HOME > 研究業績詳細

研究業績詳細

廣瀬 絵美(ヒロセ エミ)

研究テーマ フォークリヴァイヴァル、バラッド、フォークソング、民衆文化
研究業績(論文) (論文)
廣瀬絵美「『原爆を許すまじ』の伝播をめぐって—日本のうたごえ運動 からイギリスのフォークリヴァイヴァル運動へ—」『レイモンド・ウィリアムズ研究』第10号、2021年3月、pp. 25-49 (単著)
廣瀬絵美 「炭坑歌と共通文化―A. L. ロイドのフォークソング収集と改作をめぐって」『レイモンド・ウィリアムズ研究』第8号、2019年3月、pp.5-27 (単著)
廣瀬絵美「A. L.ロイド「レイナルダイン」におけるテクスト分析 : 戦後のイギリス・アメリカのフォーク・リヴァイヴァル運動におけるトリックスターの役割」『多民族研究』第12号、2019年3月、pp.91-114.(単著)
Emi Hirose, “Cecil Sharp as Educator: Introducing English Folk Songs into British Music Education.”『英米文化』第48巻、2018年3月、pp.61-78 (単著)
廣瀬絵美 「ヴィクトリア朝後期のフォークソング収集」『日本女子大学大学院文学研究科紀要』第23号、2017年3月、 pp.47-59 (単著)

研究者 教育活動