教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院眼科学に関する様々な情報をご案内します。


業績


 

過去10年間の業績を示します。IF, インパクトファクター

  2021年
【原著英文】
  1. Yasudo H, Ando T, Maehara A, Ando T, Izawa K, Tanabe A, Kaitani A, Nomura S, Seki M, Yoshida K, Oda H, Okamoto Y, Wang H, Kamei A, Kojima M, Kimura M, Uchida K, Nakano N, Kaneko J, Ebihara N, Hasegawa K, Shimizu T, Takita J, Ogawa H, Okumura K, Ogawa S, Tamura N, Kitaura J: A possible association between a nucleotide-binding domain lrr-containing protein family pyd-containing protein 1 mutation and an autoinflammatory disease involving liver cirrhosis. Hepatology, 2021; 74(4): 2296-2299. (IF: 17.425)
  2. Inomata T, Nakamura M, Iwagami M, Sung J, Nakamura M, Ebihara N, Fujisawa K, Muto K, Nojiri S, Ide T, Okano M, Okumura Y, Fujio K, Fujimoto K, Nagao M, Hirosawa K, Akasaki Y, Murakami A: Symptom-based stratification for hay fever: A crowdsourced study using the smartphone application AllerSearch. Allergy, 2021; 76(12): 3820-3824. (IF: 13.146)
  3. Inomata T, Nakamura M, Sung J, Midorikawa-Inomata A, Iwagami M, Fujio K, Akasaki Y, Okumura Y, Fujimoto K, Eguchi A, Miura M, Nagino K, Shokirova H, Zhu J, Kuwahara M, Hirosawa K, Dana R, Murakami A: Smartphone-based digital phenotyping for dry eye toward P4 medicine: a crowdsourced cross-sectional study. NPJ Digital Medicine, 2021; 4(1): 171. (IF: 11.653)
  4. Toyoshima S, Sakamoto-Sasaki T, Kurosawa Y, Hayama K, Matsuda A, Watanabe Y, Terui Y, Gon Y, Matsumoto K, Okayama Y. miR103a-3p in extracellular vesicles from FcεRI-aggregated human mast cells enhances IL-5 production by group 2 innate lymphoid cells. J Allergy Clin Immunol. 2021, 147:1878-1891. (IF: 10.793)
  5. Kitazawa K, Deinhardt-Emmer S, Inomata T, Deshpande S, Sotozono C: The Transmission of SARS-CoV-2 Infection on the Ocular Surface and Prevention Strategies. Cells, 2021; 10(4). (IF: 6.600)
  6. Inomata T, Nakamura M, Iwagami M, Sung J, Nakamura M, Ebihara N, Fujisawa K, Muto K, Nojiri S, Ide T, Okano M, Okumura Y, Fujio K, Fujimoto K, Nagao M, Hirosawa K, Akasaki Y, Murakami A: Individual characteristics and associated factors of hay fever: A large-scale mHealth study using AllerSearch. Allergol Int, 2022(in press).(IF: 5.836)
  7. Fukase S, Ando T, Matsuzawa M, Kimura M, Sone Y, Izawa K, Kaitani A, Kamei A, Kojima M, Nakano N, Maeda K, Shimizu T, Ogawa H, Okumura K, Nishiyama M, Murakami A, Ebihara N, Kitaura J: Pollen shells and soluble factors play non-redundant roles in the development of allergic conjunctivitis in mice. Ocul Surf, 2021; 22: 152-162. (IF: 5.033)
  8. Zhu J, Inomata T, Fujimoto K, Uchida K, Fujio K, Nagino K, Miura M, Negishi N, Okumura Y, Akasaki Y, Hirosawa K, Kuwahara M, Eguchi A, Shokirova H, Yanagawa A, Midorikawa-Inomata A, Murakami A: Ex Vivo-Induced Bone Marrow-Derived Myeloid Suppressor Cells Prevent Corneal Allograft Rejection in Mice. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2021; 62(7): 3. (IF: 4.799)
  9. Yamada M, Hiratsuka Y: Detection of glaucoma and other vision-threatening ocular diseases in the population recruited at specific health checkups in Japan. Clin Epidemiol, 2020; 12: 1381-1388. (IF: 4.79)
  10. Ono K, Murakami A, Haishima Y: A web-based survey of contact lens-related adverse events among the Japanese female population.  Sci Rep 2021 Published online Aug 05; 11(1): 15939 (IF: 4.38)
  11. Kudo D, Hiratsuka Y, Nakamura M, Uchida Y, Ono S, Murakami A.Optimal methods for estimating sports vision in kendo athletes. Sci Rep. 2021 Jan 11;11(1):315. doi: 10.1038/s41598-020-79534-1.PMID: 33431981. (IF: 4.38)
  12. Hirakata T, Hiratsuka Y, Yamamoto S, Kanbayashi K, Kobayashi H, Murakami A: Risk factors for macular pucker after rhegmatogenous retinal detachment surgery. Sci Rep, 2021 Sep 14; 11(1): 18276. (IF: 4.38)
  13. Shokirova H, Inomata T, Saitoh T, Zhu J, Fujio K, Okumura Y, Yanagawa A, Fujimoto K, Sung J, Eguchi A, Miura M, Nagino K, Hirosawa K, Kuwahara M, Akasaki Y, Nagase H, Murakami A. Topical administration of the kappa opioid receptor agonist nalfurafine suppresses corneal neovascularization and inflammation. Sci Rep, 2021; 11(1): 8647. (IF: 4.38)
  14. Zhu J, Inomata T, Di Zazzo A, Kitazawa K, Okumura Y, Coassin M, Surico PL, Fujio K, Yanagawa A, Miura M, Akasaki Y, Fujimoto K, Nagino K, Midorikawa-Inomata A, Hirosawa K, Kuwahara M, Huang T, Shokirova H, Eguchi A, Murakami A: Role of immune cell diversity and heterogeneity in corneal graft survival: a systematic review and meta-analysis. J Clin Med, 2021; 10(20): 4667. (IF: 4.242)
  15. Takesue A, Hiratsuka Y, Inoue A, Kondo K, Aida J: Is social participation associated with good self-rated health among visually impaired older adults? : The JAGES cross-sectional study. BMC geriatrics, 2021. Oct 23; 21(1): 592. doi: 10.1186/s12877 -021-02554-7. (IF: 3.921)
  16. Sakanishi Y, Morita S, Mashimo K, Tamaki K, Ebihara N: Subfoveal choroidal thickness and treatment outcomes of intravitreal aflibercept for branch retinal vein occlusion. Life (Basel), 2021 Jun 17; 11(6): 572. doi: 10.3390/life11060572. (IF: 3.817)
  17. Usui-Ouchi A, Tamaki A, Sakanishi Y, Tamaki K, Mashimo K, Sakuma T, Ebihara N: Factors affecting a short-term response to anti-vegf therapy in diabetic macular edema, Life (Basel), 2021 Jan 25; 11(2): 83. doi: 10.3390/life11020083. (IF: 3.817)
  18. Hirakata T, Huang T, Hiratsuka Y, Yamamoto S, Inoue A, Murakami A: Clinical patterns of rhegmatogenous retinal detachment during the first state of emergency for the COVID-19 pandemic in a Tokyo center. PLoS One. 2021; 16(12): e0261779. (IF: 3.240)
  19. Chiba-Mayumi M, Hirakata T, Yamaguchi M, Murakami A: Infliximab recovers central cone dysfunction with normal fundus in a patient with ulcerative colitis. Am J Ophthalmol Case Rep, 2021; 25: 101244. (IF: 3.240)
  20. Sakanishi Y, Tamaki K, Mashimo K, Sakuma T, Ebihara N: Relationship between Recurrence of Macular Edema Due to Branch Retinal Vein Occlusion and Changes in Choroidal Thickness. Ophthalmic Res, 2021; 64(3): 363-368. (IF: 2.892)
  21. Asaoka S, Kasuga T, Matsunaga T, Hayashi Y, Asada Y, Iwamoto S, Hirakata T, Honda R, Obazawa H, Sasaki H, Ohta T, Matsuda A.Operative Complications of Glaucoma Drainage Implant Tube Insertion Through the Sulcus for Pseudophakic Eye. J Glaucoma, 2021; 30(4): e169-e174. (IF: 2.503)
  22. Hiratsuka Y, Ono K, Takesue A, Sadamatsu Y, Yamada M, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Fukuhara S, Murakami A; The prevalence of uncorrected refractive error in Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study. Jpn J Ophthalmol, 2022 (in press). (IF: 2.447)
  23. Sakanishi Y, Yasuda K, Morita S, Mashimo K, Tamaki K, Sakuma T, Ebihara N: Twenty-four-month results of intravitreal aflibercept for macular edema due to branch retinal vein occlusion. Jpn J Ophthalmol, 2021; 65(1): 63-68. (IF: 2.447)
  24. Mashimo K, Usui-Ouchi A, Ito Y, Wakasa-Arai R, Yokoi N, Kawasaki S, Murakami A, Matsuda A, Ebihara N: Role of oncostatin M in the pathogenesis of vernalkeratoconjunctivitis: focus on tissue remodeling. Jpn J Ophthalmol, 2021; 65(1): 144-153. (IF: 2.447)
  25. Hirakata T, Fujinami K, Saito W, Kanda A, Hirakata A, Ishida S, Murakami A, Tsunoda K, Miyake Y: Acute unilateral inner retinal dysfunction with photophobia: importance of electrodiagnosis. Jpn J Ophthalmol, 2021; 65(1): 42-53. (IF: 2.447)
  26. Sadamatsu Y, Ono K, Hiratsuka Y, Takesue A, Tano T, Yamada M, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Fukuhara S, Murakami A: Prevalence and factors associated with uncorrected presbyopia in a rural population of Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study. Jpn J Ophthalmol, 2021 Sep; 65(5): 724-730. (IF: 2.447)
  27. Tamura H, Akune Y, Hiratsuka Y, Kawasaki R, Kido A, Miyake M, Goto R, Yamada M: Real-world effectiveness of screening programs for age-related macular degeneration: amended Japanese specific health checkups and augmented screening programs with OCT or AI. Jpn J Ophthalmol, (in press) . (IF: 2.447)
  28. Eguchi A, Inomata T, Nakamura M, Nagino K, Iwagami M, Sung J, Midorikawa-Inomata A, Okumura Y, Fujio K, Fujimoto K, Miura M, Akasaki Y, Shokirova H, Hirosawa K, Kuwahara M, Zhu J, Dana R, Murakami A, Kobayashi H: Heterogeneity of eye drop use among symptomatic dry eye individuals in Japan: large-scale crowdsourced research using DryEyeRhythm application. Jpn J Ophthalmology, 2021; 65(2): 271-281. (IF: 2.447)
  29. Takai Y, Sakanishi Y, Okamoto M, Ebihara N: Sympathetic ophthalmia after 27-G pars plana vitrectomy. BMC Ophthalmol, 2021 May 2; 21(1): 195. doi: 10.1186/s12886- 021-01961-z. (IF: 2.209)
  30. Ono K, Sakemi F, Marumoto T: Intraocular pressure-lowering effects of ripasudil, a rho-kinase inhibitor, and selective laser trabeculoplasty as adjuvant therapy in patients with uncontrolled glaucoma. Int Ophthalmol, 2021; (41): 605-611. (IF: 2.031)
  31. Watanabe S, Hamanaka T, Sakurai T, Kobayashi K, Ishida N, Ebihara N: Evaluation of the outcome of long-tube shunt implant surgery in uveitic glaucoma patients by analyzing the background of uveitis. Int Ophthalmol, 2021; 41(2): 509-517. (IF: 2.031)
  32. Shigeyasu C, Yamada M, Fukuda M, Koh S, Suzuki T, Toshida H, Oie Y, Nejima R, Eguchi H, Kawasaki R, Nishida K; Research Group of Severe Contact Lens- associated Ocular Complications. Severe Ocular Complications Associated With Wearing of Contact Lens in Japan. Eye Contact Lens. (in press) . (IF: 2.018)
  33. Umeya R, Yoshida Y, Ono K: Impact of retinal vein occlusion on cardiovascular events in elderly Japanese patients. Medicine (Baltimore), 2021 Dec 30; 100(52): e28424. (IF: 1.889)
  34. Umeya U, Ono K, Kasuga T: Visual acuity after intravitreal ranibizumab with and without laseddr therapy in the treatment of macular edema due to branch retinal vein occlusion: a 12-month retrospective analysis. Int J Ophthalmol, 2021; 14(10): 1565-1570. (IF: 1.779)
  35. Fujimoto K, Uchida K, Yin E, Zhu J, Kojima Y, Uchiyama M, Yamamoto Y, Bashuda H, Matsumoto R, Tokushige K, Harada M, Inomata T, Kitaura J, Murakami A, Okumura K, Takeda K. Analysis of therapeutic potential of monocytic myeloid-derived suppressor cells in cardiac allotransplantation. Transpl Immunol, 2021; 67: 101405. (IF: 1.708)
  36. Yoshida Y, Ono K, Tano T, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A: Corneal eccentricity in a rural japanese population: the locomotive syndrome and health outcome in aizu cohort study (LOHAS). Ophthalmic Epidemiol, 2021 Published online Aug 24; 1-6. (IF: 1.648)
  37. Hiratsuka Y, Michihata N, Jo T, Matsui H, Inoue A, Murakami A, Fushimi K, Yasunaga H: Improvement in activities of daily living after cataract surgery in the very old. Annals of Clinical Epidemiology, 2021; 3(4): 1-7.
  38. Widjaja SA, Hiratsuka Y, Ono K, Yustiarini I, Nurwasis N, Murakami A: Ocular trauma trends in indonesia: poor initial uncorrected visual acuity associated with mechanism of injury. Open Access Maced J Med Sci, 2021 Aug 29; 9(B): 903-908.
【原著和文】
  1. 松田彰, 朝岡聖子, 春日俊光, 浅田洋輔, 林 雄介: アーメド緑内障バルブの毛様溝挿入時の前房出血. 眼科手術 (印刷中)
  2. 猪俣武範: 花粉症の多様な症状の層別化〜患者・市民参画を取り入れたスマホアプリを用いたクラウド型大規模横断観察研究. Allos ergon, 2021; 1(3): 347-355.
  3. 杉田丈夫, 土至田 宏, 朝岡聖子, 市川浩平, 林 雄介, 松崎有修, 平井麻紀, 太田俊彦: 角膜擦過物の検鏡が治療効果判定に役立った真菌性角膜潰瘍の1例. 臨眼,2021; 75(8):1111-1116.
  4. 安田向壱, 坂西良仁, 眞下圭太郎, 海老原伸行: 27G硝子体白内障同時手術におけるBarrett Universal II式の屈折誤差についての検討. 眼科, 2021; 63(1): 69-74.
  5. 深瀬紗綾, 海老原伸行:多発血管炎性肉芽腫症に合併した角膜周辺部潰瘍に対する結膜肉芽腫切除の有効性. 臨眼, 2021; 75(7): 904-911.
  6. 藤尾健太, 猪俣武範, 中村正裕, 岩上将夫, 海老原伸行, 中村真浩, 藤澤空見子, 武藤香織, 岡野光博, 奥村雄一, 井手拓磨, 野尻宗子, 赤崎安序, 長尾雅史, 藤本啓一, 村上晶: 患者・市民参画を取り入れた花粉症用スマートフォンアプリケーション”アレルサーチ”による双方向性研究実現に向けた研究. 臨眼, 2021; 75(10): 1328-1337.
  7. 井上賢治, 平塚義宗, 加藤聡, 小野眞史, 久米川浩一, 齋藤雄太, 崎元暢, 篠崎和美, 須賀 洸希, 野田知子, 野田実香, 平形明人, 堀裕一, 溝田淳, 吉見裕美子, 前田利根, 福田敏雅, 福下公子, 東京都眼科医会.東京版スマートサイト「東京都ロービジョンケアネットワーク」の2年間の運用実績. 眼臨紀, 2021; 14(2): 82-87.
  8. 田中桂子, 平塚義宗: 視覚障害リハビリテーション研究発表大会 IN 神戸 スマートサイトサミットの結果から. 視覚リハビリテーション研究, 2021; 10: 9-14.
  9. 福島敦樹, 海老原伸行, 宮崎 大, 岸本弘嗣, 山東一孔, 椎 大介, 堀 清貴: 季節性アレルギー性結膜炎患者における1日2回の抗ヒスタミン点眼薬の使用状況、自覚症状およびQOLへの影響. アレルギーの臨床, 2021; 41(8): 691-700.
  10. 光畑みずほ, 井上賢治, 阿部竜三郎, 海老原伸行:樹氷状網膜血管炎の2症例. 臨眼, 2021; 75(8): 1051-1060.
  11. 高井康行, 坂西良仁, 久米泰治, 井上賢治, 海老原伸行: うっ血乳頭の原因として脳静脈洞血栓症との鑑別を要した特発性頭蓋内圧亢進症の 2 例. 眼科, 2021; 63(11): 1091-1096.
【総説】
  1. Hiratsuka Y: Visual Impairment as a Public Health Problem in 2021. Juntendo Medical Journal, 2021; 67: 287-289.
  2. Inomata T, Sung J, Nakamura M, Iwagami M, Okumura Y, Fujio K, Akasaki Y, Fujimoto K, Yanagawa AI, Midorikawa-Inomata A, Nagino K, Eguchi A, Shokirova H, Zhu J, Miura M, Kuwahara M, Hirosawa K, Huang T, Morooka Y, Murakami A: Cross-hierarchical Integrative Research Network for Heterogenetic Eye Disease Toward P4 Medicine: A Narrative Review. Juntendo Medical Journal. 2021;advpub.
  3. Rhee J, Chan TC, Chow SS, Di Zazzo A, Inomata T, Shih KC, Tong L: A Systematic Review on the Association Between Tear Film Metrics and Higher Order Aberrations in Dry Eye Disease and Treatment. Ophthalmol Ther, (in press)
  4. Grasso A, Di Zazzo A, Giannaccare G, Sung J, Inomata T, Shih KC, Micera A, Gaudenzi D, Spelta S, Romeo MA, Orsaria P, Coassin M, Altomare V. Sex Hormones Related Ocular Dryness in Breast Cancer Women. J Clin Med, 2021; 10(12): 2620
  5. Tomita Y, Usui-Ouchi A, Nilsson AK, Yang J, Ko M, Hellström A, Fu Z:Metabolism in Retinopathy of Prematurity. Life(Basel), 2021 Oct 21; 11(11): 1119. doi: 10.3390/ life11111119.
  6. 村上晶, 藤巻拓郎, 舟木俊成, 山口昌大, 川村雄一, 藤木慶子, 岩田文乃, 平形寿彬, 平塚 義宗, 土至田宏,小野 浩一, 中谷 智, 太田 俊彦, 猪俣 武範, 松田 彰, 海老原伸行, 横山 利幸, 早川むつ子: 眼科遺伝学― 分子遺伝学と難治性眼疾患治療への展開―. 日眼会誌, 2021; 125(3) 210-229.
  7. 村上晶: 【眼科診療ガイドラインの活用法】オルソケラトロジーガイドラインについて. OCULISTA, 2021; 96: 48-51
  8. 太田俊彦: コンサルテーションコーナー エキスパートに聞く「回答1」 . IOL&RS,2021; 35(3): 155-156
  9. 海老原伸行: 重症アレルギー性結膜疾患の薬物療法の現状と課題. 眼薬理, 2021; 35(1): 7-23.
  10. 海老原伸行: アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン. 日眼会誌, 2021; 125(8): 741-785.
  11. 海老原伸行: 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 アレルギー性結膜疾患. 日本医事新報, 2021; 5070: 45-47.
  12. 海老原伸行: アレルギー用語解説シリーズ 前房内免疫偏位(ACAID; anterior chamber associated immune deviation). アレルギー, 2021; 70(1): 48-49.
  13. 海老原伸行: 【最新の花粉症診療】最新の花粉症診療 花粉症治療の薬剤 点眼薬 花粉性結膜炎の点眼治療の現状と問題点. 診断と治療 , 2021; 109(2): 203-207.
  14. 海老原伸行: 我が国における免疫抑制薬点眼液による重症アレルギー性結膜疾患の治療. アレルギー, 2021; 70(8); 942-947.
  15. 海老原伸行: 春季カタル病態形成における肥満細胞の動態. 臨床免疫・アレルギー科, 2021; 76(2): 147-152.
  16. 海老原伸行: 病診連携にもとづく疾患別眼科診療ガイドーアレルギー性結膜炎・春季カタル・アトピー性角結膜炎. 臨眼, 2021; 75(11): 23-27
  17. 平塚義宗: 世界の失明はどうなっているのか 2018 updates. 日本眼科学会専門医制度 生涯教育講座「総説」合本(平成30年〜令和2年), 2021: 29-37.
  18. 平塚義宗, 山田昌和, 辻川明孝: アイフレイル〜目の健康寿命をのばそう. アイフレイルとは. 日本の眼科, 2021: 92(9); 1099-1102.
  19. 平塚義宗: スマートサイトの活用. 日本の眼科, 2021,; 92(8付録); 7-10.
  20. 土至田 宏: 患者さんのデータ&話から導け!点眼薬クイズ(第5回) 角膜・ドライアイの点眼薬. 眼科ケア, 2021(3): 177,264-267
  21. 土至田宏: 【オルソケラトロジーアップデート】OKの度数・レンズ変更の判断といつまで使用を推奨するか. IOL & RS, 2021; 35(1): 53-60
  22. 土至田 宏: 【老視治療アップデート】コンタクトレンズによる老視矯正. IOL&RS, 2021; 35(2):193-203.
  23. 土至田宏: コンタクトレンズ用語集(第34回) プリズムバラスト. 日コレ誌,2021; 63(2): 72
  24. 土至田宏: 【最新主要文献でみる眼科学レビュー2021-'22】視機能 眼鏡・コンタクトレンズ. 眼科学レビュー,2021; 2021- '22巻: 253-259
  25. 土至田宏: コンタクトレンズ用語集(第35回) ダブルスラブオフ. 日コレ誌, 2021; 63(3): 137
  26. 土至田宏: 進化するコンタクトレンズアラカルト. Ophthalmology Update, 2021年10月号: 7-9
  27. 松田 彰: アレルギー性角結膜炎の病態と遺伝的素因. 臨床免疫・アレルギー科, 2021; 76(2); 165-169.
  28. 松田 彰: アトピー緑内障とステロイド緑内障. アレルギーの臨床, 2021; 41(8): 675-678.
  29. 松田 彰: 毛様溝・前房から挿入するアーメド緑内障バルブ. OCULISTA, 2021; 94: 41-47.
  30. 松田 彰: 【薬剤の温故知新】免疫抑制点眼薬. あたらしい眼科, 2021; 38(11): 1269-1274
  31. 神部友香: 斜視.小児科診療, 2021; 84巻増刊号: 174-177.
  32. 神部友香: 乳幼児健診実践ガイド 眼科. 小児科診療, 2021; 84(5): 669-674.
  33. 神部友香: 解剖学から理解する外眼筋の働きと運動生理. Monthly Book OCULISTA, 2021;99: 1-7
  34. 神部友香:周産期医学必修知識第9版 眼疾患、周産期医学、2021;51(Suppl):938-939
  35. 猪俣武範: Society5.0時代の医療. Journal of Internet of Medical Things, 2021; 4(1): 4-7.
  36. 猪俣武範: モバイルヘルスアプリを利用した花粉症に対するP4 Medicineに基づくヒト中心のユビキタス医療の実現. アレルギーの臨床, 2021; 41(8): 717-722.
  37. 猪俣武範: ドライアイ用スマホアプリによる新しい医療ビッグデータの収集 P4 Medicineの実現に向けて. Medicina, 2021; 58(6): 850-854.
  38. 猪俣武範: モバイルヘルスから収集した医療ビッグデータを用いたデータ駆動型解析によるドライアイに対するP4 Medicineの実現. 日本の眼科, 2021; 92(1): 60-61.
  39. 猪俣武範: 患者の主観的な指標に基づく多様なドライアイ症状の定量化による予測・予防・個別化医療の実現. 日本の眼科, 2021; 92(2): 141-142.
  40. 猪俣武範: スマホアプリを用いたドライアイ未診断者の特徴の解明. Frontiers in Dry Eye. 2021; 16(1): 30-31.
  41. 大内亜由美,海老原伸行: 感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 白内障. 薬局, 2021; 71(4): 1617-1619.
  42. 大内亜由美,海老原伸行: 感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 網膜色素変性症. 薬局, 2021; 71(4): 1623.
  43. 市川浩平, 松崎有修, 太田俊彦: 手術器具 エイエフ-1 iMics 1(MP70). IOL&RS,2021; 35(1):133-140
  44. 市川浩平,太田俊彦: 【この症例このまま診ていい大丈夫? 病診連携に基づく疾患別眼科診療ガイド】 眼内レンズ偏位・落下. 臨眼,2021; 75(11) 増刊号: 153-158
  45. 藤尾謙太, 猪俣武範, 中村正裕, 岩上将夫, 海老原伸行, 中村真浩, 藤澤空見子, 武藤香織, 岡野光博, 奥村雄一, 井出拓磨, 野 宗子, 赤崎安序, 長尾雅史, 藤本啓一, 村上 晶; 患者・市民参画を取り入れた花粉症用スマートフォンアプリケーション"アレルサーチ"による双方向性研究実現に向けた基盤研究. 臨眼, 2021; 75(10): 1328-1338.
  46. 宇野敏彦,江口洋,鈴木崇,土至田宏: Back to the future:コンタクトレンズ関連角膜感染症/CLバトルロイヤル スペシャル, 2021年06月; 63(2): 41-48
【著書】
  1. Matsuda A, Hirakata T, Asada Y, Nakae S: Experimental Mouse Models of Ragweed- and Papain-Induced Allergic Conjunctivitis. Methods Mol Biol. 2021; 2223: 133-149.
  2. 太田俊彦: 白内障,眼科疾患. 今日の治療指針 私はこう治療している 2021,医学書院,2021.01,1570-1571
  3. 海老原伸行: 今日の治療指針 2022,医学書院,アレルギー性結膜疾患: 1551-1553.
  4. 海老原伸行: 眼科疾患最新の治療 2022-2024,南江堂,アレルギー性結膜炎: 96-97.
  5. 平塚義宗: 失明予防とパブリックヘルス. 眼科学レビュー21-’22, 総合医学社, 2021.
  6. 土至田宏: 視機能 眼鏡・コンタクトレンズ. 最新主要文献でみる眼科学レビュー2021-'22,総合医学社,2021,253-259
  7. 土至田宏,前田直之: コンタクトレンズの医学的側面. コンタクトレンズ販売営業所管理者講習会テキスト,財団法人医療機器センター,2021.05, 1-24
  8. 梅屋玲子: 超高齢者への眼科診療―傾向と対策― 高齢眼科受診者の特徴と健康寿命. 小野浩一編, Monthly Book OCULISTA, 2021; 101: 1-8.
  9. 工藤大介: 眼科鑑別診断実力アップQ&A, 「屈折値の急で大きな変化」.山田昌和, 平塚義宗 編: 2021年2月, 南江堂, 107-109, ISBN:978-4-524-24961-9.
  10. 工藤大介: 整形外科医のためのスポーツ医学概論 「眼科のメディカルチェック」. 松本秀男 専門編集, 2021年10月,
  11. 猪俣武範(IoMT学会編集委員会): Journal of IoMT, メディカルビュー社, 4(1): 165-167, ISBN:978-4-521-74901-3.
  12. 猪俣武範 (分担執筆): 一般社団法人日本医療戦略研究センター(J-SMARC). 戦略的医療マネジメント―VUCA時代を乗り切るMBA視点: 中外医学社; 2021.
  13. 坂西良仁: 小児の斜視・弱視. 眼科ケア, 2021; 423(5): 15-19.
  14. 平形寿彬, 猿田享男, 北村惣一郎(監修): 私の治療[2021-22年度版]. 2021, 日本医事新報社. 眼科疾患, [夜盲症],1233-1244.
  15. 山田昌和, 平塚義宗: 眼科鑑別診断実力アップ Q&A 南光堂, 2021.
【その他(広報活動含む)】
  1. 村上 晶, 工藤大介: スポーツ競技時の剣道選手の視覚機能を評価する最適な方法を明らかに〜 競技種目にあわせた視機能評価法と視覚トレーニング法の確立へ. 順天堂大学プレスリリース 大学・大学院 2021.2.9
  2. 海老原伸行: 目薬は子どもに合ったものを使いましょう. 日本経済新聞, 2021/12/6, 朝刊17面
  3. 海老原伸行: 目の痒みとIL-31. アレルギーの臨床(巻頭書),2021; 655
  4. 海老原伸行: 日本眼科アレルギー学会理事長就任挨拶. 日本眼科アレルギー学会, 2021, 令和2年度年次報告書: 2
  5. 海老原伸行: 第5回日本アレルギー学会関東地方会を開催して. 日本眼科アレルギー学会, 2021, 令和2年度年次報告書: 15
  6. 海老原伸行: 人との出会いを大切にー人生を左右することもー. 銀海,2021; 257(10)
  7. 平塚義宗, 阿久根陽子, 山田昌和: 白内障に関する成人眼科検診の費用対効果. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和2年度分担研究報告書: 2021
  8. 平塚義宗: Functional Vision Scoreに関する研究についての文献的考察. 厚生労働行政推進調査事業費補助金障害者政策総合研究事業「視機能障害認定のあり方に関する研究」(研究代表者:山本修一H30-感覚器−指定-001)令和2年度分担研究報告書: 2021
  9. 平塚義宗: クイック・ロービジョンケアあの手この手. 眼科ケア, 2021: 23: 5.
  10. 平塚義宗: 眼科組み合わせ高い受診率 緑内障の早期発見も 自治体の特定健診を分析.  2021年3月28日, 千葉新聞
  11. 平塚義宗: 早期発見で失明防ぐ 眼科検診あると受診率増. 2021年3月29日, 沖縄タイムズ
  12. 平塚義宗: 伸び悩む自治体のメタボ健診 眼科検診併用受診率アップ 2021年3月29日 神戸新聞
  13. 平塚義宗: 眼科検診あると高い受診率 自治体の特定健診を分析. 2021年4月1日, 日本海新聞
  14. 平塚義宗: 眼科検診を併用 受診率がアップ. 2021年4月3日, 秋田さきがけ
  15. 平塚義宗: 特定健診と眼科検診セット 受診率向上に効果的 緑内障早期発見にも一役. 2021年4月6日, 下野新聞
  16. 平塚義宗: 特定健診 「眼科」追加で受診率アップ 緑内障早期発見も期待. 2021年4月6日, 静岡新聞
  17. 平塚義宗: 眼科検診あると高受診率 自治体の特定健診. 2021年4月7日, 東京新聞
  18. 平塚義宗: 自治体特定健診 眼科併用で受診率高く 緑内障の早期発見も. 2021年4月7日, 徳島新聞
  19. 平塚義宗: 特定健診+眼科検診=高受診率 初期の緑内障早期発見も. 2021年4月9日, 高知新聞
  20. 平塚義宗: 特定健診 眼科検診併用で受診率向上. 2021年4月9日, 熊本日日新聞
  21. 平塚義宗: 眼科検診併用で高受診率. 2021年4月11日, 長崎新聞
  22. 平塚義宗: 眼科検診あると高い受診率 自治体の特定健診を分析. 2021年4月14日, 埼玉新聞
  23. 平塚義宗: メタボ健診+眼科で受診増. 2021年4月14日, 中国新聞
  24. 平塚義宗: 特定健診 眼科あれば高い受診率 緑内障早期発見も. 2021年4月17日, 山陰新聞
  25. 平塚義宗: 眼科検診併用受診率アップ 「専門機関の精密検査」なら7.4%↑. 2021年4月26日 , 愛媛新聞
  26. 平塚義宗: 自治体の特定健診受診率 眼科検診併用でアップ. 2021年4月27日, 山陰中央新報
  27. 平塚義宗: 眼科検診併用で特定健診受診増. 2021年4月28日, 琉球新報
  28. 平塚義宗: アイフレイル 目の衰え早期治療で改善. 2021年12月4日, 読売新聞
  29. 平塚義宗: 「アイフレイル」に注意 加齢で衰え、検診呼びかけ. 2021年11月4日, 山口新聞
  30. 平塚義宗: 加齢による「アイフレイル」に注意 学会などが目の検診呼びかけ. 2021年11月4日, 北羽新報
  31. 平塚義宗: 加齢による目の不調「アイフレイルかも」. 2021年11月5日, 河北新報
  32. 平塚義宗: 加齢で目の不調用心 専門家、疾患恐れ、早期検査を. 2021年11月30日, 福井新聞
  33. 平塚義宗: 「スマートサイト」全都道府県に. 毎日新聞社点字毎日, 2021年11月11日
  34. 土至田宏: TODAY’S FOCUS「子どものコンタクト使用に関するトラブル増加中!」. Japan FM Network, Oh! Happy Morning.2021.1.20.放送
  35. 土至田宏: 眼科領域の救急. 静岡県消防学校,2021.2.15.
  36. 土至田宏: 乱視眼に対する老視矯正,日本眼科学会雑誌 125巻臨増,113,2021.03
  37. 土至田宏: 医療ルネサンス No.7549 「コンタクトレンズ. 4傷ついた角膜を治療」. 読売新聞朝刊,  2021.6.21号, 21 
  38. 土至田宏: 大手小町「コンタクトレンズの度数に限界は?コロナで急速に進む視力低下3つの対 策」. 読売新聞サイト, 2021.7.21.配信開始
  39. 土至田宏: 「アレルギー性結膜疾患患者に適するCL装用法」. メディカルトリビューン社サイト
  40. 土至田宏: 第63回日本コンタクトレンズ学会総会ランチョンセミナー14レポート「ついに登場!抗 アレルギー薬含有コンタクトレンズ」ジョンソンエンドジョンソン・セミナーレポート.2021年冬,2-4
  41. 猪俣武範: 第43回(令和2年度)順天堂大学医学部同窓会学術奨励賞 抄録. 茶崖, 2021; 182, 47.
  42. 猪俣武範: 近況報告〜アジア1位の医学部を目指して〜. 眼科同窓会誌, 2021, 38, 18-25.
  43. 猪俣武範, 藤尾謙太, 村上 晶: コンタクトレンズの適正使用と管理ができるスマートフォンアプリ「コンタクトダイアリー」のiOS版をリリース. プレスリリース, 順天堂大学, 2021.2.25.
  44. 猪俣武範, 村上 晶: 世界初!花粉症予防アプリ「アレルサーチ」でデジタル通貨による研究協力の謝礼金支払いシステムを導入〜 アレルサーチの研究参加で選べる電子マネーギフトのプレゼント〜. プレスリリース, 順天堂大学, 2021.3.1.
  45. 猪俣武範, 藤尾謙太, 村上 晶: 本邦初!大学医学部発のコンタクトレンズアプリ「コンタクトダイアリー」iOS版に続いてAndroid版をリリース〜あなたのスマートフォンを通じて、大学の研究に貢献してみませんか?〜. プレスリリース, 順天堂大学, 2021.5.24.
  46. 猪俣武範, 村上 晶: 花粉症の多様な症状を層別化する手法を開発〜 スマートフォンアプリ「アレルサーチ?」を用いたビッグデータ解析 〜. プレスリリース, 順天堂大学, 2021.10.4.
  47. 猪俣武範: 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」. 医療監修, 2021.12.3.
  48. 猪俣武範: 日本テレビ「news every.」. 取材協力, 2021.3.10.
  49. 猪俣武範: TBS「日曜版Nスタ内 天気コーナー Sunトピ. 取材協力. 2021.2.28.
  50. 猪俣武範: 季刊誌『NHKガッテン!』2021春号. 取材協力. 2021.3.16.
  51. 平形寿彬: ミニレクチャー: 加齢黄斑変性(治療).Tokyo Eye Festival 2021年10月10日(日)〜10月11日(月).
  52. 黒田浩平, 土至田 宏, 廣澤邦彦, 市川浩平, 林 雄介, 杉田丈夫, 松崎有修, 平井麻紀, 太田俊彦: ドライアイ重症例に対する涙小管焼灼と涙点縫合の併用による観血的涙点閉鎖術. 眼臨紀, 2021; 14(6): 391
  53. 横山徹爾, 平塚義宗, 山田昌和: 特定健診の見直しによる眼底検査の動向. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和2年度分担研究報告書: 2021
  54. 高野繁, 平塚義宗, 横山徹爾, 山田昌和: 特定健診と成人眼科検診に関する小冊子の作成. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和2年度総括研究報告書: 2021
  55. 後藤励, 阿久根陽子, 平塚義宗, 山田昌和: 成人を対象とした眼科検診の総合的な医療経済学的評価. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和 19FA1010)令和2年度分担研究報告書: 2021
  56. 山田昌和, 平塚義宗, 川崎良, 横山徹爾, 田村寛, 中野匡, 高野繁, 後藤励: 成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者: 山田昌和19FA1010)令和元年-令和2年度総合研究報告書: 2021
  57. 朱俊, 猪俣武範, 藤本啓一, 内田浩一郎, 藤尾謙太, 梛野健, 三浦真里亜, 根岸直子, 奥村雄一, 赤崎安序, 廣澤邦彦, 桑原瑞, 江口敦子, Shokirova H, 柳川愛, 猪俣明恵, 村上 晶: 体外培養した骨髄由来免疫抑制細胞の角膜移植片に対する拒絶反応抑制効果. 日眼会誌, 2021; 125(12), 1124.
2020年
【原著英文】
  1. Inomata T, Iwagami M, Nakamura M, Shiang T, Fujimoto K, Okumura Y, Iwata N, Fujio K, Hiratsuka Y, Hori S, Tsubota K, Dana R, Murakami A: Association between dry eye and depressive symptoms: Large-scale crowdsourced research using the DryEyeRhythm iPhone application. Ocul Surf. 2020; 18(2): 312-319. doi: 10.1016/j.jtos.2020.02.007, Epub 2020 Feb 27. (IF:12.336)
  2. Usui-Ouchi A, Aguilar E, Murinello S, Prins M, Gantner ML, Wright PE, Berlow RB, Friedlander M:An allosteric peptide inhibitor of HIF-1α regulates hypoxia-induced retinal neovascularization. Proc Natl Acad Sci U S A, 2020;117(45):28297-28306. (IF 9.35)
  3. Suzumura A, Kaneko H, Funahashi Y, Takayama K, Nagaya M, Ito S, Okuno T, Hirakata T, Nonobe N, Kataoka K, Shimizu H, Namba R, Yamada K, Ye F, Ozawa Y, Yokomizo T, Terasaki H. n-3 Fatty Acid and Its Metabolite 18-HEPE Ameliorate Retinal Neuronal Cell Dysfunction by Enhancing Müller BDNF in Diabetic Retinopathy. Diabetes. 2020 Apr;69(4):724-735. (IF: 7.772)
  4. Fukuda K, Ebihara N, Kishimoto T, Fukushima A: Amelioration of conjunctival giant papillae by dupilumab in patients with atopic keratoconjunctivitis. J Allergy Clin Immunol Pract. 2020; 8(3): 1152-1155. doi: 10.1016/j.jaip.2019.10.011, Epub 2019 Oct 31.(IF: 7.574)
  5. Izawa K, Kaitani A, Ando T, Maehara A, Nagamine M, Yamada H, Ando T, Ide T, Matsuzawa M, Okamoto Y, Yin E, Fukase S, Wang H, Kamei A, Uchida S, Maeda K, Nakano N, Uchida K, Tamura N, Ikeda K, Ebihara N, Shimizu T, Voehringer D, Roers A, Ogawa H, Okumura K, Kitaura J: Differential Lipid Recognition by Mouse versus Human CD300f, Inhibiting Passive Cutaneous Anaphylaxis, Depends on a Single Amino Acid Substitution in its Immunoglobulin-Like Domain. J Invest Dermatol. 2020; 140(3):710-713.e3. doi: 10.1016/j.jid.2019.08.439, Epub 2019 Aug 30.(IF: 7.143)
  6. Usui-Ouchi A, Usui Y, Kurihara T, Aguilar E, Dorrell MI, Ideguchi Y, Sakimoto S, Bravo S, Friedlander M:Retinal microglia are critical for subretinal neovascular formation. JCI Insight, 2020;5(12):e137317. (IF: 6.205)
  7. Inomata T, Iwagami M, Nakamura M, Shiang T, Yoshimura Y, Fujimoto K, Okumura Y,Eguchi A, Iwata Nanami, Miura M, Hori S, Hiratsuka Y, Uchino M, Tsubota K, Dana R, Murakami A: Characteristics and Risk Factors Associated With Diagnosed and Undiagnosed Symptomatic Dry Eye Using a Smartphone Application. JAMA Ophthalmol. 2020; 138(1): 58-68. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2019.4815(IF: 6.198)
  8. Inomata T, Nakamura M, Iwagami M, Midorikawa-Inomata A, Sung J, Fujimoto K, Okumura Y, Eguchi A, Iwata N, Miura M, Fujio K, Nagino K, Hori S, Tsubota K, Dana R, Murakami A: Stratification of Individual Symptoms of Contact Lens-Associated Dry Eye Using the iPhone App DryEyeRhythm: Crowdsourced Cross-Sectional Study. J Med Internet Res. 2020; 22(6): e18996. doi: 10.2196/18996(IF: 5.034)
  9. Miyazaki D, Fukagawa K, Okamoto S, Fukushima A, Uchio E, Ebihara N, Shoji J, Namba K, Shimizu Y: Epidemiological aspects of allergic conjunctivitis. Allergol Int, 2020; 69(4): 487-495. doi: 10.1016/j.alit.2020.06.004, Epub 2020 Jul 9.(IF: 4.806)
  10. Hosoda T, Uehara Y, Kasuga T, Naito T. An HIV-infected patient with acute retinal necrosis as immune reconstitution inflammatory syndrome due to varicella-zoster virus.AIDS. 2020, 34(5): 795-796. (IF: 4.534)
  11. Inomata T, Fujimoto K, Okumura Y, Zhu J, Fujio K, Shokirova H, Miura M, Okano M, Funaki T, Sung J, Negishi N, Murakami A: Novel immunotherapeutic effects of topically administered ripasudil (K-115) on corneal allograft survival. Sci Rep. 2020;10(1):19817. doi: 10.1038/ s41598-020-76882-w. (IF: 3.998)
  12. Adachi K, Asada Y, Hirakata T, Onoue M, Iwamoto S, Kasuga T, Matsuda A: Alteration of gene expression in mice after glaucoma filtration surgery, Sci Rep. 2020; 10(1): 15036. doi: 10.1038/s41598-020-72036-0. (IF: 3.998)
  13. Yang L, Fujinami K, Ueno S, Kuniyoshi K, Hayashi T, Kondo M, Mizota A, Naoi N, Shinoda K, Kameya S, Fujinami-Yokokawa Y, Liu X, Arno G, Pontikos N, Kominami T, Terasaki H, Sakuramoto H, Katagiri S, Mizobuchi K, Nakamura N, Mawatari G, Kurihara T, Tsubota K, Miyake Y, Yoshitake K, Iwata T, Tsunoda K; JEGC study group (Murakami A). Genetic Spectrum of EYS-associated Retinal Disease in a Large Japanese Cohort: Identification of Disease-associated Variants with Relatively High Allele Frequency. Sci Rep. 2020; 10(1): 5497. doi: 10.1038/s41598-020-62119-3.(IF: 3.998)
  14. Fujinami-Yokokawa Y, Fujinami K, Kuniyoshi K, Hayashi T, Ueno S, Mizota A, Shinoda K, Arno G, Pontikos N, Yang L, Liu X, Sakuramoto H, Katagiri S, Mizobuchi K, Kominami T, Terasaki H, Nakamura N, Kameya S, Yoshitake K, Miyake Y, Kurihara T, Tsubota K, Miyata H, Iwata T, Tsunoda K; Japan Eye Genetics Consortium (Murakami A).  Clinical and Genetic Characteristics of 18 Patients from 13 Japanese Families with CRX-associated retinal disorder: Identification of Genotype-phenotype Association. Sci Rep. 2020; 10(1): 9531. doi: 10.1038/ s41598-020-65737-z(IF: 3.998)
  15. Hayashi T, Kameya S, Mizobuchi K, Kubota D, Kikuchi S, Yoshitake K, Mizota A, Murakami A, Iwata T, Nakano T: Genetic defects of CHM and visual acuity outcome in 24 choroideremia patients from 16 Japanese families. Sci Rep. 2020; 10(1): 15883. doi: 10.1038/s41598-020-72623-1.(IF: 3.998)
  16. Hirosawa K, Inomata T, Sung J, Nakamura M, Okumura Y, Midorikawa-Inomata A, Miura M, Fujio K, Akasaki Y, Fujimoto K, Zhu J, Eguchi A, Nagino K, Kuwahara M, Shokirova H, Yanagawa A, Murakami A. Diagnostic ability of maximum blink interval together with Japanese version of Ocular Surface Disease Index score for dry eye disease.Sci Rep. 2020; 10(1): 18106. doi: 10.1038/s41598-020-75193-4. (IF: 3.998)
  17. Nojiri S, Itoh H, Kasai T, Fujibayashi K, Saito T, Hiratsuka Y, Okuzawa A, Naito T, Yokoyama K, Daida H: Comorbidity status in hospitalized elderly in Japan: Analysis from National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups. Sci Rep. 2019 Dec 27; 9(1): 20237. doi:10.1038/s41598-019-56534-4. (IF: 3.998)
  18. Hiratsuka Y, Yokoyama T, Yamada M: Higher participation rate for specific health checkups concerning simultaneous ophthalmic checkups. J Epidemiol. 2020 doi: 10.2188/jea.JE20200052. Online ahead of print. (IF: 3.691)
  19. Yoshida Y, Hiratsuka Y, Kawachi I, Murakami A, Kondo K, Aida J: Association between visual status and social participation in older Japanese: The JAGES cross-sectional study. Soc Sci Med. 2020; 253: 12959. doi: 10.1016/j.socscimed.2020.112959. Epub 2020 Apr 1.(IF: 3.616)
  20. Iwagawa T, Aihara Y, Umutoni D, Baba Y, Murakami A, Miyado K, Watanabe S: Cd9 Protects Photoreceptors from Injury and Potentiates Edn2 Expression. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2020; 61(3): 7. doi: 10.1167/iovs.61.3.7.(IF: 3.470)
  21. Igarashi A, Aida J, Yamamoto T, Hiratsuka Y, Kondo K, Osaka K. Associations Between Vision, Hearing, and Tooth Loss and Social Interactions: The JAGES Cross-Sectional Study. J Epidemiol Community Health. 2020 ; jech-2020-214545. (IF: 3.342)
  22. Kawashima M, Yamada M, Shigeyasu C, Suwaki K, Uchino M, Hiratsuka Y, Yokoi N, Tsubota K, For The Decs-J FTD. Association of Systemic Comorbidities with Dry Eye Disease. J Clin Med. 2020; 9(7): 2040. doi: 10.3390/jcm9072040. (IF: 3.303)
  23. Unno H, Arae K, Matsuda A, Ikutani M, Tamari M, Motomura K, Toyama S, Suto H, Okumura K, Matsuda A, Morita H, Sudo K, Saito H, Matsumoto K, Nakae S. Critical role of IL-33, but not IL-25 or TSLP, in silica crystal-mediated exacerbation of allergic airway eosinophilia. Biochem Biophys Res Commun. 2020; 533(3): 493-500. doi: 10.1016/j.bbrc.2020.09.046. Epub 2020 Sep 22.(IF: 2.985)
  24. Nishiguchi KM, Kunikata H, Fujita K, Hashimoto K, Koyanagi Y, Akiyama M, Ikeda Y, Momozawa Y, Sonoda KH, Murakami A, Wada Y, Nakazawa T: Association of CRX genotypes and retinal phenotypes confounded by variable expressivity and electronegative electroretinogram. Clin Exp Ophthalmol. 2020; 48(5): 644-657. doi: 10.1111/ceo.13743, Epub 2020 Mar 17.(IF: 2.832)
  25. Fujimoto K, Inomata T, Okumura Y, Iwata N, Fujio K, Eguchi A, Nagino K, Shokirova H, Karasawa M, Murakami A: Comparison of corneal thickness in patients with dry eye disease using the Pentacam rotating Scheimpflug camera and anterior segment optical coherence tomography. PLoS One. 2020; 15(2): e0228567. doi: 10.1371/journal.pone.0228567, eCollection 2020.(IF: 2.740)
  26. Sakanishi Y, Tamaki K, Mashimo K, Sakuma T, Ebihara N:Relationship between recurrence of macular edema due to branch retinal vein occlusion and changes in choroidal thickness. Ophthalmic Res. 2020 Oct 16. doi: 10.1159/000512357. Online ahead of print.(IF: 2.624)
  27. Inomata T, Nakamura M, Iwagami M, Midorikawa-Inomata A, Okumura Y, Fujimoto K, Iwata N, Eguchi A, Shokirova H, Miura M, Fujio K, Nagino K, Nojiri S, Murakami A: Comparing the Japanese Version of the Ocular Surface Disease Index and Dry Eye-Related Quality-of-Life Score for Dry Eye Symptom Assessment. Diagnostics(Basel). 2020; 10(4): 203. doi:  10.3390/diagnostics 10040203. (IF: 2.489)
  28. Shigeyasu C, Yamada M, Yokoi N, Kawashima M, Suwaki K, Uchino M, Hiratsuka Y, Tsubota K. Characteristics and Utility of Fluorescein Breakup Patterns among Dry Eyes in Clinic-Based Settings. Diagnostics(Basel). 2020; 10(9): 711. doi: 10.3390/diagnostics10090711. (IF: 2.489)
  29. Inomata T, Sung J, Nakamura M, Iwagami M, Okumura Y, Iwata N, Midorikawa- Inomata A, Fujimoto K, Eguchi A, Nagino K, Fujio K, Miura M, Shokirova H, Murakami A: Using Medical Big Data to Develop Personalized Medicine for Dry Eye Disease. Cornea. 2020 Oct 13. doi: 10. 1097/ICO.0000000000002500. Epub ahead of print. PMID: 33055549. (IF: 2.215)
  30. Kasuga T, Asaoka S, Asada Y, Iwamoto S, Hirakata T, Honda R, Ohta T, Matsuda A: Proline-assisted Tube Insertion Through Sulcus in Ahmed Valve. J Glaucoma. 2020; 29(9): E106-E107. doi: 10.1097/IJG.0000000000001602. (IF: 1.992)
  31. Asaoka S, Kasuga T, Matsunaga T, Hayashi Y, Asada Y, Iwamoto S, Hirakata T, Honda R, Obazawa H, Sasaki H, Ohta T, Matsuda A. Operative complications of glaucoma drainage implant tube insertion through the sulcus for pseudophakic eye. J Glaucoma, in press. (IF: 1.992)
  32. Kabashima K, Murakami A, Ebihara N: Effects of Benzalkonium Chloride and Preservative-Free Composition on the Corneal Epithelium Cells. J Ocul Pharmacol Ther. 2020; 36(9): 672-678. doi: 10.1089/jop.2019.0165, Online ahead of print.(IF: 1.925)
  33. Tamaki Y, Hiratsuka Y, Kumakawa T: Risk factors for dementia incidence based on previous results of the Specific Health Checkups in Japan. Healthcare. 2020; 8(4): 491. doi: 10.3390/ healthcare 8040491. (IF: 1.916)
  34. Sakanishi Y, Yasuda K, Morita S, Mashimo K, Tamaki K, Sakuma T, Ebihara N:Twenty-four-month results of intravitreal aflibercept for macular edema due to branch retinal vein occlusion. Jpn J Ophthalmol. 2020 Nov 12. doi: 10.1007/s10384-020-00785-6. Online ahead of print. (IF: 1.725)
  35. Hirakata T, Fujinami K, Saito W, Kanda A, Hirakata A, Ishida S, Murakami A, Tsunoda K, Miyake Y. Acute unilateral inner retinal dysfunction with photophobia: importance of electrodiagnosis. Jpn J Ophthalmol. 2020 Nov. (IF: 1.725)
  36. Mashimo K, Usui-Ouchi A, Ito Y, Wakasa-Arai R, Yokoi N, Kawasaki S, Murakami A, Matsuda A, Ebihara N. Role of Oncostatin M in the Pathogenesis of Vernal Keratoconjunctivitis: Focus on tissue remodeling. Jpn J Ophthalmol. in press (IF: 1.725)
  37. Eguchi A, Inomata T, Nakamura M, Ken Nagino K, Iwagami M, Sung J, Midorikawa-Inomata A, Okumura Y, Fujio K, Fujimoto K, Miura M, Akasaki Y, Shokirova H, Hirosawa K, Kuwahara M, Jun Zhu J, Dana R, Murakami A, and Kobayashi H. Heterogeneity of Eye Drop Use among Symptomatic Dry Eye Individuals in Japan: Large-scale Crowdsourced Research Using DryEyeRhythm Application. Jpn J Ophthalmol, 2020, in press. (IF: 1.725)
  38. Miyazaki D, Shimizu D, Fukushima A, Ebihara N, Uchio E, Shoji J, Namba K, Inoue Y, Ohashi Y, Okamoto S, Takamura E, Fujishima H:Reduced steroid-induced intraocular pressure elevation in tacrolimus-treated refractory allergic ocular disease. Jpn J Ophthalmol, 2020;64(6):568-576. (IF: 1.725)
  39. Matsuzawa M, Sakanishi Y, Ebihara N: Seasonal variation in the occurrence of retinal vein occlusion: a 4-year cross-sectional study. BMC Ophthalmol. 2020; 20(1): 265. doi: 10.1186/s12886-020-01534-6. (IF: 1.413)
  40. Koiwa C, Nakatani S, Inomata T, Yamaguchi M, Iwamoto S, Murakami A: Multiple excimer laser phototherapeutic keratectomies for Avellino corneal dystrophy: a case report. Int J Ophthalmol. 2020 ;13(5): 841-844. doi: 10.18240/ijo.2020.05.22, eCollection 2020. (IF: 1.330)
  41. Ono K, Sakemi F, Marumoto T: Intraocular pressure-lowering effects of ripasudil, a rho-kinase inhibitor, and selective laser trabeculoplasty as adjuvant therapy in patients with uncontrolled glaucoma. Int Ophthalmol. 2020 Oct20: doi: 10.1007/s10792-020-01615-x.(IF: 1.314)
  42. Toshida H: Topographical Central Island-Like Pattern After 24 Hrs of Continuous  Intraocular Pressure Monitoring with a Contact Lens Sensor., Int Med Case Rep. 2020; 13: 19-26. doi: 10.2147/IMCRJ.S232659. eCollection 2020.
  43. Watanabe S, Hamanaka T, Sakurai T, Kobayashi K, Ishida N, Ebihara N:Evaluation of the outcome of long-tube shunt implant surgery in uveitic glaucoma patients by analyzing the background of uveitis. Int Ophthalmol. 2020 Oct 14. doi: 10.1007/s10792-020-01601-3. Online ahead of print.
【原著和文】
  1. 平塚義宗:スマートサイトモデルの全国展開に向けて. 日本ロービジョン学会誌. 2020: 19: 40-43
  2. 土至田 宏, 松崎有修, 東 千晶, 反田蓉子, 朝岡聖子, 市川浩平, 林 雄介, 杉田丈夫, 太田俊彦: 過去3年間に入院を要した角膜潰瘍例の検討. 臨眼. 2020; 74(7): 887-891.
  3. 市川浩平, 太田俊彦, 朝岡聖子, 林 雄介, 松崎有修, 土至田 宏: 新しい眼内レンズiMics1(MP70)の術後早期成績. 臨眼. 2020; 74(6): 713-720.
  4. 岡本昌大, 坂西良仁, 渡邉 慧, 海老原伸行: 高眼圧を呈し前房水PCR施行後にサイトメガロウイルス角膜内皮炎・毛様体炎と診断し線維柱帯切除後、良好な眼圧コントロールを得た2症例. 眼臨紀. 2020, 13(3): 157-162.
  5. 足立啓介, 根岸貴志, 村上晶: 外斜視を主訴に眼科受診して判明した甲状腺機能異常の検討. 眼臨紀. 2020; 13(2): 116-119
  6. 眞弓京、浅田洋輔、横山利幸. マントル細胞リンパ腫の化学療法治療中に眼窩内転移により圧迫性視神経症をきたした1例. 神経眼科. 2020, 37(3): 311-316.
  7. 小岩千尋, 海老原伸行, 原貴恵子, 村上 晶: 眼科受診を契機に確定診断に至った再発性多発軟骨炎の1例. 眼科. 2020; 62(3): 291-296.
  8. 足立 啓介, 根岸 貴志, 村上 晶. 外斜視を主訴に眼科受診して判明した甲状腺機能異常の検討. 眼臨紀. 2020; 13(2): 116-119
  9. 野地悠太, 山口昌大, 中谷 智, 舟木俊成, 松田 彰, 村上 晶: 20年以上経過観察できた膠様滴状角膜ジストロフィの6症例. 臨眼. 2020; 74(8): 971-976.
  10. 二宮以信, 渡邉慧, 深瀬沙綾, 岡本昌大, 岡本祥正, 牧田侑子, 高原久嗣, 林野久樹, 海老原伸行: 血液透析中に両眼の眼圧上昇をきたした眼内レンズ縫着後眼の1症例. 臨眼. 2020; 73(10): 1297-1302.
  11. 木村芽以子, 坂西 良仁, 海老原 伸行:若年者にみられたフリクテン型マイボーム腺炎角結膜上皮症の2例. 眼科. 2020; 62(8): 809-814.
  12. 金原左京, 坂西 良仁, 井上 順治, 井上 賢治, 海老原 伸行:視神経症を認めたIgG4関連眼疾患の2症例. 日眼会誌. 2020; 124(8): 655-665.
  13. 松島梨恵, 柳生夏実, 廣瀬祐子, 佐々木秀憲, 平塚義宗, 村上晶: 視覚障害者手帳の助成に関するニーズの検討. 日本ロービジョン学会誌. 2020; 19: 46-50.
  14. 井上賢治, 平塚義宗, 加藤 聡, 小野眞史, 久米川浩一, 齋藤雄太, 崎元暢, 篠崎和美, 須賀洸希, 野田知子, 野田実香, 平形明人, 堀 裕一, 溝田 淳, 平山信隆, 福田敏雅, 福下公子, 山口達夫; 東京版スマートサイト「東京都ロービジョンケアネットワーク」の作成. 日本ロービジョン学会誌. 2020; 19: 88-93
【総説】
  1. Inomata T, Sung J, Nakamura M, Fujisawa K, Muto K, Ebihara N, Iwagami M, Nakamura M, Fujio K, Okumura Y, Okano M, Murakami A: New medical big data for P4 medicine on allergic conjunctivitis. Allergol Int. 2020; 69(4): 510-518. doi: 10.1016/j.alit.2020.06.001, Epub 2020 Jul 7.
  2. Inomata T, Kitazawa K, Kuno T, Sung J, Nakamura M, Iwagami M, Takagi H, Midorikawa-Inomata A, Zhu J, Fujimoto K, Okumura Y, Miura M, Fujio K, Hirosawa K, Akasaki Y, Kuwahara M, Dana R, Murakami A: Clinical and Prodromal Ocular Symptoms in Coronavirus Disease: A Systematic Review and Meta-Analysis. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2020; 61(10): 29. doi: 10.1167/ iovs.61.10.29. 
  3. Inomata T, Sung J, Nakamura M, Iwagami M, Okumura Y, Iwata N, Midorikawa-Inomata A, Fujimoto K, Eguchi A, Nagino K, Fujio K, Miura M, Shokirova H, Murakami A: Using Medical Big Data to Develop Personalized Medicine for Dry Eye Disease. Cornea. 2020; Suppl 1: S39-S46: doi: 10.1097/ICO. 0000000000002500.
  4. Hirakata T, Matsuda A, Yokomizo T. Leukotriene B4 receptors as therapeutic targets for ophthalmic diseases. BBA - Molecular and Cell Biology of Lipids. 2020; 1865:158756. doi: 10. 1016/j.bbalip.2020.158756.
  5. Okumura Y, Inomata T, Iwata N, Sung J, Fujimoto K, Fujio K, Midorikawa-Inomata A, Miura M, Akasaki Y, Murakami A: A Review of Dry Eye Questionnaires: Measuring Patient-Reported Outcomes and Health-Related Quality of Life. Diagnostics (Basel). 2020; 10(8): 559. doi: 10.3390/diagnostics10080559.
  6. Di Zazzo A, Lee S-M, Sung J, Niutta M, Coassin M, Mashaghi A, Inomata T: Variable Responses to Corneal Grafts: Insights from Immunology and Systems Biology. J Clin Med. 2020dicine. 2020; 9(2): 586. doi: 10.3390/jcm9020586.
  7. Miyazaki D, Takamura E, Uchio E, Ebihara N, Ohno S, Ohashi Y, Okamoto S, Satake Y, Shoji J, Namba K, Fukagawa K, Fukushima A, Fujishima H:Japanese guidelines for allergic conjunctival diseases 2020, Allergol Int, 2020; 69(3): 346-355.
  8. 村上 晶: レーベル遺伝性視神経症の診療. 東京都医師会雑誌. 2020; 73(6): 506-508.
  9. 太田俊彦:こだわりの診療器具「眼内レンズ強膜内固定用器具」, IOL & RS, 2020(印刷中)
  10. 太田 俊彦:手術相談室 症例呈示 Marfan症候群の水晶体脱臼に対する水晶体再建術後に虹彩捕獲を繰り返した症例. 眼科手術. 2020; 33(3): 425-429
  11. 海老原伸行, 大内亜由美: 【病気とくすり2020 基礎と実践Expert's Guide】感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 結膜炎. 薬局. 2020; 71(4): 1628-1629
  12. 海老原伸行, 大内亜由美: 【病気とくすり2020 基礎と実践Expert's Guide】感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 ぶどう膜炎. 薬局. 2020; 71(4): 1630-1631.
  13. 海老原伸行:アレルギー性結膜疾患の発症と上皮バリア機能,新しい眼科. 2020; 37(4): 419-426.
  14. 海老原伸行:アトピー性角結膜炎(AKC),眼科疾患最新の治療2019-2021,2020: 114.
  15. 平塚義宗, 佐渡一成: ロービジョンケアと地域連携の利用.臨眼. 2020; 74: 200-207.
  16. 平塚義宗: 視覚障害と認知症. Current Therapy. 2020; 38(2): 14-19.
  17. 平塚義宗: 資源は常に有限で希少である:医療における費用対効果の視点.日眼会誌. 2020: 124(4); 305-306, 2020.
  18. 平塚義宗: ロービジョンケアのアクセスを改善するには. Nano Ophthalmology. 2020; 58: 5-8
  19. 平塚義宗: EBMから25年、リアルワールデータの逆襲とp値の現状. 日本の眼科. 2020; 91: 4-5
  20. 土至田 宏:治療用としてのソフトコンタクトレンズの選択.あたらしい眼科. 2020; 37(11): 1411-1415
  21. 土至田 宏: コンタクトレンズ関連疾患, 眼科救急疾患2020, 眼科. 2020年10月臨増, 62(11):1103-1109
  22. 土至田 宏:翼状片手術, 【特集 すべて見せます!患者説明・同意書マニュアル】. 臨眼 増刊号2020. 74(11): 139-141
  23. 土至田 宏: コンタクトレンズ処方への角膜形状解析の応用法を教えてください, 眼科イメージング 2020 Q&A. あたらしい眼科. 2020, 38(臨増): 4-10
  24. 土至田 宏: CL白熱教室2019:処方の基礎と応用 眼疾患患者のQOL向上を目的としたCLの処方に必要な手続き.日本コンタクトレンズ学会誌. 2020; 62(1): 22-26
  25. 松田 彰, 浅田洋輔: IL-33によって活性化される自然リンパ球ILC2からみたアレルギー性結膜炎. あたらしい眼科.2020; 37(4): 427-433
  26. 松田 彰: アトピー緑内障の臨床像と治療. アレルギーの臨床. 2020; 40(5): 355-358
  27. 神部友香: 小児重症筋無力症の治療. あたらしい眼科, 2020; 37(8): 927-930
  28. 猪俣武範: 令和元年度日本眼科学会学術奨励賞 受賞論文総説 モバイルヘルスを利用した医療ビッグデータ解析による個別化医療の実現:iPhoneアプリケーション「ドライアイリズム®」を用いたクラウド型大規模臨床研究. 日眼会誌. 2020; 124(11): 861-72.
  29. 猪俣武範, 岩上将夫, 中村正裕, Shiang Tina, 吉村祐輔, 藤本啓一, 奥村雄一, 江口敦子, 岩田七奈美, 三浦真里亜, 堀 賢, 平塚義宗, 内野美樹, 坪田一男, Dana Reza, 村上 晶: スマホアプリを用いたドライアイ未診断者の特徴の解明. 日眼会誌. 2020; 124(5): 444.
  30. 猪俣武範. マルチオミクス深層学習によるドライアイ炎症下の制御性T細胞の可塑性と不均一性の解明. 順天堂だより. 2020; 312: 30.
  31. 大内亜由美, 海老原伸行: 【病気とくすり2020 基礎と実践Expert's Guide】感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 網膜色素変性症. 薬局. 2020; 71(4): 1632.
  32. 大内亜由美, 海老原伸行: 【病気とくすり2020 基礎と実践Expert's Guide】感覚器・皮膚の病気とくすり 眼疾患 白内障. 薬局. 2020; 71(4): 1625-1627.
  33. 市川浩平:眼内レンズ縫着術, 【特集 すべて見せます! 患者説明・同意書マニュアル】. 臨眼(増刊号),2020; 74(11): 186-188
  34. 井上 幸次, 宮崎 大, 馬場 高志, 石倉 涼子, 松浦 一貴, 長谷川 晶子, 諸星 計, 小松 恵子, 小松 直樹, 唐下 千寿, 寺坂 祐樹, 富長 岳史, 三原 幸子, 宮野 佐智子, 佐々木 慎一, 川本 由紀美, 春木 智子, 井上 美智子, 大谷 史江, 稲田 耕大, 魚谷 竜, 清水 大輔, 三宅 瞳, 江原 二三枝, 郭 權慧, 矢倉 慶子, 清水 由美子, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 臼井 正彦, 姚 玉峰, 外園 千恵, 井上 智之, 鈴木 崇, 加藤 四郎, 上田 重晴, 前田 一洋, 佐々木 裕美, 坂本 雅子, 山田 雅夫, 林 皓三郎, 塩田 洋, 綾塚 祐二, 佐々木 香る, 浅利 誠志, 砂田 淳子, 木村 圭吾, 福田 昌彦, 江口 洋, 秦野 寛, 細貝 真弓, 山上 聡, 海老原 伸行, 鈴木 弘, 星 最智, 横倉 俊二, 望月 清文, 槇村 浩一, 矢口 貴志, 錫谷 達夫, 小杉 伊三夫, 門田 遊, 子島 良平, 八木 彰子, 古川 敏仁: 眼感染症への取り組み 基礎から臨床まで. 日眼会誌. 2020; 124(3): 155-184.
  35. 三宅謙作, 山田昌和, 平塚義宗: 高齢者社会における視機能障害と社会的コスト. Geriatric Medicine. 2020; 58: 103-110
  36. 白根雅子, 高須賀重信, 前田利根, 高橋和博, 丸山耕一, 淺井利通, 山田昌和, 平塚義宗, 井上賢治, 福田敏雅, 小池伸洋, 松下卓郎, 加藤圭一. COVID-19対策本部: 眼科診療に係る新型コロナウイルス感染症Q&A. 日本の眼科. 2020; 91(4): 467-487
【著書】
  1. Matsuda A, Hirakata T, Asada Y, Nakae S: Experimental Mouse Models of Ragweed- and Papain-Induced Allergic Conjunctivitis. in Nagatomo-Combs K (ed) Animal Models of Allergic Disease. Methods Mol Biol. Springer Nature 2223:133-149. doi: 10.1007/978-1-0716-1001-5_10. PMID: 33226592
  2. 村上晶, 平塚義宗:眼科学第3版;失明と失明予防.文光堂. 2020
  3. 太田俊彦: 白内障 今日の治療指針2021年版-私はこう治療している. 総編集:福井次矢, 高木誠, 小室一成. 眼科編集:坂本泰二, 医学書院, 1570-1571, 2020年11月発行
  4. 海老原伸行、アレルギー性結膜疾患、メディカルビュー、門脇孝・小室一成・宮地良樹(編)診療ガイドラインUP-TO-DATE、2020:770-776.
  5. 海老原伸行、アレルギー(性)結膜疾患・春季カタル、総合医学社、大鹿哲郎(監)・後藤浩・小幡博人(編)眼病理アトラス、2020:64-65.
  6. 海老原伸行、春季カタル、総合医学社、大鹿哲郎(監)・大鹿哲郎・外園千恵(編)前眼部アトラス、2020:42-43.
  7. 海老原伸行、結膜フリクテン、総合医学社、大鹿哲郎(監)・大鹿哲郎・外園千恵(編)前眼部アトラス、2020:44-45.
  8. 平塚義宗, 廣瀬祐子, 村上晶:眼科検査LvUPエッセンス. 三輪書店, 2020
  9. 根岸貴志: 【眼科手術の適応を考える】斜視手術の適応. OCULISTA. 2020; 82: 80-83
  10. 山口昌大: デスメ膜剥離. 大鹿哲郎 監修、外園 千恵編集、前眼部アトラス、総合医学社;、266, 2020
  11. 山口昌大: 兎眼角膜症. 大鹿哲郎 監修、外園 千恵編集、前眼部アトラス、総合医学社, 267, 2020
  12. 山口昌大: コンタクトレンズ障害. 大鹿哲郎 監修、外園 千恵編集、前眼部アトラス、総合医学社, 268, 2020
  13. 猪俣武範: スマホと眼 Pros & Cons, 全日本病院出版会; 2020.
  14. 猪俣武範囲: IoMT学会編集委員会. IoMTのエコシステム./New insights of IoMT. In. Journal of Internet of Medical Things. 3. 東京: メディカルレビュー; 2020.
  15. 猪俣武範. 病気に強いカラダをつくる 健康な数値. 東京: クロスメディア・パブリッシング(インプレス); 2020. 205 p
  16. 市川浩平, 太田俊彦:虹彩(22)外傷性虹彩離断 眼疾患アトラスシリーズ 前眼部アトラス 大鹿哲郎・外園千恵編 総合医学社, 332-333, 2020年4月発行
【その他(広報活動含む)】
  1. 横山利幸:勤務医の労働環境. 日本の眼科. 2020; 91(8): 1205-1206
  2. 海老原伸行、Dupilumabの結膜炎をめぐる光と影、アレルギーの臨床・北隆館、2020;40(5):339.
  3. 平塚義宗:眼科医療で健康寿命延伸を 日本眼科医会第78回生涯教育講座 超高齢時代の眼科診療 令和2年春 69-76
  4. 平塚義宗:白内障手術の健康寿命の関連についての検討. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和1年度分担研究報告書:2020
  5. 平塚義宗、佐藤栄治、白根雅子、高野繁:スマートサイトによるロービジョンケア連携システム構築に関する研究 総括報告書. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  6. 平塚義宗、白根雅子、高野繁:ロービジョンケア関連施設が協働を検討している地域資源に関する研究. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  7. 平塚義宗、白根雅子、高野繁:スマートサイト作成講習会の計画と実施.国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  8. 平塚義宗、白根雅子、高野繁:スマートサイト作成講習会アンケート結果の検討.国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  9. 平塚義宗、白根雅子、高野繁:スマートサイトの現状.国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  10. 平塚義宗、佐々木秀憲、井上亮、工藤大介、武居敦英、永井春彦、白根雅子、高野繁:スマートサイトに記載されるべき内容についての検討. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  11. 平塚義宗、白根雅子、高野繁:日眼医ロービジョンケアサイトの作成.国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  12. 平塚義宗:人生100年時代の「眼」の守り方 第1回 よく見える眼を維持すれば、健康寿命は延ばせる 日経Goodday 2020年4月1日
  13. 平塚義宗:人生100年時代の「眼」の守り方 第2回 眼底検査で眼の病気を早く見つければ、健康寿命は延びる 日経Goodday 2020年4月6日
  14. 平塚義宗:人生100年時代の「眼」の守り方 第3回 メガネ・コンタクトレンズは2〜3年に1度は買い替えよう 日経Goodday 2020年4月10日
  15. 平塚義宗:高齢者の眼こそ社会参加のカギ Lohas Medical 2020年9月18-19
  16. 平塚義宗:見え方は認知症に関連 日刊現代 2020年8月29日
  17. 平塚義宗:眼がよく見えるシニア活発 順天堂大研究者ら分析 趣味・町会・・・参加増える傾向 2020年7月1日朝日新聞
  18. 平塚義宗:視力良いほど社会参加 順天堂大チーム高齢者2万人分析 2020年7月13日 山梨日日新聞
  19. 平塚義宗:趣味や運動の自発的参加・・・高齢者「見え方」が関連 2万人分析 2020年 7月21日下野新聞
  20. 平塚義宗:社会活動加 視覚が関連 高齢者2万人を調査 2020年7月22日 埼玉新聞
  21. 平塚義宗:社会活動加 視機能関連 高齢者2万人余分析 2020年7月22日 南日本新聞
  22. 平塚義宗:視力いいシニアは活動的 順天堂大チーム、2万人余を分析 趣味・運動の参加度高く 2020年7月23日神戸新聞
  23. 平塚義宗:社会活動加 視覚が関連 高齢者2万人余を調査 2020年7月23日 日本海新聞
  24. 平塚義宗:「視力良好」社会活動も活発 順天堂のチーム、高齢者2万人を調査 2020年7月24日信濃毎日新聞
  25. 平塚義宗:「目がいい」高齢者は多趣味 順天堂大 2.2万人データ分析 2020年7月24日高知新聞
  26. 平塚義宗:社会活動、「見え方」で差 高齢者、良好なほど参加 順大チーム 2020年7月27日秋田魁新報
  27. 平塚義宗:社会活動に目の健康が関連 高齢者2万人を分析 2020年7月27日大分合同新聞
  28. 平塚義宗:社会活動参加 視覚が関連 目の健康の重要度示す 2020年7月28日沖縄タイムス
  29. 平塚義宗:高齢者の社会活動 視覚で参加率に差 治療で増える可能性 2020年7月30日東京新聞
  30. 平塚義宗:高齢者の社会参加 目の見え方が関連 2万2千人を分析 2020年8月3日山形新聞
  31. 平塚義宗:高齢者「よく見える」ほど活動的 2020年8月3日 福島民友
  32. 平塚義宗:社会活動参加、視覚が関連 順天堂大チーム 高齢者2万余分析 2020年8月3日長崎新聞
  33. 平塚義宗:社会活動参加、「見え方」に比例 順天堂大チーム 高齢者2万2千人を分析 2020年8月4日熊本日日新聞
  34. 平塚義宗:目がよく見える高齢者 社会活動参加度合い多い 自治体調査2.2万人分析 2020年8月4日 山陽新聞
  35. 平塚義宗:社会活動、「見え方」が関係 高齢者2万人余分析 順天堂大 2020年8月5日琉球新報
  36. 平塚義宗:眼がよく見えると活動的? 順天堂大チーム 高齢者2,2万人分析2020年8月7日 岩手日報
  37. 平塚義宗:「見える」ほど社会活動 高齢者の視覚調査 2020年8月10日 上毛新聞
  38. 平塚義宗:目の健康具合 活動量に直結 見える人ほど社会参加増 予防・治療で心身元気に 順大チーム高齢者2.2万人分析 2020年8月12日 河北新報
  39. 土至田 宏:私の処方 私の治療 第37回 レーシック術後に対するCL処方.識者のコメント165-166
  40. 土至田 宏: 角膜ケア.東京新聞・中日新聞 生活面 2020年4月21日号
  41. 土至田 宏: TODAY’S FOCUS「テレワーク中のドライアイについて」Japan FM Network, Oh! Happy Morning. 2020年5月6日放送
  42. 土至田 宏: 在宅勤務で悪化する目の疲れを改善する.日刊ゲンダイ 生活面 2020年5月12日号
  43. 土至田 宏: 連続眼圧測定用コンタクトレンズ、トリガーフィッシュの装用経験,眼臨紀. 2020;13(6): 443
  44. 土至田 宏: テレワークであなたの目は大丈夫? NHKテレビ ひるまえほっと 2020年6月29日放送
  45. 土至田 宏: 日常生活オンライン化、ドライアイに注意 朝日新聞朝刊 2020年7月2日号
  46. 土至田 宏: テレワークと眼精疲労。美楽 2020年10月号 p14-18 株式会社美楽界
  47. 小野浩一: 「健康関連QOL評価と費用対効果」 AMDと地域医療を考える会 in 江戸川区・江東区 web講演会 2020年10月30日
  48. 工藤大介: JUNTENDO SPORTS 特集記事 「スポーツビジョン研究でアスリートをサポート!順天堂医院 眼科スポーツドクターの挑戦」 2020年10月20日掲載
  49. 工藤大介: Medical Technology&Simulation Center Class practice using simulation 5 (シミュレーターを使用した授業実践レポート)【眼科BSL(M5)】, 2020年11月24日掲載
  50. 猪俣武範: 東京がめざす「スタートアップ都市」. 日本経済新聞 2020年11月12日
  51. 猪俣武範: 過酷救急医療手厚く. 共同通信. 2020年2月8日
  52. 猪俣武範: 医師の働き方改革. AERA. 2020年2月29日
  53. 猪俣武範: マイボーム腺機能不全について. ためしてガッテン. NHK. 2020年7月22日.
  54. 猪俣武範: スマホアプリドライアイリズムについて. 月刊クリニックばんぶう2020年5月号.
  55. 杉田丈夫, 土至田 宏, 矢田千紘, 反田蓉子, 朝岡聖子, 市川浩平, 林 雄介, 松崎有修, 太田俊彦:角膜擦過物の検鏡が治療効果判定に役立った真菌性角膜潰瘍の1例. 眼臨紀. 2020; 13(6): 442
  56. 市川浩平, 朝岡聖子, 林 雄介, 東千晶, 反田蓉子, 杉田丈夫, 松崎有修, 平井麻紀, 土至田 宏, 太田俊彦: iMics1(MP70)の術後早期成績. 眼臨紀. 2020; 13(1): 65
  57. 朝岡聖子, 松田 彰, 東 千晶, 反田蓉子, 市川浩平, 林 雄介, 杉田丈夫, 松崎有修, 平井麻紀, 土至田 宏, 太田俊彦: 当院におけるアーメド緑内障インプラント挿入術の術後1年の成績. 眼臨紀. 2020; 13(1): 65
  58. 吉田悠人, 平塚義宗, Ichiro Kawachi, 村上晶, 近藤克則, 相田潤: 高齢者を対象とした「見え方」と社会参加の関連性についての検討: JAGES横断研究. 日眼会誌. 外国誌要覧. 11月号(令和2年11月10日発行)
  59. 藤本啓一:日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援採択 20K22985 『体外培養した骨髄由来免疫抑制細胞による高リスク角膜移植後の新規免疫寛容療法の開発』
  60. 松島梨恵、柳生夏実、平塚義宗、廣瀬祐子、佐々木秀憲、村上晶:視覚障害者におけるロービジョンケア関連ニーズに関する研究. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  61. 中野匡、阿久根陽子、後藤励、平塚義宗、山田昌和:緑内障検診の方式別の精度評価、医療経済学的評価. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和 19FA1010)令和1年度分担研究報告書:2020
  62. 横山徹爾、平塚義宗、山田昌和:特定健診の見直しによる眼底検査の動向. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和1年度分担研究報告書:2020
  63. 山田昌和、平塚義宗、川崎良、横山徹爾、田村寛、中野匡、高野繁、後藤励:成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究. 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合事業 「成人眼科検診による眼科疾患の重症化予防効果及び医療経済学的評価のための研究」(研究代表者:山田昌和19FA1010)令和1年度総括研究報告書:2020
  64. 三宅貴之、佐藤栄治、野原康弘、平塚義宗:眼科医療需要の将来変化と施設必要量に関する分析方法についての検討. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  65. 野原康弘、佐藤栄治、三宅貴之、平塚義宗:ロービジョンケア施設の距離的アクセシビリティの評価1. 現状分析. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  66. 佐藤栄治、野原康弘、三宅貴之、平塚義宗:ロービジョンケア施設の距離的アクセシビリティの評価2. 介入時の予測分析. 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業「スマートサイトによるロービジョンケアの連携システム構築に関する研究」(研究代表者:平塚義宗 17-19dk0310183)平成29〜令和元年度 委託研究成果報告書:2020
  67. 小野純治, 土至田 宏, 太田 俊彦:レンティスコンフォートとテクニスシンフォニーVBの臨床成績比較. 眼臨紀. 2020; 13(6): 443
  68. 堀 裕一, 土至田 宏:目のケアは潤すだけではない。角膜の傷をケアする時代へ。〜目を酷使している人の73%が角膜に傷がついていた!角膜の傷がわかるチェックリスト&角膜ケア方法を紹介.Asahi.com &M 2020年11月12日配信
 
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.