2018年8月2日 活動報告

習志野市「こども健康大学」を開校しました

7月31日(火)~8月1日(水)、さくらキャンパス(スポーツ健康科学部)において、千葉県習志野市在住の小学生4~6年生を対象とした「こども健康大学」を開校しました。

連携協定を締結している同市との連携事業で、「生活習慣が乱れがちな夏休みに、健康について学び、体を動かす楽しさを知ってもらう」ことを目的に開校され、今年で4年目を迎えます。


参加したこどもたちは大学生さながらに講義を受け、専門的な機器等を使用した体力測定等の他、大学施設や研究所を見学しました。午後は体育館に場所を移し、卓球ラケットに似た木製ラケットでバトミントン用シャトルを打ち合う「バトポン」やベルト状のラインを利用し、バランス感覚等を鍛える「スラックライン」等のスポーツにもチャレンジし、汗を流しました。


▼習志野市と順天堂大学との連携協働に関する協定(2016年10月18日)
http://www.city.narashino.lg.jp/kenkofukushi/minnnanokennko/healthy-town/renkei-kyodo/juntendo-univ.html

講義(2日目)

講義の様子

動体視力

体力測定(動体視力)

スラックライン

スラックラインに挑戦!!

こども大学(全体2日目)

記念撮影
 

TOP

PAGE TOP