順天堂グローバル教養論集_第二巻_2017年3月(ISSN2424-0001)
59/156

57医療通訳システムに関する海外先進地域の取り組みと日本との比較者」『通訳研究』, 12, 121–138.Juckett G, Unger K.(2014).Appropriate use of medical interpreters. American Family Physi-cian, 90(7):476–80.川内規会(2011).「日本における医療通訳の現状と課題: 外国人診療に関する調査から」『九州コミュニケーション研究』1(9) 25–35頁.Latranslation (2013).Medical interpreters and Obama Care, November 30, 2016 (http: //latranslation.com/medical-interpreters-and-obama-care/)松尾博哉(2005).「オーストラリアの医療通訳制度事情」『日本医師会雑誌』第133(2)号, 268–272頁.水野真木子(2008).『コミュニティー通訳入門:多言語社会を迎えて言葉の壁にどう向き合うか 暮らしの中の通訳』大阪教育図書.連利博(2013).米国の医療通訳『医療通訳入門』、松柏社.森田直美(2015).「米国の医療通訳事情 : IMIA学術集会に参加して」『日本渡航医学会誌』第9巻1号, 34–37頁.中村安秀・南谷かおり(2013).『医療通訳士という仕事―ことばと文化の壁をこえて-』大阪大学出版会.灘光洋子(2008).「医療通訳者の立場、役割、動機について」『通訳翻訳研究』, 8, 73–95.西野かおる(2005).「医療通訳--米国に学ぶ事と今後の課題」『国際保健支援会』第2号, 7–15頁.西村明夫(2011).「医療通訳共通基準の策定経緯と内容」『自治体国際化フォーラム』258 号、(公財)自治体国際化協会.Ono N (2015).Medical Interpreter Education in Japan: History, Current Status and Prospects. Special issue of The Journal of Translation Studies, 16(4), 147–165.Salary.com(2016).Salary of medical interpreter, July 1, 2016.(http://salary.com/)沢田貴志医学監修・医療通訳教科書編集委員会編・ 西村明夫(編集責任)(2015).『医療通訳学習テキスト』創英社/三省堂書店.Schouten B. C., Meeuwesen. L.(2006).Cultural difference in medical communication: A review of the literature. Patient Education and Coun-selling, 64, 21–34.スミス山下朋子・埋橋淑子・大谷晋也(2014).「アメリカの医療通訳現場から学べること : 総合病院でのビデオ通訳の試み」『大阪薬科大学紀要』第8巻, 67–73頁.スミス山下朋子・埋橋淑子・大谷晋也(2012).「アメリカ合衆国における医療通訳事情調査報告」『多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集』第16号, 19–28頁.竹迫和美(2014).「米国の医療通訳システム (特集 国際医療交流と医療通訳士)」『国際人流』第27巻7号, 21–25頁.竹迫和美・中村安秀(2013).「米国において医療通訳士が職業として確立するまで:~創始期先駆者の視点~」『国際保健医療』第28巻4号, 279–286頁.竹迫和美・中村安秀(2010).「多文化共生のとびら アメリカ合衆国の医療通訳の現状」『自治体国際化フォーラム』第247号, 16–18頁.特定非営利活動法人 多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)(2006).『ことばと医療のベストプラクティス』,特定非営利活動法人 多言語社会リソースかながわ(MICかながわ), 87頁.臼井由之・中村信・杉山優子・山内芳忠(2009).「岡山医療センターにおける医療通訳システムの構築の試み」『医療』, 63, 322–326.与那嶺隆(2010).「公的医療機関における医療通訳制度 (特集 オーストラリアの多文化主義政策)」『自治体国際化フォーラム』第248号, 12–14頁.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です