HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

吉村 雅文(ヨシムラ マサフミ)

研究テーマ サッカーのコーチングに関する研究
研究業績(論文) 1、教育内容.方法の工夫:実技授業における、イメージ映像の多用
2、作成した教科書、教材、参考書等:「スポーツと健康」東京電機大学出版(1997年4月)、サッカーコーチング論ファイル、サッカーの攻撃戦術DVD
3、教育方法.教育実践に関する発表、講演等:長野県高体連サッカー専門部講演会(1999.12)、(株)大昌電子役員.部長研修会(2005.10)、千葉県スポーツプログラマー等養成講習会(2005、2006)、関東大学サッカー連盟指導者講習会(2006.3)、埼玉県毛呂山スポーツセミナー講演会(2006、2008)、(株)大昌電子課長.係長研修会(2007.1)、(株)大昌電子新人研修会(2007、2008)、NHK千葉放送出演「NPO法人Leven立ち上げについて」(2008.6)、特定非営利活動法人NPO佐倉こどもステーション講演会「なぜスポーツをさせるの?」(2009.6)、いんざい産学連携センター交流会において講演「スポーツと教育」(2010.5)、第6回毛呂山Sport Seminar講演会「スポーツと教育」(2010.7)、(株)大昌電子.部課長研修会(2011.6〜3回)、(株)大昌電子.部課長研修会(2012.6〜3回)、第27回ユニバーシアード競技大会サッカー競技日本代表監督(2013.7)、平成25年度第33回千葉県私立高等学校サッカー大会 基調講演「コーチングについてーサッカー指導者として大事にしているものー」(2013.8)、日本経営工学会 人間・組織研究部門 ー人間工学人材育成研究会ー 2013年度夏季産学連携プロジェクト 基調講演 「サッカーを通じた人材育成について」(2013.8)、理学療法科学学会 第16回教育FD研究会 特別講演「サッカーと学生教育」リーダーの役割(2015.1)、平成27年度遠野市健康づくり総合大学とすぽ大学祭 「心も体もホット! スポーツの集い」 スポーツ講演会 「人は人でしか育たない!」 〜指導者・選手に必要な資質について〜(2016.2)、Criacao Athlete College 講演「成長する組織を考える」(2016.2)、東京都中央区教育委員会主催 「中学校部活動指導者研修会」講師 「部活動における生徒の力を引き出す指導者の在り方」(銀座中学校)(2016.8)、東京都中央区教育委員会主催 「中学校部活動指導者研修会」講師 「部活動における生徒の力を引き出す指導者の在り方」(佃中学校)(2016.9)、東京都中央区教育委員会主催 「中学校部活動指導者研修会」講師 「部活動における生徒の力を引き出す指導者の在り方」(日本橋中学校)(2016.9)、東京都中央区教育委員会主催 「中学校部活動指導者研修会」講師 「部活動における生徒の力を引き出す指導者の在り方」(晴海中学校)(2016.9)、Criacao リーダースカレッジ「多様な価値観をチーム力にしていくために」 銀座 ファーストリテイリング銀座会議室(2016.9)、Criacao リーダースカレッジ2016関西(2016.9)、中央大学学友会主催「チーム力を育む」(2017.2)、大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部 第2回 課外教育センター主催シンポジウム  基調講演「チーム力を育む」 〜世界を経験した指導者の視点から〜 (2017.3) 
4、その他教育活動上特記すべき事項:特定非営利活動法人Leven認証
5、体育実技に関する事項:
6、学術論文:
「サッカーにおける攻撃の戦術について」-有効な攻撃のためのトレーニング-単著、順天堂大学スポーツ健康科学研究.第7号p48~p61(2003.3)
「北海道学生サッカー選手のクラブ活動継続に関する心理学的考察」-北海道学生サッカーリーグ1部校の場合-.共著.北海道教育大学紀要(自然科学編)第53巻.第2号p63~p72(2003.2)
「ジャンピングのヘディングの指導に関する事例研究」共著、北海道教育大学紀要(教育科学編)第54巻第2号p1~p9(2004.2)
「サッカーの戦術指導と効果」-守備戦術トレーニングについて-共著、日本スポーツ方法学研究 第19巻第1号p67~p80(2006.3)、「サッカー選手の包括的オーダーメード型体力トレーニングプログラムの開発」-試合中のパフォーマンス評価に基づいたトレーニングの有効性について-共著、財団法人 上月スポーツ教育財団「スポーツ研究助成事業」研究論文(2006)、
「大学サッカー選手のポジション別体力特性に関する研究」-試合中の移動距離.移動スピードからみた生理学的特徴との関連性について-共著、理学療法科学23(2)p189~p195(2007.10)、「サッカー選手の体力評価」共著、理学療法科学23(5)p685~p690(2008.5)、「軟骨Ⅱ型コラーゲンの分解マーカーC2Cと合成マーカーCPⅡを用いた変形性膝関節症の病態評価」日本膝関節学会 第33巻 第2号p233~p237(2009.4)、「ロングパイル人工芝ピッチに於けるスポーツ傷害と対策:1」-ハムストリングスの肉離れについて-共著、関西臨床スポーツ医•科学研究会誌VOL18p37~p38(2009.5)、「ロングパイル人工芝ピッチに於けるスポーツ傷害と対策:2」-足関節捻挫-共著、関西臨床スポーツ医•科学研究会誌VOL18p39~p40(2009.5)、「アスリートにおける関節バイオマーカーに及ぼすD-グルコサミン塩酸塩摂取の効果」共著、グルコサミン研究5p32~p40(2009.9)、「サッカー選手の試合中の生理学的応答について」-異なるレベルの試合における総移動距離・移動スピード変化に着目して-共著、順天堂スポーツ健康科学研究 第1巻第2号p225~p230(2009.9)、「Evaluation of the effect of glucosamine administration on biomarkers for cartilage and bone metabolism in soccer players」共著、INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE 24p487~p494(2009)、「人工芝ピッチにおけるサッカーの試合が筋損傷に及ぼす影響」共著、順天堂スポーツ健康科学研究 第1巻第3号p414~42(2010.3)、大学フットボール選手への三角形イメージ体験法の応用に関する基礎的研究」-大学サッカー選手の自己評価と三角形イメージ及び円イメージの関係に着目して 共著、-防衛大学校(社会科学分冊)第百一輯 二十二・九p19〜p39(2010.9)、「時間内で得点を競う球技の試合における確率計算の方法」 共著、順天堂スポーツ健康科学研究 第1巻第3号 p361〜p376(2010.10)、「Evaluation of Individual and Team Judo Strengths Using AHP Technique and Team Competition Date」共著、Journal of Quantitative Analysis in Sports Volume6.Issue4(2010)、「Assesment of Soccer Referee Performance during Game」共著、Football Science Vol.8 p8〜p15(2011)、「Post-training consumption of wheat gluten hydrolysate suppresses the delayed onset of muscle injury in soccer players」共著、EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 3 p969〜p972(2012)、「An Evaluation of Characteristics of J-League Players Using Data Envelopment Analysis」共著、Football Science Vol.9 p1〜p13(2012)、「日本プロサッカー選手のセカンドキャリアに関する研究ー10 years after-」共著、順天堂スポーツ健康科学研究 第3巻Supplement p14(2012.3)、「Headless Compression Screw Fixation of Jones Fractures」ーAn Outcomes Study in Japanese Athletesー 共著、The American Journal of Sports Medicine p2578〜p2582(2012.9)、「Effect of a chicken comb extract-containing supplement on subclinical joint pain in collegiate soccer players」共著、EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 3 p457〜p462(2012)、「Evaluation of the effect of a chicken comb extract-containing supplement on cartilage and bone metabolism in athletes」共著、EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 4 p577〜p580(2012)、「Pass Appearance Time and pass attempts by teams qualifying for the second stage of FIFA World Cup 2010 in South Africa ―All 48 group stage matches―」共著、Football Science Vol.10 p65〜p69(2013)、「2012年度関東大学サッカーリーグ戦における得点の傾向」、東海大学紀要体育学部 第43号 p89〜p96(2013)、「The Role of Soccer in Slowing the Decline of Visual Function Caused by Aging:a Study of Young and Middle-aged Subjects」共著、Human Performance Measurement Vol.11,p1〜p7(2014)、「日本大学サッカー選抜チームにおけるゲームコンセプトに関する検討」共著、専修大学スポーツ研究所紀要 第38号 ISSN 0288-4143(2015)、「運動部に所属する大学生の栄養素摂取の実態」共著、調理食品と技術 第20巻 第3号(2014)、「スペインにおけるFutbol7に関する戦術的分析」共著、桃山学院大学総合研究所紀要第41巻第1号(2015)、「Evaluating the risk of a fifth metatarsal stress fracture by measuring the serum 25-hydroxyvitamin D levels 」共著、AMERICAN ORTHOPAEDIC FOOT & ANKLE SOCIETY International (2015)、「Aerobic Fitness Relation to Match Performance of Japanese Soccer Referees」共著、Football Science Vol.12 91-97(2015)、「足趾把持筋力と第5中足骨疲労骨折の関係の検討」共著、慶応義塾大学体育研究所紀要 第55巻 第1号(2016)、「高校生サッカー選手のチーム戦術に対する認識構造について」共著、防衛大学校紀要(人文社会科学編)第112輯(2106)、「大学生サッカー選手のチーム戦術に対する認識構造」共著、神奈川体育学会機関誌 体育研究 第49号(2016)、「サッカー選手のチーム戦術に対する認識の検討」共著、コーチング学研究 第30巻 第1号(2016)、「Pass Appearance Time and Pass Attempts by Teams Qualifying for Second Stage of FIFA World Cup 2014 in Brazil」共著、Jounal of Sports Science 4 (2016) 156-162、「大学女子サッカー選手の足趾把持筋力の特徴:第5中足骨疲労骨折との関連を中心に」共著、慶応義塾大学体育研究所紀要 第56巻 第1号P55-60(2017)、「Temporal Change in the Match Performance of Football Referees during Youth Top-level Matches: Influence of Match Technical-tactical Data in Same Matches」共著、International Jounal of Sport and Science Vol.15(2017)、「Ⅱ型コラーゲン分解マーカー、合成マーカーおよびⅠ型コラーゲン分解マーカーを用いた軟骨・骨代謝の評価」共著、Functional Food Research 13(2017)、「Profile of match performance and heart rate response in Japaese amputee soccer players」共著、The journal of Sports Medicine and Physical Fitness (2018)、「The Comparison of Attacking Aspects between the International Level and Domestic Level in Amputee Soccer Tournament」共著、International Journal of Sport and Health Science(2018)、「Influence of Amputation on Match Performance in Amputee Soccer 」共著、JuntendoMedicalJournal 2018. 64(Suppl 1), 000-000 、「Evaluation of the effect of the administrationof a glucosamine-containing supplement on biomarkers for cartilage metabolism in soccer players」共著、Submitted to International Journal of Molecular Medicine(2018)、
「Evaluation of Chondroprotetive Action of Glucosamine on Soccer and rugby Players by Analyzing Type Ⅱ Collagen Degradation and Synthesis Markers」共著、
Juntendo Medical Jounal 2018.64(Suppl 1),128-133(2018)、「Evaluation of Cartilage and Bone Metabolism in Collegiates Athletees Belonging to Various Sports Clubs by Analyzing Type Ⅱ Collagen Degradation and Synthesis, and Type Ⅰ Collagen Degradation」共著、Juntendo Medical Jounal 2018.64(Suppl 1),122-127(2018)、「Playing football on artificial turf as a risk factor for fifth metatarsal stress fracture: a retrospective cohort study 」共著、BMJ Open(2019)、「サッカー指導者に対する第五中足骨疲労 骨折の認知度調査」共著、東海大学スポーツ医科学研究、「Chondroprotective action of glucosamine, a chitosan monomer, on the joint health of athletes」共著、International Journal of Biological Macromolecules、132 (2019) 795-800、「Activity Profiles of International Goalball Players Using Wearable Devices 」共著、JuntendoMedicalJournal 、2019.65(3),279-285、「高校トップレベル女子ソフトボール選手の試合中における守備時の活動プロファイルについて」共著、順天堂スポーツ健康科学研究第11巻第1号(通巻76号)(2020)、「大学生男子ハンドボール競技者を対象とした方向転換能力の検討」共著、ハンドボールリサーチ 第9巻 21-29 2020 ISSN2187-4352、「Association between the ACE I/D polymorphism and muscle injuries in Italian and Japanese elite football players」共著、Journal of sports sciences,2020 June 4、「Reliability assessment of the functional movement screen for predicting injury risk in Japanese college soccer players」共著、Journal of Physical Therapy Science,2020.12、「Effects of a Wearable Device and Functional Wear on Spinal Alignment and Jump Performance」共著、 Journal of Exercise Science & Fitness, Volume 19, Issue 2, April 2021, Pages 91-97、「Sprinting Analysis of Japanese Female Soccer Players during Competitive Matches Using Video Analysis Software」共著、Football Science、Vol.18,51-59,2021、「サッカー選手における技能観の因子構造及び特性」共著、体育学研究 66:755-776,2021、

研究者 教育活動