順天堂グローバル教養論集第一巻20160325
72/158

68順天堂グローバル教養論集 第一巻(2016)実践コース」の中で各教科別の「教科教育学」や「教科内容学」の教育・研究が行われていくことが推察できる。 また、長崎大学の教育学研究科は、2014年度より教科実践専攻を「教科授業実践コース」として教職実践専攻の中に組み込み、教職大学院の1本化を図っている(表1)。「教科授業実践コース」の中で各教科別の「教科教育学」や「教科内容学」の教育・研究が行われている。 国立大学教員養成系修士課程が教職大学院へ段階的に移行されていく中、大分大学や長崎大学のように教職大学院のみとなり、一つのコースとして「教科実践コース」や「教科授業実践コース」などが設置されていくことが十分に考えられる。こうしたコースの設置を通して、『教科等の実践的な指導方法に関する領域』、つまり授業づくりの面において、「教科教育学」や「教科内容学」の専門性を確保し、教科指導の高度化を図っていくことができるものと考える。 今後、国立大学法人の第3期中期目標期間(2016年度~2021年度)の最終年度までには、教員養成系の大学院は教職大学院へ段階的に移行していくことが考えられる。各教職大学院は2021年度まで待つことなく、現状もしくは移行の段階から、各教科別の「教科教育学」や「教科内容学」の授業が選択科目として位置づけられるように、「教科」、「授業」などの名称を付した履修コースを設置したり、移行期間においても修士課程の「教科教育学」や「教科内容学」の担当教員が授業を担当したりできる仕組みづくりを早急に構築し、実践していくことが重要である。4. まとめ 本研究は、2015年度までに開設されている国立大学教職大学院21校について、カリキュラムに関する概要、並びに「教科教育学」や「教科内容学」の専門性をどのように確保しているのか比較することにより、教職大学院のカリキュラムについて現状を把握し、課題や改善の方向性について検討することをねらいとした。また、21校の概要とカリキュラムの特徴を表1に、21校のカリキュラムの早見表を表2にまとめた。21校の概要とカリキュラムの特徴を比較したことにより、以下のことが明らかになった。①. 履修コースを設置している国立大学教職大学院は18校であり、履修コースを設置していないのは3校である。設置していない教職大学院のうち1校は履修モデルを示している。この1校を含め、21校中19校の教職大学院において専門性の向上を図るカリキュラムが構築されている。②. 21校すべての教職大学院で「教科等の実践的な指導方法に関する領域」の科目が設置されている。しかし、各教科の「教科教育学」もしくは「教科内容学」の科目については8校しか設置されていない。 これらの比較調査結果などを踏まえ、国立大学教職大学院は、各教科別の「教科教育学」や「教科内容学」の授業が選択科目として位置づけられるように、履修コースを設置したり、移行期間においても修士課程の担当教員が各教科別の授業を担当したりできる仕組みづくりを早急に構築し、実践していくことの重要性を提言した。付記 本研究を実施するに当たり、科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金、研究代表者;宮下、課題番号;26381260)の一部を使用させていただいた。ここに記して感謝の意を表する。引用文献文部科学省(2012).「教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方策について」,中央教育審議会答申,平成24年8月28日.文部科学省(2014).「大学院段階の教員養成の改革と充実等について(報告)」,教員の資

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です