順天堂グローバル教養論集第一巻20160325
59/158

55科学的な表現力の育成を図る中学校理科授業の実践研究 生徒Dは、普段なかなか自分の意見を表出することができないが、この「話合い活動」では、⑤のように、「あのひだがたくさんあることによって体に吸収しにくくなってると思った。」と、前に発言した生徒とは違う自分の意見をグループの中で表現することができていることが分かる。 ⑧、⑩の発話は、生徒Eが様々な意見からグループでの考えをまとめようとしている場面である。様々な意見から二つの意見にまとめ、そのどちらがグループでの考えにふさわしいかを他の生徒と一緒に考えようとしていることが分かる。 ⑨の発話は、生徒Dが他の生徒の意見から、新しい考えになった場面である。生徒Dはこれまで他の生徒と違う考えをもっていたが、「話合い活動」を進める過程で他の生徒の意見に賛同し、新しい考えを構築していることが分かる。 ⑪、⑫の発話は、ミニホワイトボードにまとめる際、文章だけでなく絵も用いて書こうとしている場面である。このように、他の生徒により分かりやすく表現しようという意識をもってミニホワイトボードにまとめていることが分かる。 ⑬、⑭、⑮の発話は、授業で学習した身体の表4. 「話合い活動」時の発話記録F:誰から発表する?C:誰からでもいいよ。F:じゃあ、C から。C:僕は、あのひだがあると、肺のときの肺胞と同じで、表面積が大きくなって、多くの栄養分を吸収できるからだと思います。①E:なるほど。F:確かに、肺胞も表面積を大きくしてたよね。②C:先生が表面積はテニスコート1面分とか言ってなかったけ?③F:言ってたね。C:じゃあ、Fは?D:俺は余分な栄養素を吸収しないため。④C:しないため?D:うん。C:どういうこと?D:あのひだがたくさんあることによって体に吸収しにくくなってると思った。違うかな。⑤C:わからん。合ってる可能性もあるでしょ。F:じゃあ、EはE:私もCと同じで、柔毛があることで、栄養分を吸収する表面積が大きくなり、吸収の効率が上がるからだと思いました。⑥D:吸収できるからか。E:うん。C が言ったみたいに、肺胞と同じように表面積を広げて栄養素をたくさん吸収できるようにしていると思う。F:私も同じで、柔毛がいっぱいついているから栄養素を吸収しやすい形になっていると思います。⑦C :いろんな意見でたね。F:じゃあ、誰が書く? E 書いて。E:え?私? いいけど。E:予想は、、、吸収しやすいっていうのと、しないっていうのがあったけど、どっち?⑧C:するじゃない?D:するだと思う。みんなの意見聞いてたら吸収しやすくなるのが正しいと思ってきた。⑨E:じゃあ、柔毛があることで、栄養分を吸収する表面積が大きくなり、吸収の効率が上がるから。でいい?⑩C:いいよ。C:(Eのワークシートを見ながら)Eの絵、分かりやすくない?これも書こう。⑪E:ええ? うん。こんな感じ?F:もう少し大きく書いた方が分かりやすくない?⑫E:分かった。これはどう?C:いいねえ。めっちゃ分かりやすい。F:でも肺胞や小腸も知っているようで知らない事ばかりだし、すごくない?⑬C:確かにすごいね。焼肉屋とかで豚の小腸であるホルモン見てたけど、柔毛がついているの全然気がつかなかった。⑭D:うん。今度焼肉屋行ったら見てみよ。⑮     〈以下省略〉

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です