HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

山崎 一彦(ヤマザキ カズヒコ)

研究テーマ 陸上競技における縦断的コーチング研究
研究業績(論文) <著書>
陸上競技のコーチング学 = Coaching theory for athletics
日本陸上競技学会 (担当:共著, 範囲:9章第5節)
大修館書店 2020年2月 (ISBN: 9784469268805)

スムーズな走りを極める!陸上競技ハードル
山崎 一彦 (担当:監修, 範囲:全て)
メイツ出版 2018年11月 (ISBN: 9784780421002)

スプリント学ハンドブック : すべてのスポーツパフォーマンスの基盤
日本スプリント学会 (担当:共著, 範囲:第6章81-92)
西村書店 2018年2月 (ISBN: 9784890134816)

21世紀スポーツ大事典 = Encyclopedia of modern sport
中村, 敏雄, 高橋, 健夫, 寒川, 恒夫, 友添, 秀則, 山崎,一彦 (担当:分担執筆, 範囲:26, 1291-1292)
大修館書店 2015年1月 (ISBN: 9784469062359)

競技者育成プログラム,(公財)日本陸上競技連盟,3章-1, 42-44.11月, 2019.

「学ぶことを考える」: 共著9名, 平成13年10月, 慶應義塾大学出版, 慶応義塾日吉キャンパス極東証券寄附公開講座編集委員会編, pp119-141.

「勝つための陸上競技」: 澤木啓祐監修 佐久間和彦,山崎一彦,中村明,今村文男,越川一紀(執筆順), 平成21年4月, ベースボールマガジン社, 順天堂大学陸上競技部編集, 第2章「ハードル」p41-61.

「スプリントトレーニング」ロングスプリントのトレーニング, 山崎一彦,伊藤章,阿江通良,八田秀雄,川上泰雄,ほか20名, 平成21年11月, 朝倉書店, トレーニング科学会編, p104-114.

競技者育成プログラム : 監修 澤木啓祐,編集 尾縣貢,森泰夫 執筆 山崎一彦ほか, 平成21年8月, 財)日本陸上競技連盟

2011競技者育成プログラム: 監修:尾縣貢.山崎一彦ほか, 平成23年8月1日, (公財)日本陸上競技連盟, 第4章(2)U21育成プログラム, p23-p24.

2012競技者育成プログラム: 編集委員長:山崎一彦, 平成25年6月, (公財)日本陸上競技連盟、第5章, 第6章, 第7章.

最新スポーツ大辞典: 共著, 平成27年, 大修館, ハードルを担当(3ページ).

<学術論文>
シニア期からのトレーニング~400mハードル山崎一彦トレーニング記録~: 山崎一彦, 平成10年8月、スプリント研究,No.8, pp43 –50.

400mハードル山崎一彦のトレーニングコンセプト, 山崎一彦, 平成11年1月, Journal of Training Science,Vol. 10, No.3. pp125 –130.

国内一流400mスプリンターと400mハードラーの体力的特性の比較: 山崎一彦, 平成11年3月, 平成10年度筑波大学体育研究科研究論文集, 第21巻, pp249-252.

国内トップ400mハードラーのレースパターンと体力特性との関係: 苅部俊二, 尾縣貢, 安井年文,山崎一彦, 平成11年6月, 陸上競技研究 Vol. 37, No.2, pp2-7.

Physical characteristics of elite speed endurance sprinters and average decathletes: Mitsugi Ogata, Kazuhiko Yamazak, 平成11年11月 , 陸上競技指導者研究会研究集録, No.5, 1-5.

一流400mランナーにおける体力的特性とレースパターンとの関係: 尾懸貢, 安井年文, 大山卞圭吾, 山崎一彦, 平成12年1月, 体育学研究, Vol.45, No.3, pp422 –432.

「低酸素トレーニングによる緩衝能の改善が高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響」: 伊藤 穣,鈴木康弘,山崎一彦,高松 薫, 平成13年6月, デサントスポーツ科学, 22, 117-126.

第2回陸上競技の医科学・コーチング国際会議&高所トレーニング国際シンポジウム2001飛騨、講演・発表論文集: 山崎一彦, 平成13年8月, 第2回陸上競技の医科学・コーチング国際会議&高所トレーニング国際シンポジウム2001飛騨, 組織委員会編.

エリート400m系スプリンターの体力特性:十種競技者との比較: 山崎一彦, 尾縣貢, 高本恵美, 伊藤穣, 澤木啓祐, 平成13年9月, 陸上競技研究, No.46, pp2-7.

段階的位相によるトレーニング戦略:山崎一彦, 平成14年11月, スプリント研究, No12, pp9-15.
国際陸連RDC北京ハイレベルセミナー参加報告-海外コーチング研修をどのように活かすか(その2)-: 山崎一彦, 平成14年12月, フューチャー・アスレチィックス, Vol.1, No.2, pp47-49.
“うごきの発生”に関する一考察‐アイススケートの調査研究‐, 豊村伊一郎、柿本真弓、山崎一彦、田口晴康, 平成16年3月, 福岡大学スポーツ科学研究, No.34, vol1, 2, pp1-14.
高地環境および低酸素環境を用いてのトレーニング効果 -陸上短距離走者の高地環境下でのトレーニング-: 山崎一彦, 平成16年3月, スポーツコーチサミット(大会集), 文部科学省, pp53-62.
The 8th International Symposium on High Altitude Training 2004 Tokyo Synthesis 山崎一彦(日本文、英文), 平成17年4月, 高所トレーニング環境システム研究会,シンポジウムⅠ 高地・低酸素トレーニングの実践,陸上競技,pp14-22.
乳酸性エネルギー運動における高所トレーニング :山崎一彦, 平成18年6月, 日本ランニング学会,ランニング学研究,17: pp60-73, 2006.

スピード持続トレーニングにおける構成要素とコーチング:山崎一彦, 平成18年11月, 日本スプリント学会,スプリント研究,Vol.16, pp14-23.

スプリントトレーニング計画の立案・評価診断の理論と方法:森丘保典,榎本靖士,山崎一彦,杉田正明,阿江通良, 平成19年7月, 陸上競技学会誌,Vol.6,pp55-59.

編集委員開発:トレーニング科学最新情報「理論的トレーニングと感性的トレーニングの同一化」:山崎一彦, 平成20年3月, 日本トレーニング科学会,トレーニング科学,第20巻1号,p20−21.

一流男子400mハードル選手のレースパターンの類型化について—世界陸上大阪大会の決勝レース展望—:森丘保典,榎本靖士,山崎一彦,杉田正明,阿江通良平成19年7月, 陸上競技学会誌,Vol.6,pp55-59.

世界および日本一流400mハードル選手のレースパターン分析:森丘保典,山崎一彦,榎本靖士,柳谷登志男,杉田正明,阿江通良, 平成20年7月, 財)日本陸上競技連盟 陸上競技研究紀要Vol.4, pp99-103.

陸上競技男子400mハードル走における最適パターンの創発:一流ハードラーの実践知に関する量的および質的アプローチ:森丘保典,山崎一彦, 平成20年8月, 日本トレーニング科学会,トレーニング科学研究Vol.20,No.3,pp175-181.
私の考えるコーチング論:山崎一彦, 平成24年11月, コーチン学研究,Vol.26, 1, p19-24.

研究者 教育活動