。今般導入した「あとクレ」は、患者さんや病院側の利便性を向上させたもので、院内外から支持を集めています。

 

 

「あとクレ」の利用方法は?

① スマートフォンやPCから事前に登録

「あとクレ」ご案内リーフレットや登録サイトにあるQRコードや登録画面から、新規登録ができます。登録にはメールアドレス、診察券番号、クレジットカードなどが必要です。

登録はいつでもどこでも可能です。来院当日の登録でも利用いただけます。

② 受診前に利用受付機に診察券のバーコードをかざす

再診受付機付近にある利用受付機(利用票発行機)にバーコードをかざすと、「医療費あと払いサービス利用票」が発行されます。

③ クリアファイルと「サービス利用票」を会計受付へ

診察を終えられたら、受け取ったクリアファイルと「サービス利用票」を会計受付へ提出いただきます。薬の処方がない場合は、これですべて終了。そのまま帰宅することができます。医療費と支払い完了の通知は、後日メールで送られます。

 

IMG_7046.JPG

順天堂医院1号館 1階に設置された「あと払いクレジット受付機」と「領収書発行機」

 

IMG_7032.JPG

順天堂医院B棟 1階に設置された「あと払いクレジット受付機」と「領収書発行機」

 

 

患者さんのメリット

① 会計の待ち時間がゼロに!

これまで順天堂医院の平均会計待ち時間は、診察終了から支払い完了まで平均20分ほどかかっており、患者さんとご家族にとって大きなストレスでした。しかし、「あとクレ」を利用すれば、大幅に時間を短縮できます。入院を終えた患者さんも大きな荷物を持って会計窓口へ行く必要がなく、病棟からまっすぐ自宅へ帰ることができます。

② 登録は簡単かつスピーディ!

順天堂医院では外来患者さんや入院患者さんを対象に、リーフレットやHPなどで、「あとクレ」の登録方法をご説明しています。登録は患者さんご自身やご家族がQRコードの読み取りやPC画面からの入力により行いますが、「手続き方法がわからない」といったお困りごとの相談はほとんどありません。万一お問合せをいただいた際は、病院のスタッフが丁寧に説明をさせていただきます。

③ お手持ちのカードでOK。手数料も不要!

新しいクレジットカードを作っていただく必要はありません。現在お使いのクレジットカードで登録ができます。もちろん、手数料もかかりません。

④ 利用受付機と専用窓口をご用意

「あとクレ」ご利用の患者さんには、専用窓口をご用意しています。そのため行列に並ぶことが少なく、各種手続きをスピーディに進めることができます。

⑤ 院内感染の心配が軽減

かぜやインフルエンザの流行時期などは、「病院内に長時間留まることを避けたい」とお考えになる患者さんやご家族が少なくありません。人が混雑する会計窓口で一定時間待たなくてもよいことは、安心感につながります。

⑥ 領収書を手軽に発行できます

領収書や診療費明細書が必要な場合、患者さんやご家族が領収書発行機で自由に発行することができます。年末調整や確定申告期間など領収書が必要な時期にも、まとめて手早く発行されるため、時間をムダにしません。

⑦ ご高齢者やお子様の通院にも安心

一度登録をすませると、その後は現金払いはもちろん、クレジットカードの持参も不要です。患者さんがご高齢者やお子様の場合、身軽に受診できるとともに、会計に必要な手続きを減らすことができ、ご家族の負担も軽くなります。

 

 

病院のメリット

① 待ち時間の短縮と混雑の緩和に!

「あとクレ」導入後、順天堂医院の会計待ち時間は平均で20分も短縮されました。また、患者さんの動線が短くなることにより、これまで増す一方だったフロアの混雑が今後緩和されることが期待されます。

② 手作業だった入金管理業務を自動化

富士通の医事会計システム「HOPE X-W」と連携することで、これまで会計スタッフが処理していたあと払いの入金確認や入金消込などの管理作業を自動化。手作業の入力業務が減り、生産性が大きく向上しました。

③ ピーク時の業務を分散させ、人件費を削減

当然のことですが、患者さんがその場で待っている場合、会計スタッフはただちに処理を行わなくてはなりません。その点、「あとクレ」の患者さんの会計処理は当日中であれば可能なため、ピーク時の業務を分散化でき、人員配置の効率化や人件費の削減につながります。

④ 外国人患者さんへの対応がスムーズに

「あとクレ」はクレジットカード利用率が高い外国人の患者さんにもなじみやすいサービスです。今後は英語・中国語・韓国語での案内も検討しており、外国人患者さんの利用率を上げることで未収案件の減少につながると考えています。

 

 

患者さんにとって快適な環境と生産性の高い会計業務の実現へ

順天堂医院では、20203月までに「あとクレ」利用者数を外来患者さんの約30%(約1,500人)まで増やすことが目標です。これにより、会計の待ち時間や混雑が緩和され、患者さんにとって快適な環境をご提供することができると考えています。また、会計事務業務が効率化されることで人員配置が容易になり、業務全体の生産性向上につながります。

さらに順天堂医院は外国人医師による診療を可能とする特区認定を受けており、今後も訪日外国人の患者さんが増加することが見込まれています。そのため、「あとクレ」の多言語案内に関しても、今後さらに対応言語を拡充していく予定です。

2.jpg

順天堂医院外観

   


関連情報

順天堂医院 プレスリリース


順天堂医院 お知らせ

医療費あと払いクレジットサービスを開始いたします