教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院 アトピー疾患研究センターに関する様々な情報をご案内します。

大学院医学研究科各研究分野紹介一覧アトピー疾患研究センター 各研究分野紹介一覧へ

設立の意義


   
順天堂大学 木南 英紀 医学部長
順天堂大学 学長特別補佐
木南 英紀
 
 アトピー皮膚炎、喘息、花粉症などのアレルギー性疾患は近年になって急増し、日本人口の1/3が羅患しているという、まさしく「現代病」であります。アトピー疾患は免疫異常を伴う遺伝的バックグラウンドの上に、諸々の環境的要因が加わって発症し、そこに内的および外的増悪因子が加わり、症状が増悪するという多面的、複合的な疾患群であります。その病因と病態に関する基礎的な研究に加えて、治療および予防に向けての対策が国内外で急がれております。
 このような、社会的な要請の高い研究プロジェクトを推進できる構想と陣容を有する拠点として、アトピー疾患センターが順天堂大学医学部に私立大学学術フロンティア推進拠点選定事業として平成10年度に文部科学省(当時、文部省)から認可されました。小川秀興学長(アトピー疾患研究センター長)を中心とした学内外の研究グループの周到な準備と熱意・尽力および大学法人の多大な理解と決断により、アトピー疾患センター認可に至ったわけであります。 アトピー疾患研究センター開設後、順天堂大学医学部では、本センターを基地として、アトピー疾患を克服するために、基礎研究、臨床研究の両者を両輪として研究が推進されております。アトピー疾患が極めて複雑な免疫システムの応答の結果として発症することから、免疫異常の分子基盤を遺伝子、分子、細胞レベルだけでなく、個体レベルで解析し、総合的に免疫系、細胞内シグナル伝達系、転写の制御、細胞間接着のメカニズムとその異常を理解しようとする基礎研究が行われております。さらに、アトピー疾患を生体の恒常性維持の制御異常と捉えて、免疫、内分泌系、神経系のクロストークという今後の生命科学の重要な課題も視野に入れた研究が進行しております。
 一方、アトピー疾患個別の臨床研究から、その背景にある共通の原理を見出すなどの可能性を探りながら、基礎、臨床の研究グループが連携した研究も行われております。アトピー疾患センターからインパクトのある、探索医療に結びつくような研究成果があふれるように生産されることを期待しております。
アトピー疾患研究センター 研究本部長 奥村 康
アトピー疾患研究センター センター長
奥村 康
免疫学ページへ
 DNAを基盤とした医学生物学が花と咲き始めた20世紀の終わりに、それに呼応して我が順天堂大学に新しい研究体制が整備されましたことに感謝申し上げます。周知の如く、昨今の分子生物学の発展により、基礎も臨床も、又農学や薬学もその最先端はすべてボーダーレスになってしまいました。JR山手線のように、どの専門、すなわちどの駅から乗ってもDNAを介した科学としては同じ線でつながっています。アトピー疾患の研究基地とは云え、免疫のみならず、内分泌、神経系と云った目に見えない生体の統御機構の立体的な解明なくして、疾病制御の新戦略をたてることは出来ません。東京の中心に出来たこの研究組織アトピー疾患研究センターが、国内外への新しい医科学の発信基地になることを信じています。

■講座紹介ページへ 皮膚科学アレルギー学呼吸器内科学耳鼻咽喉科学眼科学
 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.