順天堂グローバル教養論集_第二巻_2017年3月(ISSN2424-0001)
143/156

141研究活動報告〈招待講演等〉内 容編集者・著者掲載情報等1Working Conditions and Public Service Interpreters: The State of the Field from the Perspective of the Practi-tionerSasso A, Gentile P, Ascension Aguilar Solano M, Baixauli Olmos L, Ono N, Johnson A.Critical Link 8 at Heriot Watt University, Scotland, 2016年6月29日 2在住外国人の医療政策の構築に向けて~医療通訳システムの課題と展望~西村明夫,沢田貴志,岩本陽子,灘光洋子,大野直子,谷村忠幸移民政策学会,2016年度年次大会,慶応義塾大学,東京,2016年5月29日 〈学会発表(国際)〉内 容編集者・著者掲載情報等1Development of a web-based medical interpreter training programOno N, Kato J, Kurihara T.Critical Link 8 at Heriot Watt University, Scotland, 2016年6月29日〈学会発表(国内)〉内 容編集者・著者掲載情報等1医療通訳教育における反転授業大野直子,濱井妙子,加藤純子日本医学英語教育学会第19回学術集会,東京,2016年7月17日 2災害直後の支援と受援を考える教育プログラムの開発と実施報告武田多一,永石妙美,大野直子,武田裕子第48回 日本医学教育学会大会,東京,2016年7月30日3NHKテレビ・ドキュメンタリー番組が描いてきた病と患者の語り加藤美生,大野直子,石川ひろの,奥原 剛,岡田昌史,木内貴弘第8回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会,東京,2016年9月10日 4NHKテレビ・ドキュメンタリーが描いた公害病・健康危機 ~リスクコミュニケーションとしての患者の語り~加藤美生,大野直子,石川ひろの,奥原 剛,岡田昌史,木内貴弘日本リスク研究学会第29回年次大会,大分,2016年11月26日 〈その他(広報活動を含む)〉内 容編集者・著者掲載情報等1NHKテレビ・ドキュメンタリー番組が描いてきた病と患者の語り加藤美生,大野直子,石川ひろの,奥原 剛,岡田昌史,木内貴弘医療コミュニケーション研究会,東京大学,2016年12月11日

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です