HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

原田 睦巳(ハラダ ムツミ)

研究テーマ 体操競技の技術に関するモルフォロギー的研究
研究業績(論文) 業績(著書・論文)、
Mutsumi Harada, Keishoku Sakuraba, Shimpei Fujita, Hiroyuki Tomita, Atsushi Kubota, Minoru Kano, Kenta Wakamatsu:
The study of bone metabolism markers in male college artistic gymnasts,Juntendo Medical Journal, 63巻3号,

Nobuyoshi Hirotsu, Mutsumi Harada, Minoru Kano (2015): A Method for Calculating Probability of Scores for Men’s Team Competitionin in Artistic Gymnastics,
Proceedings of the 12th International Symposium on Operations Research and its Applications in engineering, technology and management (ISORA 2015),66-69.
(査読付国際学会発表)

採点規則の改定に伴うあん馬の演技構成に関する一考察 共著 平成25年3月
体操競技・器械運動研究第21号 原田睦巳・加納 實・小西康仁・冨田洋之

棒高跳選手の競技力に関係する体操競技の技の習得度 共著 平成23年8月
陸上競技研究第86号 2011.No.3 髙橋友輝・河村剛光・青木和浩・原田睦巳・冨田洋之・金子今朝秋 18頁~25頁、

平行棒における「後方かかえ込み2回宙返り腕支持(ドミトリェンコ)」の技術に関する一考察 共著 平成23年8月
順天堂スポーツ健康科学研究第2巻第4号 木下紘一郎・加納 實・冨田 洋之・原田睦巳 139頁~149頁、

平行棒における「後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持(日本式宙返り)」の技術に関するモルフォロギー的一考察 共著 平成22年3月
順天堂スポーツ健康科学研究第1巻第4号 原田睦巳・木下紘一郎・冨田洋之・加納 實 457頁~471頁、

つり輪における中水平支持のトレーニングに関する一考察 共著 平成22年3月
体操競技・器械運動研究18号 釘宮宗大・加納 實・原田睦巳 11頁~21頁、

採点規則の改訂の伴う平行棒の演技構成に関する一考察 共著 平成21年3月
順天堂スポーツ健康科学研究第1巻第1号 加納 實・木下紘一郎・原田睦巳 48頁~62頁、

器械運動の学習目標に関する研究~小学校高学年児童を対象として~ 共著 平成20年3月
了徳寺大学研究紀要2号 浦井孝夫・楠戸辰彦・原田睦巳 55頁~67頁、

つり輪における「後方かかえ込み2回宙返り懸垂(グチョギー)の技術に関する研究 共著 平成20年3月
体操競技・器械運動研究16号 齋藤良宏・加納 實・原田睦巳  17頁~28頁、

鉄棒における「前方浮腰回転ひねり倒立(アドラーひねり倒立)の技術に関するモルフォロギー的一考察
共著 平成20年3月 順天堂大学スポーツ健康科学研究第12号 原田睦巳・齋藤良宏・鹿島丈博・冨田洋之・加納 實 11頁~21頁、

平行棒における「棒下宙返り倒立」の技術に関するモルフォロギー的一考察 共著 平成19年3月
日本体操競技・器械運動研究15号 鹿島丈博・原田睦巳・伊藤政男 31頁~42頁、

平行棒における「ベーレ」の技術に関するモルフォロギー的一考察 共著 平成19年3月
日本体操競技・器械運動研究15号 冨田洋之・原田睦巳・伊藤政男 21頁~30頁、











研究者 教育活動