順天堂グローバル教養論集_第二巻_2017年3月(ISSN2424-0001)
67/156

65ニュージーランドの教職課程の訪問調査報告また、実際に中学高校の生徒を指導する教育実習は、他の大学同様、4年生になってからの4週間だけである。 ただ、この学部は、他大学の教職課程に比べて有利な点もある。埼玉県B市教育委員会との連携により、学生が望めば、1年生で授業参観、2年生から参加実習を行うことができるような環境が整っている。授業時間や学生の授業外の活動、留学などとの関係もあるが、このような実習の機会を今後も増やしていく必要があるだろう。 以上のようなことから、教育実習期間を延長し、実習生が指導法の授業を受けながら、中学高校の指導教員および大学教職課程の教員と授業方法に関して話し合いながら、じっくりと指導技術を向上させていくことが現実的に可能な改善であると思われる。これは、文科省が求めていることと一致している。このような形で成長した教員が、グローバル時代の英語教育を担う理想的な教員像ではないだろうか。このような教員を輩出する国際教養学部の英語教職課程は、グローバル化を目指す私立A大学の大きな魅力になると思える。付記 本研究を実施するにあたり、平成27年度順天堂大学国際教養学部海外研究旅費補助金を使用させていただきました。ここに記して感謝の意を表します。 また、この報告書執筆そして私立A大学国際教養学部の英語教職課程改善のために、惜しみなく時間を割き、情報を提供するとともに、われわれ3人の質問に答えてくださった、ヴィクトリア大学ウエリントン校教育学部の先生方、また日本語と英語の授業を参観させてくださったニューランズ・カレッジの先生方に、この場を借りて感謝申し上げたいと思います。注)1. 実際に教員としての資質のない人間をどのような形で排除できるのか、つまりこのシステムが実際にうまく機能しているのかどうかは定かではない。日本でも教員採用試験を受けるにあたり、人物考査書のようなものを、大学の指導教官や知り合いの教員に書いてもらうことを義務化している都道府県もあるが、実際に機能しているとは思えないからである。引用文献Faculty of Education, Victoria University of Educa-tion (2016).2016 Faculty of Education Te Whanau O Ako Pai. Vicoria. Wellington: Vic-toria University of Wellington, New Zealand.Graduate Diploma of Teaching (Secondary) at Vic-toria University of Wellington (2016) (downloaded from http://www.victoria.ac.nz/ education/study/graduate-programmes/grad-dip-sec)Master of Teaching and Learning (Secondary) at Victoria University of Wellington (2016) (downloaded from http://www.victoria.ac.nz/ education/study/graduate-programmes/master-of-teaching-and-learning-secondary)Murphey, T., Onoda, S., Takahasi, M., & Chiba, Y. (2008).Encouraging Teaching-Practice Learn-ing Communities. A forum at the 2008 Interna-tional JALT Conference.佐野富士子・斎藤英俊・吉田晴世(2016).科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究26580107 最終報告書「グローバルな人材育成のための英語教員養成5年生カリキュラムの開発と妥当性」文部科学省 (2015).「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」(平成25年12月)日本経済新聞 (2016年、1月16日) 英語教員「話す・書く」強化山崎朝子 (2006). 「英語科教職課程の現状と課題」『武蔵工業大学環境情報学部紀要』 第7号,103–112頁.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です