HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

青木 和浩(アオキ カズヒロ)

研究テーマ 陸上競技の競技パフォーマンスと体力要素の検討
研究業績(論文) 1.教育内容・方法の工夫、
・「体つくり運動」の授業において教材開発、模擬授業の実施、
2.作成した教科書、教材、参考書等、
・体つくり運動テキスト、
3.教育方法・教育実践に関する発表、講演等、
・スポーツプログラム講師(教育委員会主催事業など多数)
4.その他教育活動上特記すべき事項、
・社会連携室員(さくら分室長)として産学官の教育活動を支援
5.体育実技に関する事項、
・順天堂大学陸上競技部 部長、
・日本学生陸上競技連合 強化委員会 跳躍部委員、調査研究委員会 委員、
6.業績(著書・論文)、
(著書)
・コーチングマニュアルUSA Track & Field COACHING MANUAL、共著、2004年3月、陸上競技社、澤村 博、澤木啓祐、尾縣 貢、青山清英 監訳 ◎青木和浩(第11章訳)、115頁~136頁、
・順天堂メソッド 勝つための陸上競技、2009年4月、共著「跳躍」越川一紀、◎青木和浩(第5章)、99頁~125頁、◎青木和浩(第8章)、166頁~171頁
・陸上競技のコーチング学、2020年2月、大修館書店、日本陸上競技学会 編、◎青木和浩(第6章 トレーニングにおけるコーチング
章取りまとめ)119頁~152頁、◎青木和浩(第6章 第1節 陸上競技におけるコーチング)120頁~121頁、
・なるほど 最新スポーツ科学入門、2020年2月、化学同人社、伊東浩司、吉田孝久、◎青木和浩 編、◎河村剛光、青木和浩(第16章 身体能力より大事な「目ぢから」―動体視力の重要性―)、173頁~180頁、

(論文)
・大学男子跳躍選手における競技パフォーマンスとテストバッテリーの関連、共著、2007年3月、陸上競技学会誌(第5巻)、◎青木和浩、河村剛光、中丸信吾、越川一紀、吉儀 宏、12頁~18頁、
・ボールを追従視するトレーニングが中学野球選手の動体視力及び打撃能力に及ぼす影響、共著、2007年12月、トレーニング科学(第19巻第4号)、河村剛光、◎青木和浩、吉儀 宏、櫻庭景植、中丸信吾、361頁~367頁、
・Effect of bunt training employing monocular vision on kinetic and dynamic visual acuity and bunt performance in collegiate baseball players.共著、2007年11月 、Human Performance Measurement、Vol.4、K.Honda, Y.Kohmura, ◎K.aoki, H.Yoshigi, K.Sakuraba、17頁~24頁、
・大学跳躍選手におけるバウンディング能力と体力の関係およびその性差、共著、2007年12月、陸上競技研究(第71号)、◎青木和浩、河村剛光、越川一紀、吉儀 宏、10頁~15頁、
・「体つくり運動」に関連する授業内容についての意識調査―体育系大学生を対象として―、共著、2008年7月、体操研究(第5巻)、◎青木和浩、河村剛光、1頁~6頁
・Developments of a baseball specific battery of tests and a testing protocol for college baseball players.共著、2008年7月、The Journal of Strength and Conditioning Research  
Vol.22(4)、Y.Kohmura、 ◎K.aoki、 H.Yoshigi、K.Sakuraba、 T. Yanagiya、1051~1058、
・The relationship between dynamic visual acuity and saccadic eye movement、共著、2009年2月、 Human Performance Measurement(5)、Kohmura Y、 ◎Aoki K、 Honda K、 Yoshigi H、 and Sakuraba K、23頁~33頁、
・上級走幅跳選手におけるパフォーマンスに影響を与えるバイオメカニクス的要因とコーチの他者観察内容の関係、共著、2009年3月 スポーツ方法学研究22(2)、青山清英、越川一紀、◎青木和浩、森長正樹、吉田孝久、尾縣 貢、87頁~100頁、
・Delayed-Onset Muscle Injury and its Modification by Wheat Gluten Hydrolysate、共著、2009年5月、 NUTRITION 25 (5):Natsue Koikawa, Akira Nakamura, Isao Ngaoka, ◎Kazuhiro Aoki, Keisuke Sawaki, and Yoshio Suzuki、493頁~498頁
・Development and gender differences in dynamic and kinetic visual acuities in children from 8 to 17 years of age、共著、2009年11月 International Journal of Sport and Health Science(6)、Kohmura Y、 Yoshigi H、 Skuraba K、◎Aoki K、 and Totsuka R、128頁~134頁
・女子学生投てき競技者を対象としたフィールドテストによる運動能力評価の有効性、共著、2009年12月、陸上競技研究(79号)、髙梨雄太、◎青木和浩、河村剛光、與名本 稔、金子今朝秋、30頁~38頁、
・反応能力を要するコーディネーション運動後の行動選択時間の変化、共著、2010年7月、千葉県体育学研究(33号)竹内敏康、木藤友規、中嶽 誠、青木和浩、米田継武、1頁~10頁
・棒高跳選手の競技力に関係する体操競技の技の習熟度、共著、2011年9月、陸上競技研究(86号)・高橋友輝、河村剛光、◎青木和浩、原田睦巳、冨田洋之、金子今朝秋、18頁~25頁
・小麦グルテン加水分解物(WGH)は投擲競技者のウエイトトレーニングにおける筋損傷を軽減するか?、共著2012年1月、日本臨床スポーツ医学会誌20(1)、高梨雄太・鈴木良雄・◎青木和浩・鯉川なつえ・新村由記・桜庭景植・ 金子今朝秋、66頁~70頁
・Female distance runners show a different response to Post-workout consumption of wheat gluten hydrolysate compared to their male counterparts.共著、2012年1月、Exp Ther Med,3(4):Hirao T, Koikawa N, ◎Aoki K, Sakuraba K, Shinmura Y, Suzuki Y, Sawaki K.
・Post-training consumption of wheat gluten
hydrolysate suppresses the delayed onset of muscle injury in soccer players.共著、2012年4月、Exp Ther Med,3(6):◎Aoki K, Kohmura Y, Suzuki Y, Koikawa N, Yoshimura M, Aoba Y, Fukushi N,Sakuraba K, Nagaoka I, Sawaki K.969-972
・Effect of Yellow-Tinted Lenses on Visual Attributes Related to Sports Activities. 共著、2013年3月、Journal of Human Kinetics 36,:Kohmura Y, Murakami S, ◎Aoki K.
・体育科学習内容を明確にした小学校持久走授業の検討.共著、2014年3月、日本陸上競技学会誌.12(1):今関豊一,荻原朋子,◎青木和浩,松橋義己,酒匂宙夢,棗寿喜,55-69
2.Cardiorespiratory fitness and the incidence of type 2 diabetes: a cohort study of Japanese male athletes. 共著、2014年11月、BMC Public Health, 14:Someya Y, Kawai S, Kohmura Y, ◎Aoki K, Daida H. 493-498
Relationships Between Field Tests of Power and Athletic Performance in Track and Field Athletes Specializing in Power Events.共著、2015年4月、International Journal of Sports Science & Coaching 10(1):◎Aoki K, Kohmura Y, Sakuma K, Koshikawa K, Naito H.133-144
Effects of Yellow-Tinted Lenses on Visual Attributes Related to Sports Ac tivities and Daily Life in Late Middle-aged Adults.共著、2015年4月、Central European Journal of Sport Sciences and Medicine 9(1):Kohmura Y, Murakami S, Someya Y, ◎Aoki K.27-36
ハンマー投における高重量ハンマーによる投てきのキネマティクス的特性:レジスティッドトレーニングとしての利用法の検討.共著、2016年6月、体育学研究.61(1)、広瀬健一・大山卞圭悟・藤井宏明・◎青木和浩・尾縣 貢.75-89
円盤投における軽量円盤の使用が投てき記録および動作時間に及ぼす影響.共著、2017年6月、109、陸上競技研究.109.小岩晴樹,広瀬健一,前田 奎,◎青木和浩,佐久間和彦.19-25
バスケット大学女子バスケットボール選手における方向変換走能力の特徴.共著、2017年11月、バスケットボール研究.3.山﨑紀春,河村剛光,◎青木和浩,中嶽 誠.43-51
Slightly increased BMI at young age is a risk factor for future hypertension in Japanese men.共著、2018年1月、PLoS One
Vol.13(1):Someya Y, Tamura Y, Kohmura Y, ◎Aoki K, Kawai S, Daida H..1-10
Effects of Batting Practice and Visual Training Focused on Pitch Type and Speed on Batting Ability and Visual Function.共著、2019年12月、Journal of Human Kinetics Vol70:Yoshimitsu Kohmura, Manabu Nakata, Atsushi Kubota, Yukihiro Aoba,Kazuhiro ◎Aoki, Shigeki Murakami.5-13
Relationship between competitive and jumping abilities in university track and field athletes.Journal of Physical Education and Sport Vol.20 (3)、共著、2020年:◎KAZUHIRO AOKI, KENTA KATSUMATA, KENICHI HIROSE, YOSHIMITSU KOHMURA. 1423 – 1429
Effectiveness of explosive sprint and pedaling exercises for physical fitness assessment of throwers.共著、2020年、
TRENDS in Sport Sciences, 27(4):Takanashi Y, Kohmura Y, ◎Aoki K.213-218,
Jumping ability is related to change of direction ability in elite handball players.共著、2021年、Journal of Electromyography and Kinesiology,60, 102575:Kenta Katsumata, ◎Kazuhiro Aoki.
Associations of Voluntary Exercise and Screen Time during the FirstWave of COVID-19 Restrictions in Japan with Subsequent Grip Strength among University Students: J-Fit+ Study.2021年、Sustainability 2021, 13, 13648:Shaoshuai Shen, Koya Suzuki , Yoshimitsu Kohmura, Noriyuki Fuku, Yuki Someya, Eri Miyamoto-Mikami, Dandan Ke, Shuich Machida, ◎Kazuhiro Aoki, Hisashi Naito.















研究者 教育活動