業績

2008年

英文論文

  • Igaki H, Nakagawa K, Shiraishi K, Shiina S, Kokudo N, Terahara A, Yamashita H, Sasano N, Omata M, Ohtomo K. Three-dimensional conformal radiotherapy for hepatocellular carcinoma with inferior vena cava invasion. Jpn J Clin Oncol 2008;38:438-44.
  • Imamura J, Tateishi R, Shiina S, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Goto T, Yoshida H, Kanai F, Hamamura K, Obi S, Omata M. Neoplastic seeding after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. Am J Gastroenterol 2008;103:3057-62.
  • Kanda M, Tateishi R, Yoshida H, Sato T, Masuzaki R, Ohki T, Imamura J, Goto T, Hamamura K, Obi S, Kanai F, Shiina S, Omata M. Extrahepatic metastasis of hepatocellular carcinoma: incidence and risk factors. Liver Int 2008;28:1256-63.
  • Kondo Y, Yoshida H, Tateishi R, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Percutaneous radiofrequency ablation of liver cancer in the hepatic dome using the intrapleural fluid infusion technique. Br J Surg 2008;95:996-1004.
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Goto E, Sato T, Ohki T, Goto T, Kanai F, Sugioka Y, Ikeda H, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Comparison of liver biopsy and transient elastography based on clinical relevance. Can J Gastroenterol 2008;22:753-7.
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Sato S, Kato N, Kanai F, Sugioka Y, Ikeda H, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Risk assessment of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients by transient elastography. J Clin Gastroenterol 2008;42:839-43.
  • Masuzaki R, Yoshida H, Tateishi R, Shiina S, Omata M. Hepatocellular carcinoma in viral hepatitis: improving standard therapy. Best Pract Res Clin Gastroenterol 2008;22:1137-51.
  • Ohki T, Tateishi R, Sato T, Masuzaki R, Imamura J, Goto T, Yamashiki N, Yoshida H, Kanai F, Kato N, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Obesity is an independent risk factor for hepatocellular carcinoma development in chronic hepatitis C patients. Clin Gastroenterol Hepatol 2008;6:459-64.
  • Tanaka Y, Kanai F, Tada M, Tateishi R, Sanada M, Nannya Y, Ohta M, Asaoka Y, Seto M, Shiina S, Yoshida H, Kawabe T, Yokosuka O, Ogawa S, Omata M. Gain of GRHL2 is associated with early recurrence of hepatocellular carcinoma. J Hepatol 2008;49:746-57.
  • Yoshida H, Yoshida H, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Tateishi R, Goto T, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Safety and efficacy of lamivudine after radiofrequency ablation in patients with hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma. Hepatol Int 2008;2:89-94.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Watanabe S. Diagnosis of mild chronic pancreatitis (Cambridge classification): Comparative study using secretin injection-magnetic resonance cholangiopancreatography and endoscopic retrograde pancreatography. World J Gastroenterol 2008;14:1218-21.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Watanabe S. Pancreatic duct lavage cytology for the diagnosis of branch duct-type intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Pancreas 2008;36;216-7.

国際学会発表

  • Yoshida H, Tateishi R, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Goto T, Hamamura K, Kanai F, Shiina S, Yoshida H, Omata M. Magnitude of B-viral HCC-epidemics of B-viral HCC in single institute experience. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Tanaka Y, Kanai F, Tada M, Tateishi R, Yoshida H, Shiina S, Kawabe T, Yokosuka O, Omata M. Gain of 8q22.3 may be predictive for progression free survival in HCC patients. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Imamura J, Obi S, Kanda M, Ohki T, Goto T, Masuzaki R, Yoshida H, Tateishi R, Kanai F, Hamamura K, Shiina S, Yoshida H, Omata M. Chemotherapy using 5-fluorouracil, mitoxantrone and cisplatin (FMP therapy) for advanced hepatocellular carcinoma. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Tateishi R, Shiina S, Yoshida H, Goto T, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Hamamura K, Yoshida H, Omata M. Expanding the indication for radiofrequency ablation in patients with hepatocellular carcinoma. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Kondo Y, Taniguchi M, Tagawa K, Tateishi R, Shiina S, Omata M. Percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: long-term results and the value of Tokyo score. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Ohki T, Tateishi R, Shiina S, Goto E, Sato T, Masuzaki R, Hamamura K, Goto T, Yoshida H, Kanai F, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Health-related quality of life of hepatocellular carcinoma patients treated by radiofrequency ablation. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Koike Y, Yoshida H, Shiina S, Kogure H, Watanabe H, Kawase T, Omata M. Percutaneous radiofrequency ablation improves the prognosis of the patients with unresectable hepatic metastasis from colorectal cancer. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Goto E, Sato T, Ohki T, Goto T, Yoshida H, Sato S, Obi S, Ikeda H, Shiina S, Omata M. Risk assessment of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis patients by transient elastography. The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Seoul, Korea, 2008/03/24
  • Tateishi R, Shiina S, Ohki T, Sato T, Masuzaki R, Imamura J, Goto T, Yoshida H, Obi S, Hamamura K, Yoshida H, Omata M. 1st International Forum: Treatment of strategy of hepatocellular carcinoma. 94th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology, Fukuoka, Japan, 2008/05/10
  • Shiina S. Image-guided percutaneous ablation therapies for hepatocellular carcinoma. International Forum of Japanese Society of Gastroenterology, Fukuoka, Japan, 2008/05/10
  • Sai JK, .Suyama M, Kubokawa Y, Watanabe S. Gallbladder carinoma associated with pancreatobiliary reflux: A hint for eaerydiagnosis of gallbladder carinoma. Digestive Disease Week 2008, San Diego, USA, 2008/5/18
  • Shiina S, Omata M. International Symposium: Ablation Therapy for Liver Cancer in Asia Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. Microwave Surgery Seminar, Yokohama, Japan, 2008/09/06
  • Masuzaki R, Shiina S, Omata M. Rationale and strategy to treat uni- or multifocal HCC. 18th World Congress of the International Association of Surgeons, Istanbul, Turkey, 2008/10/10
  • Goto T, Yoshida H, Tateishi R, Enooku K, Goto E, Yoshida H, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Yamashiki N, Kanai F, Hamamura K, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Interferon therapy for hepatitis C patients curatively treated for hepatocellular carcinoma with percutaneous therapies. The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2008/11/03
  • Sato T, Tateishi R, Yoshida H, Goto T, Enooku K, Ohki T, Nakagawa H, Masuzaki R, Imamura J, Yamashiki N, Goto T, Yoshida H, Kanai F, Hamamura K, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Reevaluation of tumor markers in surveillance for hepatocellular carcinoma. The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2008/11/03
  • Ohki T, Tateishi R, Shiina S, Goto E, Sato T, Masuzaki R, Goto T, Hamamura K, Kanai F, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Visceral fat accumulation is an independent risk factor of hepatocellular carcinoma recurrence after curative treatment in NASH suspected patients. The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2008/11/03
  • Shiina S. Radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma (HCC). Asian Pacific Association for the Study of the Liver 4th Single Topic Conference on Viral related HCC, Bali, Indonesia, 2008/12/06

和文論文

  • 吉田晴彦、建石良介、椎名秀一朗、佐藤隆久、大木隆正、増崎亮太、今村潤、五藤忠、小俣政男:「NASH研究の新展開 NASH由来肝癌はわが国に存在するか」わが国のNASH関連肝癌発生率を推定する 日本消化器病学会雑誌 2008;105:1577-83.
  • 建石良介、椎名秀一朗、増崎亮太、大木隆正、佐藤隆久、後藤絵理子、榎奥健一郎、五藤忠、浜村啓介、金井文彦、吉田晴彦、小俣政男:【再発肝癌診療におけるコンセンサスと個別化】経皮的ラジオ波焼灼療法後の再発像と治療 消化器科 2008;47:69-73.
  • 増崎亮太、建石良介、榎奥健一郎、後藤絵理子、佐藤隆久、今村潤、五藤忠、杉岡陽介、池田均、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男:【肝機能・肝予備力の新しい評価法と対策】慢性肝疾患診療におけるファイブロスキャンの有用性 消化器科 2008;47:526-30.
  • 椎名秀一朗:スキルアップ講座 肝臓を学ぼう!肝癌の治療を知ろう Medical Technology 2008;36:861-4.
  • 椎名秀一朗:誌上ディベート 転移性肝癌 ラジオ波焼灼術を推進する立場から Frontiers in Gastroenterology 2008;13:18-25.
  • 椎名秀一朗:進行癌症例に対する新治療戦略の確立-IVR・化学療法併用治療の評価- がん治療のあゆみ がん集学的治療研究財団 2008;23-31.
  • 窪川良廣、須山正文、崔仁煥、松村祐志、加藤圭、近森正康、高橋靖、安野慶、丸木実子、渡辺純夫:MDCTは胆嚢癌の診断体系を変えたか 肝胆膵画像 2008;10:151-6.
  • 安野慶、崔仁煥、窪川良廣、加藤圭、松村祐志、稲見晃一、近森正康、高橋靖、丸木実子、須山正文:特集 胆嚢腺筋腫症の画像を見直す-癌との鑑別を中心に 分節型胆嚢腺筋腫症を合併した胆嚢癌の1例 肝胆膵画像 2008;10:343-9.
  • 安野慶、須山正文:特集 胆道癌外科診療を支えるエキスパートテクニック 超音波内視鏡(EUS)診断のコツ 臨床外科 2008;63:601-6.
  • 近森正康、須山正文:肝内胆管癌の超音波による診断 肝胆膵 2008;57:59-63.
  • 松村祐志、須山正文、窪川良廣、崔仁煥、渡辺純夫:特集 膵癌診療最前線-新たな抗癌薬により長期生存を目指す《膵癌に対するinterventional oncology》膵癌に対する動注化学療法 内科 2008;102:688-95.
  • 大塚敏之、萩原聡、畑中健、長坂一三、富岡眞一、柿崎暁、高木均、森昌朋:肝細胞癌に対するビタミンK2製剤とビタミンE製剤併用投与の臨床的検討 臨床と研究 2008;85:790-3.

国内学会発表

  • 中島広子、渡辺孝宏、玉城善史郎、渡辺玲、桑野嘉弘、蘆田龍一、竹腰知紀、鑑慎司、大松華子、玉置邦彦、建石良介、吉田英雄、柳瀬幹雄、椎名秀一朗、小俣政男 ラジオ波焼灼療法による電極刺入部の熱傷12例のまとめ 日本皮膚科学会(2008年1月)
  • 丸木実子、須山正文、崔仁煥、窪川良廣、松村祐志、近森正康、安野慶、川崎誠治、信川文誠、渡辺純夫 肝嚢胞性腫瘍の1例 第36回お茶の水消化器病研究会(東京、2008年4月17日)
  • 安野慶、丸木実子、近森正康、加藤圭、松村祐志、崔仁煥、窪川良廣、須山正文、信川文誠 胆嚢腺筋腫症は胆嚢癌の危険因子か 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年 5月8日)
  • 椎名秀一朗、東郷剛一、小俣政男 ワークショップ1:進行消化器癌の集学的治療(肝癌を除く) 進行消化器癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)を中心とした集学的治療の成績 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年5月9日)
  • 後藤絵理子、建石良介、増崎亮太、佐藤隆久、大木隆正、五藤忠、吉田英雄、浜村啓介、金井文彦、吉田晴彦、椎名秀一朗、川邊隆夫、小俣政男 肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術におけるクリニカルパスの実際~術後合併症の発見について~ 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年5月9日)
  • 丸木実子、須山正文、窪川良廣、崔仁煥、松村祐志、加藤圭、稲見晃一、近森正康、高橋靖、安野慶 集学的治療を行った切除不能膵癌の長期生存例における検討 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年5月9日)
  • 崔仁煥、須山正文、渡辺純夫 シンポジウム:「胆膵画像診断の進歩」 胆道の知覚に関する脳機能局在の証明-機能性胆道疾患に対する新たなアプローチ 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年5月9日)
  • 松村祐志、須山正文、窪川良廣、崔仁煥、加藤圭、稲見晃一、近森正康、高橋靖、安野慶、丸木実子 Stage IVb膵癌の肝転移に対するリザ?バー動注化学療法 第94回日本消化器病学会総会(福岡、2008年 5月9日)
  • 小池幸宏、吉田晴彦、椎名秀一朗、岡本朋子、松田梨絵、内田康仁、木暮宏史、渡辺一宏、川瀬建夫、小俣政男 パネルディスカッション1:転移性肝癌治療(FOLFOX導入後の転移性肝癌治療) 切除不能大腸癌肝転移に対するRFA早期導入の意義 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小俣政男 パネルディスカッション1:転移性肝癌治療(FOLFOX導入後の転移性肝癌治療) 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA) 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日)
  • 小尾俊太郎、今村潤、鵜沼直雄、大木隆正、増崎亮太、山敷宣代、近藤祐嗣、菅田美保、五藤忠、佐藤新平、浜村啓介、金井文彦、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 高度進行肝がんに対するインターフェロン併用5FU全身化学療法 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日)
  • 増崎亮太、椎名秀一朗、建石良介、後藤絵理子、浜村啓介、佐藤隆久、大木隆正、五藤忠、吉田英雄、金井文彦、杉岡陽介、池田均、吉田晴彦、小俣政男 肝癌診療におけるソナドイド造影超音波検査の有用性 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日)
  • 近森正康、須山正文、窪川良廣、崔仁煥 化学療法が著明に奏功した胆管細胞癌の2例 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、五藤忠、金井文彦、後藤絵理子、佐藤隆久、大木隆正、増崎亮太、今村潤、小尾俊太郎、吉田英雄、浜村啓介、吉田晴彦、小俣政男 パネルディスカッション2:肝癌診療ガイドラインに対する再評価と提案 肝癌治療アルゴリズムにおける腫瘍個数の意義:欠乏性結節を数えるべきか 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月23日)
  • 大木隆正、建石良介、後藤絵理子、佐藤隆久、増崎亮太、五藤忠、浜村啓介、吉田英雄、金井文彦、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 ワークショップ2:NASHと肝細胞癌 非B非C肝癌の特徴と予後 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月23日)
  • 近藤祐嗣、谷口誠、田川一海、今村雅俊、建石良介、椎名秀一朗、小俣政男 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術の適応拡大の可能性 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月23日)
  • 佐藤隆久、建石良介、後藤絵理子、大木隆正、中川勇人、増崎亮太、今村潤、五藤忠、小尾俊太郎、金井文彦、浜村啓介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 肝細胞癌診断における腫瘍マーカーの再評価(SSLRによる検討) 第44回日本肝癌研究会(大阪、2008年5月22日-23日)
  • 中川晴代、榎奥健一郎、増崎亮太、後藤絵理子、建石良介、杉岡陽介、椎名秀一朗、池田均、小俣政男、矢冨裕 C型慢性肝炎に合併した肝内胆管腺腫の1例 第81回日本超音波医学会学術集会(神戸、2008年5月23日)
  • 崔仁煥、高橋靖、須山正文、窪川良廣、加藤圭、松村祐志、稲見晃一、近森正康、安野慶、丸木実子、渡辺純夫 分枝型膵管内乳頭粘液腫瘍に対する自作同軸ダブルルーメンカテーテルを用い膵液洗浄細胞診の有用性 第75回日本消化器内視鏡学会総会(横浜、2008年5月25日)
  • 中島厚、金野朗、黒澤明彦、柴本峰彩子、笠原桂子、近森正康、中江弘三郎、石川大、松村祐志、長田太郎、吉澤孝史、窪川良廣、崔仁煥、永原章仁、荻原達雄、須山正文、渡辺純夫 Vater 乳頭部からの出血に対しcoiling が有効であった1例 第75回日本消化器内視鏡学会総会(横浜、2008年5月25日)
  • 後藤絵理子、椎名秀一朗、建石良介、佐藤隆久、大木隆正、増崎亮太、今村潤、五藤忠、吉田英雄、金井文彦、濱村啓介、吉田晴彦、小俣政男 肝腫瘍に対する経皮的ラジオ波焼灼療法後出血性合併症の管理 第44回日本肝臓学会総会(松山、2008年6月5日)
  • 大木隆正、建石良介、後藤絵理子、佐藤隆久、増崎亮太、五藤忠、濱村啓介、吉田英雄、金井文彦、加藤直也、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 HBc抗体陽性はC型慢性肝炎患者の肝発癌に影響を与えない 第44回日本肝臓学会総会(松山、2008年6月5日)
  • 田中康雄、金井文彦、多田素久、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、横須賀收、小俣政男 高密度オリゴヌクレオチドアレイによる肝細胞癌の生物学的特性・再発に関連するゲノム異常解析 第44回日本肝臓学会総会(松山、2008年6月5日)
  • 増崎亮太、建石良介、吉田晴彦、後藤絵理子、佐藤隆久、大木隆正、五藤忠、吉田英雄、金井文彦、濱村啓介、杉岡陽介、池田均、椎名秀一朗、小俣政男 慢性C型肝炎における線維化評価法 Fibroscan、APRI、Lok indexの比較 第44回日本肝臓学会総会(松山、2008年6月6日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、加藤圭、松村祐志、稲見晃一、近森正康、安野慶、丸木実子、渡辺純夫 分枝型膵管内乳頭粘液腫瘍に対する自作カテーテルを用いた膵液洗浄細胞診の有用性 第39回日本膵臓学会大会(横浜、2008年7月30日)
  • 中塚拓馬、榎奥健一郎、今村潤、建石良介、五藤忠、濱村啓介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 急性E型肝炎の1例 第556回日本内科学会関東地方会(東京、2008年9月6日)
  • 近森正康、須山正文、崔仁煥、窪川良廣、松村祐志、北里憲司郎、高橋靖、安野慶、丸木実子 バルーン併用経口胆道鏡によるEHLで砕石可能であった巨大胆管結石の一例 第44回 日本胆道学会学術集会(名古屋、2008年9月19日)
  • 高橋靖、須山正文、窪川良廣、崔仁煥 肝門部狭窄に対する処置の検討 第44回日本胆道学会学術集会(名古屋、2008年9月19日)
  • 安野慶、窪川良廣、崔仁煥、松村祐志、加藤圭、岩本志穂、稲見晃一、近森正康、高橋靖、丸木実子、須山正文 膵・胆管合流異常に合併した膵石の一例 第31回日本膵・胆管合流異常研究会(京都、2008年9月27日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小俣政男 パネルディスカッション2:多様化する転移性肝癌の治療選択 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA) JDDW 2008(東京、2008年10月1日)
  • 東郷剛一、椎名秀一朗、小俣政男 ワークショップ4:リザーバーシステムを用いた悪性腫瘍(肝胆膵・管)の治療 肝転移巣を有する大腸癌患者に対する、ラジオ波焼灼術・中心静脈リザーバーシステムを用いた全身化学療法併用の有用性 JDDW 2008(東京、2008年10月1日)
  • 榎奥健一郎、金井文彦、建石良介、後藤絵里子、佐藤隆久、大木隆正、増崎亮太、五藤忠、濱村啓介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 腫瘍マーカーから計算した倍加時間による抗腫瘍効果判定法の提案 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 岡本朋子、小池幸宏、松田梨恵、濱田毅、内田康仁、木暮宏史、渡辺一宏、川瀬建夫、吉田晴彦、椎名秀一朗、小俣政男 肉腫肝転移に対するラジオ波焼灼療法の意義 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 近藤祐嗣、佐藤雅哉、小島健太郎、高原楠昊、佐々木隆、関道治、谷口誠、田川一海、今村雅俊、建石良介、椎名秀一朗、小俣政男 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術の適応拡大の可能性 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 近藤祐嗣、佐藤雅哉、小島健太郎、高原楠昊、佐々木隆、関道治、谷口誠、田川一海、今村雅俊、建石良介、椎名秀一朗、小俣政男 転移性肝癌の治療における経皮的ラジオ波焼灼術の役割 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、小俣政男 パネルディスカッション5:肝癌の病態別推奨治療 コンセンサス形成を目指す異分野間衆議 単発肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の亜区域内再発率とその危険因子 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 後藤絵理子、椎名秀一朗、建石良介、増崎亮太、濱村啓介、佐藤隆久、大木隆正、五藤忠、金井文彦、杉岡陽介、池田均、吉田晴彦、小俣政男 転移性肝癌に対するラジオ波焼灼療法におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 小池幸宏、吉田晴彦、松田梨恵、濱田敦、岡本朋子、内田康仁、木暮宏史、椎名秀一朗、川瀬建夫、小俣政男 インターフェロン治療はC型肝癌の予後を改善する JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 小尾俊太郎、今村潤、鵜沼直雄、山田篤生、大木隆正、増崎亮太、近藤祐嗣、近藤慎太郎、菅田美保、山敷宣代、辻野武、五藤忠、佐藤新平、金井文彦、濱村啓介、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、小俣政男 進行肝細胞癌に対するインターフェロン併用5FU全身化学療法 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 増崎亮太、椎名秀一朗、小俣政男 ワークショップ6:新世代超音波造影剤導入による肝癌診断・治療の変革 肝細胞癌ラジオ波焼灼療法におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 田中康雄、金井文彦、多田素久、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、川邊隆夫、横須賀收、小俣政男 GRHL2の増幅は肝細胞癌の早期再発に関連する JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 渡邉尚子、池田均、富谷智明、井上有希子、手島一陽、西川尚子、大友夏子、田上靖、小尾俊太郎、建石良介、椎名秀一朗、藤原研司、小俣政男 G肝細胞癌症例の血中Autotaxinの意義について JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 後藤絵理子、椎名秀一朗、小俣政男 肝癌治療後のクリニカルパス 当院ラジオ波焼灼術におけるクリニカルパスの実際 出血性合併症の発見について JDDW 2008(東京、2008年10月1日-2日)
  • 佐藤隆久、建石良介、小俣政男 シンポジウム12:肝癌診療ガイドラインと臨床最前線「肝癌サーベイランスにおける腫瘍マーカーの再評価」 JDDW 2008(東京、2008年10月2日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文 ワークショップ:IPMNは通常型膵癌の高リスクファクターか? 第50回日本消化器学会大会(東京、2008年10月2日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、加藤圭、松村祐志、稲見晃一、近森正康、安野慶、丸木実子、渡辺純夫 胆嚢壁肥厚と膵液胆道逆流現象-胆嚢癌早期発見のための手がかり- 第50回日本消化器学会大会(東京、2008年10月3日)

ページのトップに戻る