HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

門屋 悠香(カドヤ ハルカ)

研究テーマ スポーツ傷害の予防、アスレティックリハビリテーション、運動習慣
研究業績(論文) 【学術論文】
Suzuki Y, Sakuraba K, Shinjo T, Maruyama-Nagao A, Nakaniida A, Kadoya H, Shibata H, Matsukawa T, Itoh H, Yokoyama K.
Physical inactivity was associated with the risk of non-communicable diseases in Japanese working mothers with young children: a cross-sectional study at Nagano city, Japan.
Exp Ther Med, 13(6):2103-3108, 2017

Yaginuma S, Sakuraba K, Kadoya H, Koibuchi E, Matsukawa T, Ito H, Yokoyama K, Suzuki Y.
Early bedtime associated with the salutary breakfast intake in Japanese nursery school children.
International Medical Journal, 22(1):30-32, 2015

門屋悠香, 桜庭景植, 竹内敏康, 石川拓次
足関節捻挫経験者における足関節機能評価
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, 31(1):74-78, 2011

石川拓次, 桜庭景植, 丸山麻子, 窪田敦之, 門屋悠香, 戸塚涼子
中高年におけるVTRを視聴しながら自宅で行う運動がQOLに及ぼす影響
日本臨床スポーツ医学会誌, 17(2):291-296, 2009

門屋悠香, 丸山裕司
長期運動教室参加者における下肢筋力の経時的変化 東京都北区を事例として
順天堂スポーツ健康科学研究, 1(1):89-94, 2009

【その他】
鹿倉 二郎, 桜庭 景植, 鈴木 良夫, 門屋 悠香, 石川 拓次
足関節の主観的不安定性を反映する機能低下は何か?
順天堂スポーツ健康科学研究, 4(Suppl):4, 2013

【学会発表】
筋収縮を伴うストレッチング効果の検討
植原典子,門屋悠香,深尾宏祐
日本臨床スポーツ医学会誌,26(4):S213,2018

足関節捻挫経験がしゃがみこみ動作に及ぼす影響
門屋 悠香, 鹿倉 二郎, 桜庭 景植
体力科学, 63(6):713, 2014

小学校低学年児童の運動習慣と生活習慣の関連
栁沼 志帆, 門屋 悠香, 桜庭 景植, 鈴木 良雄
体力科学, 63(6) :513, 2014

柳沼 志帆, 門屋 悠香, 櫻庭 景植, 鈴木 良雄
幼児の運動習慣に関係のある因子に関する研究
体力科学, 62(6):513, 2013

Haruka Kadoya, Keishoku Sakuraba, Jiro Shikakura, 他2名Quantitative tests for severity for chronic ankle instability; Can we predict ankle injury?
2013 Pan Pacific Conference of Medicine and Science in Sport,
2013

長沼祐太, 桜庭景植, 窪田敦之, 中嶽誠, 中新井田敦子, 門屋悠香, 倉石平
大学男子バスケットボール競技者における第五中足骨疲労骨折の実態調査
日本臨床スポーツ医学会誌, 20(4):S204, 2012

門屋悠香,桜庭景植,石川拓次,丸山麻子, 窪田敦之, 島寿子, 山本真徳
足関節不安定性と足関節捻挫再受傷の関係        
JOSKAS, 36(4):236, 2011




研究者 教育活動