大学院教育の内容や各研究分野・研究施設、大学院入学試験の概要等、順天堂大学大学院医学研究科に関する様々な情報をご案内します。

閉じる

メッセージ
学長メッセージ

本学大学院で学ぶことの意義

  • 医学者にとって大切なことは、科学者であると同時に、教養人であるということです。すなわち、医学者は、高度な知性と技能を磨き、そして、豊かな感性を涵養し続けなければなりません。
  • 本学大学院では、このような医学者の養成を目指します。すなわち、本学大学院で学位を取得することが、医学者へのスタートラインに立つということです。
  • 科学は、常に発展し続けるものです。常に進歩しているため、現時点で人智を尽くして正しいと信じられるものであっても、数年後には正しくないということもあり得ます。本学大学院で学修するということは、不断前進する医学を、生涯にわたってキャッチ・アップし、アクティブに学習し、正すべきは正し、新しい知識・技術を理解、実践する能力を涵養させることを目的としています。自らの医学者としての活動を生涯に亘って継続できる基本的学習法、思考法を進取する気性を修学させます。
  • 本学の学是は「仁」です。本学に集うものすべてが共有している“心映え”です。常に相手の立場にたって物事を考え、人間として、医学者として他を思いやり、慈しむ心“仁”を大切にします。医師はまず感性豊かな教養人であることの証しとして、本学で創立以来、大切にしているもの、それは“仁”の学是です。
  • このような本学の基本理念に立脚して、本学大学院では基礎医学者と臨床医学者を育成します。本学医学研究科(博士課程)では、前2者育成は、究極的には心身共に病める人々を救済することを目標とします。基礎医学者然り、臨床医学者然りであります。本学大学院では、この明確な専攻目的のもとで、科学的な思考法や研究方法論を学修するための体系的な教育が展開されます。
  • 本学大学院における研究者養成コースは、自立した研究者として、先進的な医学を追究し、国際的な若手研究者として成長する重要なステップと位置づけています。その研究環境は充実しています。発表される研究論文をみますと、国際的に高い評価を受け、そのインパクト・ファクター(IF)やサイテーション・インデックス(CI)の高い論文が数多く発表されております。
  • 本学大学院では、基礎医学群と臨床医学群との群内及び群間の相互交流が盛んなことも特徴です。基礎医学の高い活性が臨床医学をさらに活性化すると全学で共通認識しておりますので、基礎医学から臨床医学への応用、そして臨床医学の基礎医学へのフィードバックが、非常に盛んです。学内外そして国際的な共同研究を含め、幅広い学術交流の場が整備されています。
  • 一方、臨床医学者(臨床医)の重要な責務は、最新の医学を臨床に安全に還元する医療を通して社会に貢献することです。医学は日々進歩しますから臨床医としての責務を遂行するためには、人間に関する総合科学である医学と常に立向う姿勢、すなわち研究するということの基本を身につけることが求められます。
  • この研究マインドの涵養が、医療を求める人々への安全で正確な医療提供の源泉となります。そのための研究能力と専門性を育む教育が、本学大学院の高度臨床専門家養成コースのPhysician scientistプログラムです。
  • 臨床医をPhysician scientistに養成するためには、豊富な臨床例が必要です。本学では、6附属病院が各々機能分化し、外来一日当たりの平均患者数約10,000名、入院ベッド数3,418床という附属病院群の診療実績があります。豊富な臨床例は、Translational Research(TR)を容易に行うことのできる臨床研究環境を提供しますから、高度臨床専門家養成コースから研究マインドを修得した卒業生が数多く輩出されています。
  • 臨床医が臨床研究に携わることは、医療を求める人々のために、自らの医療の向上のために、そして将来指導的立場に立ち、現在そして未来の社会に貢献するために、現在最も強く求められている基本であります。最新の医学知識を身につけた指導的医師として成長する出発点が、本学大学院での学修にあります。
  • この大学院教育を支えている指導者は、1,000名以上の常勤教員であります。
  • 文部科学省は、平成19年4月から大学における教員(助教:旧助手)資格の一つとして学位又はそれに匹敵する専門的資格取得を原則としました。医学を進展させる使命を本学は担っていますから、医学に携わる臨床医にとっても、今後学位を取得することが社会的な活動においても大切なことと評価しております。