• 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 再生技術を用いた生活習慣病の次世代型統合的研究基盤の構築

研究概要

ゲノム・再生医療センター・再生基礎研究室は、2014年に開設された新しい研究室で、iPS細胞技術を用いて神経疾患の新しい治療方法を開発することを目標にしています。神経発生学の知識とiPS細胞技術などの細胞リプログラミング技術を駆使して、将来の再生医療に役立つ細胞の樹立方法や、疾患モデルの研究をしています。

研究内容

iPS細胞からの迅速な神経分化誘導方法の開発とパーキンソン病細胞バンク

脳神経内科の服部信孝教授、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授と共同して、ヒト末梢血から作製したiPS細胞を効率的に神経幹細胞に誘導する技術を開発しました。

3つの小分子化合物を用いてヒトiPS細胞の分化能力を促進する基盤技術を開発

ヒト多能性幹細胞に3つの小分子化合物を加えて、その分化能力を促進する基盤技術を開発しました。

iPS細胞を用いたパーキンソン病の新規治療薬探索

AMED・科研費の研究資金を用いて、パーキンソン病の患者さんからiPS細胞を作製し、そのiPS細胞を用いて新薬の開発を行っています。

2019年度メンバー

教授
赤松 和土

助教(脳神経内科併任)
石川 景一

特任助教(認知症診断・予防・治療学講座)
野中 里紗

特任助教(ゲノム・再生医療センター)
志賀 孝宏

共同研究員
圓谷 奈保美

技術員
馬渕 春菜

技術員
黒田 くみ

技術員
水口 幸代

センター事務
山川 真奈

センター事務
仁平 友子

学生(医学部6年)
山口 昂大

学生(医学部5年)
小野 翔真

学生(医学部5年)
津川 直輝

学生(医学部5年)
月星 慶一

学生(医学部4年)
加納 裕也

学生(医学部4年)
美濃部 俊輝

学生(医学部3年)
佐藤 史織

学生(医学部2年)
鈴木 嵩啓

共同研究機関

昭和大学歯学部

千葉大学医学部

千葉大学薬学部

お茶の水女子大学

東京大学医学部

豊橋科学技術大学

慶應義塾大学

アクセス・連絡先

順天堂アクセスマップ

最寄駅からのアクセス

連絡先

順天堂大学ゲノム・再生医療センター
〒113-8421 東京都文京区本郷2丁目1番1号(10号館803号室)
TEL: 03-3813-3111(内線3821)
FAX: 03-5802-8776
E-mail:gesa@juntendo.ac.jp