HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

村上 祐介(ムラカミ ユウスケ)

研究テーマ 運動発達 多様性 不器用 アダプテッド・スポーツ
研究業績(論文) (論文)

村上祐介
医療系大学における発達障害学生への支援の動向.
金沢医科大学教養論文集, 48, 35-42, 2021.

村上祐介, 澤江幸則
動作の変動性を指標とした自閉症スペクトラム障害児の運動発達の様相:多重時間スケールにもとづく縦断的検討.
発達心理学研究, 29(4), 243-252, 2018.

村上祐介, 菊地建至
医療福祉体験実習における学内実習「障害者スポーツについての講義と演習」についての授業報告.
金沢医科大学教養論文集, 45, 19-26, 2017.

澤江幸則, 村上祐介
学齢期における発達障害のある子どもの運動発達上の困難さとその支援.
臨床発達心理実践研究, 11, 21-26, 2016.

村上祐介
自閉症スペクトラム障害児における長なわとび跳躍動作の効率性についての研究.
障害者スポーツ科学, 12(1), 13-21, 2014.

村上祐介
自閉症スペクトラム障害児の運動特性と指導法に関する研究動向.
筑波大学体育系紀要, 36, 5-14, 2013.

村上祐介
発達障害児における長なわとび跳躍動作の発達段階についての研究 .
体育学研究, 56(2), 507-522, 2011.

(著書)

村上 祐介(担当:分担執筆)
第9章 DCDを伴うASD児の特性と支援
『発達性協調運動障害[DCD]』 辻井正次・宮原資英(監修),澤江幸則・増田貴人・七木田敦(編著)
金子書房 2019年8月

村上祐介(担当:分担執筆)
4講 知的障害・発達障害のある人のためのスポーツ,33講 これまでの研究トレンド
『教養としてのアダプテッド体育・スポーツ学』齊藤まゆみ(編著)
大修館書店 2018年8月

村上祐介(担当:分担執筆)
4.1 知的障害 (第4章 子どもが運動を楽しむためには)
『これからのインクルーシブ体育・スポーツ 障害のある子どもたちも一緒に楽しむための指導』藤田紀昭・齊藤まゆみ(編著)
ぎょうせい 2017年12月

(MISC)

村上祐介
運動発達の多様性と発達性協調運動障害.
体育の科学, 71(4), 270-274, 2021年4月.

村上祐介
スポーツの醍醐味を体験し「やりたい」を引き出す.
実践障害児教育, 44(1), 22-24, 2016年6月.

村上祐介
スポーツとのかかわりが子どもの成長を変える 一人ひとりの子どもに合ったスポーツ活動の実現に向けて.
実践障害児教育, 42(8), 10-11, 2015年1月.

(学会発表等)
Yusuke Murakami
The Change Process of Motor Development in Children with Autism Spectrum Disorder: Longitudinal Study Based on the Multiple Time Scale Method.
The 2020 Yokohama Sport Conference, September, 2020.

村上祐介
動作の変動の軌跡からみた自閉スペクトラム症児の運動発達特性.
第24回日本アダプテッド体育・スポーツ学会大会, 2019年12月.

村上祐介, 吉岡尚美, 加藤彩乃, 佐藤貴弘, 加地信之, 澤江幸則, 内田匡輔
「障害のある児童生徒にとって“望ましい”体育授業とは?(2) 「アダプテッド」で支援する体育、そして特別支援教育へ」
日本特殊教育学会第57回大会 自主シンポジウム, 2019年9月.

村上祐介, 澤江幸則, 内田匡輔, 吉岡尚美, 加藤彩乃, 曽根裕二
「障害のある児童生徒にとって“望ましい”体育授業とは?」
日本特殊教育学会第56回大会 自主シンポジウム, 2018年9月.

七木田敦, 村上祐介, 増田貴人, 中川順子, 澤江幸則
「幼児期の発達性協調運動障害を考える -身体的不器用さの本質-」
日本保育学会第70回大会 自主シンポジウム, 2017年5月.

村上祐介, 澤江幸則, 杉山文乃, 土井畑幸一郎
課題指向型アプローチを通した発達性協調運動障害児の心理的変容.
日本体育学会第67回大会, 2016年8月.

研究者 教育活動