順天堂グローバル教養論集_第二巻_2017年3月(ISSN2424-0001)
86/156

84順天堂グローバル教養論集 第二巻(2017)special[i]ty is culture that the things that mem-bers of a group share in common. People like to meet the special[i]ty. What is more, culture is al-ways with people because that is made by them. In other words, people also like to meet others who have different cultures. For the good rela-tionships with the people who has different special[i]ty, people need to use intercultural com-munication. They also need not only the feeling of wanting to know other cultures but also the feeling of wanting to be known own culture.” (Risa “Want to know, want to be known,” p. 1) と、他者だけでなく、自己や第三者との関係性について目を向け、より相対的に文化をとらえ定義づけている。このようにエッセイにおける単語の使用頻度、使用される単語の変遷、また、cultureという単語の捉え方を見ても、学生が、「文化」」という概念への理解を徐々に深めた様子が垣間みられる。それでは、授業内ではどのような学びが行われたのであろうか。5.1. 内容についてのディスカッション IIEでは、テーマについて、小グループで経験や意見について話し合う場を多く設けている。複数のグループを巡回している間は、教員の目が届かないこともあるものの、タスクの指示に沿ったディスカッションが概ね行われている。 後期第5週目 (11月5日) の授業では、カルチャーショックをとりあげた。授業の中盤には、教科書と補足の読解記事で紹介された幾つかの事例を、小グループで比較させ、続いて各々の経験をシェアするという場が設けられた。以下(3)は、Sana、Hana、Risaの3人グループでの同アクティビティー後半の会話の抜粋で、Sanaが3分半英語で語り続け、身近で経験したカルチャーショックについてメンバーとシェアする場面の録音データを書き起こしたものである。(3) Because I’m doing some volunteers lately, so un I made some friends from other countries, but one friend is なんだろnot like American or British because he is a Muslim Islam as a reli-gion, and he is Muslim so he don’t eat pork or he actually drinks a little, and not just eating habits, but also different ways of thinking, and un un many other volunteers and I ... many other volun-teers and he and I went hangout together some-times, but maybe in in this world, many people misunderstands Muslim, because of Islamic States or, and the bad histories then and generally speaking Muslim is not have a open-mind, and not like Americans or British, easy going but he is actually un, a little easy going and friendly type, so many other volunteers understands his ああ何だろう、難しいこれは he’s Muslim but he has his identity so religion and identity makes himself but other people think just religion, and not, they don’t know his identity or un himself. his self. So sometimes, they’re in trouble. ここでSanaは、ボランティアを通じ知り合ったムスリムの友達の等身大の姿と、周囲の人間のイスラムに対する固定観念・誤解について自身の考えを述べている。Sana自身も海外生活を体験しているが、オーストラリア、イギリスでの実体験をシェアした他メンバーとは対照的に、国内でのカルチャーショックを語った場面は、日本に存在する異文化に意識を向けており、印象的であった。 前述したように、教師は、必要に応じて学生の日本語の使用を認めている。実際、(3)の後、Sanaは日本語に切り替え、次のように述べた。(4) その宗教だけを見て、この人はこういう人だって決めつけてるからみんな誤解してて、宗教とその人のidentityをちゃんと見て欲しいなって思う。その人と結構その人と

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です