教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院 アトピー疾患研究センターに関する様々な情報をご案内します。

大学院医学研究科各研究分野紹介一覧アトピー疾患研究センター 各研究分野紹介一覧へ

開設にあたって


 
学校法人 順天堂 小川 秀興理事長・学長
学校法人順天堂 理事長
小川 秀興
 
 アトピーは遺伝性の疾患であり、免疫性の疾患であります。特にIgE主導のアレルギーを主体とする疾患であるというのが定説となっております。私は、否定はせず、これは全て正しいと考えておりますが、近年、近代国家、特に日本に於けるアトピー性疾患の急増ぶりは目を見張るものがあります。これを考えたときに遺伝的ファクター、そして免疫異常というものに留まらず我々が近年変えてしまったもの、つまり環境的な要因が大きくこの発症と増悪化に関与しているとの信念を持っております。十数年前、アトピー性疾患の病態として「皮膚粘膜バリアー機構の破綻」ということを国際小児皮膚科学会に提唱したときに大変な反発を受けましたが、現在ではこれが定説となるに至りました。環境の問題といいますと、公害とか環境汚染と結びついて考えられますが、そういうことだけではなく、我々が現代の便利な生活を行うにあたって失ってきてしまったもの、取り入れてきたもの、それらの差がアトピー疾患急増の大きな要因になっているということであります。かかる観点と、現在の日本国民の約1/3がアトピー性疾患にかかっているということを考えた場合、これは生活習慣病とも云えると思います。その様な環境因子と、発症に至る免疫、遺伝上の制御機構との関連というものを国内外の学者の英知を集め、研究し、本症の予防と治療の根幹を成す情報を世界に向けて発信する施設たらんと所員一同、邁進していく所存でございます。


 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.