順天堂グローバル教養論集第一巻20160325
113/158

109言語・文化に関する題材の一考察語彙指導、③食の安全性、(高校)①性格が第二言語習得に及ぼす影響、②ニューヨークでの教師評価法(5) 群馬県:(中学)①失敗を生かす思考法、②ネルソン・マンデラの演説、(高校)①異なる視点を学ぶ利点、②自分を客観視し、生きる意味を考える教養教育(6) 栃木県:①スピーキングテスト(7) 茨城県:(中学)①感謝の言葉の効用、②キャアリア教育、(高校)①寛容性を育てる教育、②社会言語能力と学術言語力、③女子教育の推進と権利、④日本の人口の推移、⑤授業で英語を使用する必要性2.2. 長文読解問題の分類 本調査では、長文読解問題を、「300語以上の英文を読ませ、内容に関する設問がある問題」と定義し、その題材428問(2011年度77問、2012年度93問、2013年度82問、2014年度87問、2015年度88問)を13の種類に分けた。この13種類は、大学英語教科書協会が定めるジャンルに基づいて、教採試験の内容に合うように筆者が分類したものである。2011~2015年度の長文読解問題の問題数は、77問→93問→82問→87問→89問と変化し、以下はそれらの分類、年度ごと(2011~2015年度)の比率の変化、内容例である。(1) 言語一般(8%→7%→13%→9%→13%)第二言語習得論、消滅する言語、言語力維持(2) 英語(4%→2%→4%→0%→1%)Englishes時代の英語技能、語源学、ことわざ(3) 文化一般(8%→8%→10%→5%→6%)異文化交流の留意点、食文化の変化、色彩認知(4) 英語圏文化(1%→1%→4%→1%→0%)英国の携帯電話マナー、米国の肥満問題(5) 教育一般(15%→17%→11%→16%→18%)ピグマリオン効果、教職員研修、クラス経営(6) 英語教育(13%→17%→23%→15%→20%)4技能の指導法、英語教師の役割、動機づけ(7) 経済(5%→9%→5%→9%→10%)需要と供給、差別と貧困、農業と経済活動(8) 科学・生物・医学(21%→16%→11%→22%→17%):ips細胞、臓器移植、ロボット研究(9) 環境(5%→3%→5%→0%→2%)熱帯雨林、地球温暖化、森林破壊と環境問題(10) 伝記・自伝(6%→6%→5%→5%→4%)Steve Jobs氏、MalalaYoussfzai氏(11) 小説・物語(0%→2%→1%→6%→2%)“Frog and Toad”、 “Puppies for Sale”(12) 人間関係(10%→9%→0%→1%→0%)父子の絆、人間関係での賞賛の意味(13) その他(4%→3%→8%→11%→7%)印刷技術の歴史、運転調査結果、書評3. 言語・文化に関する題材3.1. 概要 長文読解問題を13の種類に分けた上で、言語・文化に関する題材に絞る理由は、それらの問題が教採試験において重要だと考えるからである。高橋(2012:2-3)でも「英語教育は英語を教えることが使命であることは確かですが、英語で何を教えるかといった視点はもっと大事であるし、もっと考えるべきだと思っています」と述べ、題材の重要性を強調している。仲(2012:66)が、「将来の英語教員の言語文化観が豊かになれば、ひいては生徒のそれを豊かにすることに繋がる」と述べているように、英語教員の言語観、文化観は生徒に影響を与える。英語教員になる人には、ことばに反映される物事の捉え方の違いを大切にしてほしい。 具体的には、言語・文化に関する題材を「言語一般」、「英語」、「文化一般」、「英語圏文化」と4項目に分け、調査した。全体の割合の変化

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です