HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

飯嶋 正博(イイジマ マサヒロ)

研究テーマ 動作法を用いた障害児・者への姿勢・運動・スポーツ指導
研究業績(論文) Ⅰ 教育活動
1.教育の内容方法の工夫(授業評価等を含む)
 ①自作のアクティブ・ラーニング用ノートの使用 平成26年

2.作成した教科書、教材、参考書等、
 ①教材:自作のアクティブ・ラーニング用ノート 平成26年
 ②教材:心の単語帳(コミュニケーション・ツール)平成31年

3.教育方法・教育実践に関する発表、講演等、
 ①香取市特別支援教育コーディネーター研修会 講師 令和3年4月
 ②立教大学附属高校模擬授業 担当 令和3年6月
 ③千葉県立印旛特別支援学校 研修会 講師 令和3年7月
 ④千葉県東金特別支援学校 研修会 講師 令和2年11月
 ⑤武蔵野市緑のこども館「ウィズ」職員研修会 講師 令和2年3月
 ⑥福島県富岡支援学校 研修会 講師 令和1年9月  
 ⑦千葉県袖ケ浦特別支援学校 研修会 講師 令和1年8月
 ⑧千葉県立桜が丘特別支援学校l寄宿部 研修会 講師 令和1年8月
 ⑨市川市特別支援教育研究連盟 研修会 講師 令和1年7月
 ➉千葉県東金特別支援学校 研修会 講師 令和1年7月
 ⑪社会福祉法人清郷会 法人専門 研修会 講師 平成31年2月
 
5.体育実技に関する事項、
 ①千葉市たんぽぽの会(ダウン症児の会)運動・水泳指導 令和3・2・1年)
 ②群馬県社会福祉法人一越会プール指導 令和1年(平成31年)
 ③NPO法人スマイル・クラブ障害者スポーツ指導員養成講座 講師 平成30年 
Ⅱ 研究活動
6.業績(著書・論文)
 著書
 ①基礎から学ぶ動作法 共著 平成27年1月 ナカニシヤ出版 遠矢浩一 85-89p
 ②不器用な子どもの動きづくり 2 -コミュニケーションとリラクセーション- 単著 平成22年3月 かもがわ出版 131頁
 ③不器用な子どもの動きづくり 単著 平成17年7月 かもがわ出版 170頁 
 ④ダウン症ハンドブック 共著 平成17年3月 日本文化科学社 池田由紀江 97頁‐100頁 
 ⑤スポーツ選手のための動作法 共著 平成15年5月 高文堂出版社 星野公夫 47頁‐65頁⑥動作法ハンドブック・応用編 共著 平成15年5月 慶應義塾大学出版会 大野清志・村田茂 128頁‐133頁、169頁‐217頁

 論文
 ①感覚の困難さを抱える子ども達へのリラクセーション‐動作法  を中心に‐ 単 特別支援教育研究 No.708 22-27p平成28年11月 
 ②姿勢にあらわれる子どものこころ‐臨床動作法の立場から‐ 単 教育と医学 No.741 65-73p平成27年3月 
 ③大学フィットボール選手の指定イメージ評価尺度の作成 共著  平成25年3月 神奈川体育学会体育研究 46.4-12
 ④養護学校教員養成の現状と課題 共著 平成17年3月 順天堂大学スポーツ科学研究 Vol.9 41頁‐47頁
 ⑤高校スポーツ選手の身体意識-自己コントロール法における温感と冷感に着目して- 共著 平成17年3月 順天堂大学スポーツ健康科学部研究 Vol.9 69-72頁 

Ⅲ 学会などおよび社会における主な活動
 平成18年4月~ 日本リハビリテーション心理学会 資格認定委員会評議員
 令和3年4月 関東・甲信心理リハビリテイション連絡協議会会長
 

研究者 教育活動