順天堂グローバル教養論集_第二巻_2017年3月(ISSN2424-0001)
123/156

121研究活動報告〈学会発表(国際)〉内 容編集者・著者掲載情報等1Identification of 6-NO2Trp containing proteins in SHRSP – possible relation to hypertensionKawasaki H, Ikeda M, Sakai K, Matsumoto M, Iizumi K, Baba T, KTakamori K, Yamakura F.The16th International Union of Biochemistry and Molecular Biology Conference, Vancouver, Canada, July 17–21, 20162Studies on a novel biomarker for atopic dermatitisIizumi K, Kawasaki H, Tominaga M, Shigenaga A, Kamo A, Kamata Y, Takamori K, Yamakura F.The16th International Union of Biochemistry and Molecular Biology Conference, Vancouver, Canada, July 17–21, 2016〈学会発表(国内)〉内 容編集者・著者掲載情報等1Localization of IgG against Dermatophagoides farina–tropomyosin in dorsal root ganglia of NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptomsOtsu A, i Kawasak H, Tominaga M, Shigenaga S, Iizumi K, Baba T, Naito H, Ogawa H, Nakajima T, Tomooka Y, Yamakura F, Takamor K.第41回日本研究皮膚科学会,仙台,2016年12月2ペルオキシナイトライト修飾によるトリプシン及びキモトリプシンの酵素活性への影響トロ化によるGlutathione s-transferaseの機能障害須藤絢音,池田啓一,松本綾子,川崎広明,興村桂子,小林淳,渡辺和人,酒口久尚,山倉文幸日本生化学会,第89回大会,仙台,2016年9月36-ニトロトリプトファン生成によCarbonic anhydrase IIIの機能傷害とアトピー性皮膚炎病態形成川崎広明,冨永光俊,松本綾子,飯泉恭一,馬場 猛,大津彩夏,楠部史也,池田啓一,髙森建二,山倉 文第37回日本トリプトファン研究会学術集会,東京,2016年12月46-ニトロトリプトファンを指標としたアトピー性皮膚炎の早期検出飯泉恭一,川崎広明,冨永光俊,重永綾子,加茂敦子,鎌田弥生,髙森建二第37回日本トリプトファン研究会学術集会,東京,2016年12月

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です