HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

木藤 友規(キトウ トモノリ)

研究テーマ 知覚と運動、スポーツ政策、スポーツ科学、ITと教育
研究業績(論文) Tactile estimation of the roughness of gratings yields a graded response in the human brain: an fMRI study、共著、平成17年3月、Neuroimage vol.25 No.1、◎Kitada R, Hashimoto T, Kochiyama T, Kito T, Okada T, Matsumura M, Lederman SJ, Sadato N、90頁~100頁

Neural substrate of body size: illusory feeling of shrinking of the waist、共著、平成17年12月、PloS biology vol.3 No.12、◎Ehrsson HH, Kito T, Sadato N, Passingham RE, Naito E、e412、

Dominance of gait cycle duration in casual walking、共著、平成18年6月、Human movement science vol.25 No.3、◎Kito T, Yoneda T、383頁~392頁、

Multisensory activation of the intraparietal area when classifying grating orientation: A functional magnetic resonance imaging study、共著、平成18年7月、Journal of neuroscience vol.26 No.28、◎Kitada R, Kito T, Saito DN, Kochiyama T, Matsumura M, Sadato N, Lederman SJ、7491頁~7501頁

Sensory processing during kinesthetic aftereffect following illusory hand movement elicited by tendon vibration、共著、平成18年10月、Brain research vol.1114、◎Kito T, Hashimoto T, Yoneda T, Katamoto S, Naito E、75頁~84頁

運動感覚の知覚と大脳皮質内処理に関する研究、単著、平成19年3月、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 博士学位論文

Human limb-specific and non-limb-specific brain representations during kinesthetic illusory movements of the upper and lower extremities、共著、平成19年6月、European journal of neuroscience vol.25 No11、◎Naito E, Nakashima T, Kito T, Aramaki Y, Okada T, Sadato N、3476頁~3487頁

反応能力を要するコーディネーション運動後の行動選択時間の変化、共著、平成22年1月、千葉体育学研究33巻、◎竹内敏康、木藤友規他

Does vibration-induced kinesthetic illusion accompany motor responses in agonistic and antagonistic muscles?
Tomonori Kito
Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5(1):P73-76, (2016)

Advantages taller players have when attempting field goals in basketball games、Nakadake M. & Kito T.、コーチング学研究、31巻1号、P81-88

授業の録画ファイルの共有作業における省力化の一例、木藤友規、順天堂スポーツ健康科学研究、12巻:pp8-17、2021年

Webサイト上でのオンデマンド型研究発表会の開催事例、木藤友規、川田裕次郎、順天堂スポーツ健康科学研究、12巻:pp18-27、2021年

Google Classroom APIを用いた一括得点入力の例、木藤友規、順天堂スポーツ健康科学研究、in press

研究者 教育活動