大学院教育の内容や各研究分野・研究施設、大学院入学試験の概要等、順天堂大学大学院医学研究科に関する様々な情報をご案内します。

閉じる

博士課程(医学専攻) 入学案内
本研究科の特徴[大学院 博士(医学)号取得コース]
  • 出身大学、学部、国籍を問いません。医学部卒業生と同程度(例えば、①6年制学部卒業生、②4年制大学卒業後に大学院修士課程を修了した者、③又はそれと同等と認められる者)の学力をもった人が学ぶことができます。
  • 医学研究科医学専攻(博士課程)には、①環境と人間系・②人体の生命機能系・③人体の再生・再建系の3つの系があり、生命の本質を追求し、病める身体と心を癒し、健康維持・増進を期す研究を行います。
  • 入学における特長として、社会人や外国に居住する人のための入試制度もあります。また入試科目の語学試験においては、資格・認定などを用いた受験免除制度や入学前受験制度があります。
  • 学位論文において主論文と副論文の掲載される主要国際誌のインパクト・ファクターの合計が6.0以上である場合などは、3年間で課程を修了することができます
  • 本学では文部科学省の大学改革支援助成採択事業に多数選定されるなど、医師キャリア・パスにおける後期臨床研修として充実した教育を行っており、博士号と共に専門医等を取得するカリキュラムも整備されています
  • 大学院では、自らの研究の基盤を作ることが目的です。本学は国際性が豊かで、専門域の多彩な研究者が多数集っております。この優れた研究環境に依って多くの国公・民間研究資金や寄付講座および、公的大型助成事業等を受けています。
  • 本学が受ける公的助成金は、全国私立大学600校中10位内にあり、私立医科系大学ではトップレベルの実績をもっております
  • 国からの大型助成事業として整備されたものに、アトピー疾患研究センター、老人性疾患病態・治療研究センター、(性差)環境医学研究所、スポーツ健康医科学研究所、スポートロジーセンター、ゲノム・再生医療センター、女性スポーツ研究センター、静岡災害医学研究センターなどがあり、また文部科学省の21世紀COEプログラムとして整備された感染制御科学の大学院コースなども開設されています。
  • 順天堂に集う者すべてが、学是「仁」を理解・享受し、自己研鑽と競争原理と相互信頼のもとに順天堂人としての連帯感と、「仁」を尊ぶ感性が伝承され、高い倫理観に基づく教育・研究・医療が実践されています。