順天堂グローバル教養論集第一巻20160325
136/158

132順天堂グローバル教養論集 第一巻(2016)4Exercise-induced transient increase in IL-stimulates GLUT4 expression and en-hances insulin sensitivity in mouse skeletal muscle. . The 2nd Congress, International Academy of Sportlogy.Ikeda S, Tamura Y, Kakehi S, Kawamori R, Watada H.International Academy of Sportlogy, September 12, 2015, Tokyo, Japan5Intramyocellular lipid accu-mulation after high-fat diet is associated with the gene expression involved in lipid metabolism in skeletal mus-cle of non-obese men. The 2nd Congress.Kakehi S, Tamura Y, Takeno K, Sakurai Y, Kawaguchi M, Watanabe T, Funayama T, Sato F, Ikeda S, Kanazawa A, Fujitani Y, Kawamori R, Watada H.International Academy of Sportlogy, September 12, 2015, Tokyo, Japan6What we learned from brain MR study from the Sportlogy project. The 2nd Congress, International Academy of Sportlogy.Shimoji K, Tamura Y, Uka T, Hori M, Kamagata K, Watada H, Kawamori R, Aoki S.International Academy of Sportlogy, September 12, 2015, Tokyo, Japan〈学会発表(国内)〉内 容編集者・著者掲載情報等1健康寿命延伸とスポートロジー田村好史第13回日本フットケア学会年次学術集会, 2015年2月14日2糖尿病運動療法の指針田村好史第49回日本糖尿病学の進歩, 岡山, 2015年2月20日3インスリン抵抗性に関わる生活習慣・退室と異所性脂肪田村好史, 筧 佐織, 竹野景海, 船山 崇第70回日本体力医学会大会, 和歌山, 2015年9月20日4糖尿病における運動療法の強度の意義と臨床的適応田村好史, 筧 佐織, 竹野景海, 船山 崇, 染谷由希第70回日本体力医学会大会, 和歌山, 2015年9月18日5非肥満者の代謝障害発生メカニズム~細胞内肥満から考える新規アプローチ~田村好史第163回日本体力医学会関東地方会, 東京, 2015年2月28日6チアゾリジン誘導体と異所性脂肪田村好史第36回日本肥満学会, 愛知, 2015年10月2日7内臓脂肪と異所性脂肪“脂肪筋”から考える運動の役割田村好史第17回脂質栄養シンポジウム~内臓脂肪をためない生活習慣~, 東京, 2015年2月21日

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です