業績

2009年

英文論文

  • Shiina S. Image-guided percutaneous ablation therapies for hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol 2009;44:122-31.
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Goto E, Sato T, Ohki T, Imamura J, Goto T, Kanai F, Kato N, Ikeda H, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Prospective risk assessment for hepatocellular carcinoma development in patients with chronic hepatitis C by transient elastography. Hepatology 2009;49:1954-61.
  • Tateishi R, Shiina S, Ohki T, Sato T, Masuzaki R, Imamura J, Goto E, Goto T, Yoshida H, Obi S, Sato S, Kanai F, Yoshida H, Omata M. Treatment strategy for hepatocellular carcinoma: expanding the indications for radiofrequency ablation. J Gastroenterol 2009;44 Suppl:142-6.
  • Ohki T, Tateishi R, Shiina S, Goto E, Sato T, Nakagawa H, Masuzaki R, Goto T, Hamamura K, Kanai F, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Visceral fat accumulation is an independent risk factor for hepatocellular carcinoma recurrence after curative treatment in patients with suspected NASH. Gut 2009;58:839-44.
  • Kondo Y, Yoshida H, Tomizawa Y, Tateishi R, Shiina S, Tagawa K, Omata M. Percutaneous radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma in 14 patients undergoing regular hemodialysis for end-stage renal disease. Am J Roentgenol 2009;193:964-9.
  • Sato T, Tateishi R, Yoshida H, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Goto T, Kanai F, Obi S, Kato N, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Ultrasound surveillance for early detection of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C. Hepatol Int 2009;3:544-50.
  • Nakagawa H, Maeda S, Yoshida H, Tateishi R, Masuzaki R, Ohki T, Hayakawa Y, Kinoshita H, Yamakado M, Kato N, Shiina S, Omata M. Serum IL-6 levels and the risk for hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients: an analysis based on gender differences. Int J Cancer 2009;125:2264-9.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Watanabe S, Maehara T. Pancreatic- duct-lavage cytology in candidates for surgical resection of branch-Duct intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas: should the international consensus guidelines be revised? Gastrointestinal Endoscopy 2009;69:434-40.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Watanabe S, Maehara T. Early detection of extrahepatic bile-duct carcinomas in the nonicteric stage by using MRCP followed by EUS. Gastrointestinal Endoscopy 2009;70:29-36.
  • Kanda D, Takagi H, Kawahara Y, Yata Y, Takakusagi T, Hatanaka T, Yoshinaga T, Iesaki K, Kashiwabara K, Higuchi T, Mori M, Hirota T, Higuchi S, Ieiri I. Novel large-scale deletion (whole exon 7) in the ABCC2 gene in a patient with the Dubin-Johnson syndrome. Drug Metab Pharmacokinet. 2009;24:464-8.

国際学会発表

  • Enooku K, Tateishi R, Kanai F, Yoshida H, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Evaluation of the effects of antiangiogenic drug by changes in tumor marker levels. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA, 2009
  • Goto E, Shiina S, Tateishi R, Masuzaki R, Enooku K, Sato T, Ohki T, Imamura J, Goto T, Yoshida H, and Omata M. Utility of contrast enhanced ultrasonography with sonazoid in radiofrequency ablation (RFA) for liver metastasis. 19th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Hong Kong, China, 2009
  • Goto E, Tateishi R, Shiina S, Enooku K, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Kondo Y, Goto T, Yoshida H, Omata M. Risk factors for hemorrhagic complications after radiofrequency ablation therapy for liver tumors. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA, 2009
  • Imamura J, Tateishi R, Obi S, Shiina S, Sato S, Ohki T, Masuzaki R, Goto T, Goto E, Sato T, Enooku K, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Treatment response evaluated by des-gamma-carboxy prothrombin and alpha-fetoprotein L3 fraction can predict prognosis of hepatocellular carcinoma independently of radiological evaluation. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA, 2009
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Goto E, Sato T, Ohki T, Imamura J, Goto T, Ikeda H, Shiina S, Kawabe T, Omata M. Prospective risk assessment for hepatocellular carcinoma development in chronic hepatitis C patients by transient elastography. 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, Copenhagen, Denmark, 2009
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Ikeda H, Enooku K, Goto E, Sato T, Ohki T, Kondo Y, Imamura J, Goto T, Shiina S, Omata M. Liver stiffness and duration of chronic hepatitis C in transfusion-transmitted patients. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA, 2009
  • Ohki T, Akahane M, Yamashiki N, Goto E, Enooku K, Sato T, Masuzaki R, Kondo Y, Tateishi R, Inoo S, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Otomo K, Koike K, Omata M. A prospective randomized study to elucidate the efficacy of computed tomography hepatic arteriography and arterial portography (CTA/P) as a pre-treatment examination among patients with small hepatocellular carcinoma: a preliminary report. American Association for the Study of Liver Diseases Annual Meeting 2009, Boston, USA, 2009
  • Shiina S, Tateishi R, Enooku K, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Goto T, Obi S, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Radiofrequency ablation (RFA) in the treatment of hepatocellular carcinoma (HCC): long-term results. Digestive Disease Week 2009, Chicago, USA, 2009
  • Tateishi R, Yoshida H, Sato T, Masuzaki R, Ohki T, Goto E, Enooku K, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Koike K, Omata M. Proposal of a surveillance program for hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C using comprehensive risk scoring system and stratum specific likelihood ratio. American Association for the Study of Liver Diseases Annual Meeting 2009, Boston, USA, 2009
  • Tateishi R, Yoshida H, Shiina S, Matsuyama Y, Yoshida H, Masuzaki R, Sato T, Goto E, Imamura J, Kondo Y, Goto T, Kanai F, Kato N, Omata M. Construction of a risk index for hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients. 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, Copenhagen, Denmark, 2009
  • Shiina S. Multidisciplinary therapy for hepatocellular carcinoma at the University of Tokyo. Beijing Summit Forum for Precise Treatment of Hepatoma, Beijing, China, 2009
  • Shiina S. Thermal ablation for hepatocellular carcinoma. Beijing Summit Forum for Precise Treatment of Hepatoma, Beijing, China, 2009
  • Shiina S. How to avoid complications: RFA with artificial pleural effusion or artificial ascites. 2nd RFA Symposium on Cool-tip RF Ablation System, Beijing, China, 2009
  • Shiina S. How to avoid complications: RFA with artificial pleural effusion or artificial ascites. 2nd RFA Symposium on Cool-tip RF Ablation System, Beijing, China, 2009
  • Shiina S. Standard treatment approach―different point between Japan, Asia and West―local ablation. in 3rd International Kobe Liver Symposium on HCC, Kobe, Japan, 2009
  • Shiina S. Current status of liver RFA in Japan. 1st Japan Korea Image guided Tumor Ablation Meeting, Tokyo, Japan, 2009

和文論文

  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦、小俣政男:【肝胆膵;難治がんに挑む-分子標的治療時代の到来】 肝臓分野:難治性肝細胞がんに対する私たちの工夫 肝細胞癌肝外病変に対するラジオ波焼灼術(RFA) 肝・胆・膵 2009;59:863-71.
  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦、上垣佐登子、佐々木美奈、川口雅功:【知っておきたい最新のIVR 適応と手技の実際】 肝・胆・膵におけるIVR 肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術(RFA) 消化器外科 2009;32:1857-63.
  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦:【転移性腫瘍に対する治療戦略】 転移性肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術(RFA) 臨床外科 2009;64:1507-14.
  • 椎名秀一朗:【ラジオ波焼灼療法(RFA) 低侵襲治療の現状と今後の展開】大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼療法 国内外の現況と治療成績 医学のあゆみ 2009;231:197-204.
  • 小俣政男、椎名秀一朗、小尾俊太郎、高山忠利:【肝癌撲滅最前線】正念場を迎えた肝癌撲滅戦略 内科 2009;104:717-28.
  • 椎名秀一朗、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、金井文彦、小俣政男:【肝癌撲滅最前線】肝癌治療のパラダイムシフトを目指して 内科 2009;104:607-13.
  • 金井文彦、建石良介、田中康雄、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男:日本人C型慢性肝炎患者に対するペグインターフェロンとリバビリン併用療法時の貧血に対するエリスロポエチンの貧血改善効果を検討する探索的用量反応試験 肝臓 2009;50:427-36.
  • 東郷剛一、平田喜裕、池上恒雄、前田慎、椎名秀一朗、小俣政男:【リザーバーシステムを用いた悪性腫瘍の治療】肝転移巣を有する大腸癌患者に対する、ラジオ波焼灼術・中心静脈リザーバーシステムを用いた全身化学療法併用の有用性 消化器科 2009;48:570-6.
  • 今村潤、小尾俊太郎、佐藤新平、佐藤隆久、元山天佑、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男:【リザーバーシステムを用いた悪性腫瘍の治療】門脈腫瘍浸潤Vp3、4を伴う進行肝細胞癌に対する動注化学療法 消化器科 2009;8:542-6.
  • 増崎亮太、椎名秀一朗、建石良介、後藤絵理子、杉岡陽介、榎奥健一郎、佐藤隆久、大木隆正、五藤忠、池田均、吉田晴彦、小俣政男:【新世代超音波造影剤導入による肝癌診断・治療の変革】肝細胞癌ラジオ波焼灼療法におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性 消化器科 2009;48:470-4.
  • 建石良介、椎名秀一朗、小俣政男:【肝癌 基礎・臨床研究のアップデート】肝癌の治療 肝癌の予後因子からみた治療戦略 日本臨床 2009;67:407-12.
  • 家崎桂吾、吉永輝夫、神田大輔、矢田豊、畑中健、高橋和宏、樋口次男:当院における早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の治療成績 群馬医学 2009;90:13-9.
  • 矢田豊、神田大輔、竹内卓、畑中健、家崎桂吾、吉永輝夫、久保田潤、樋口次男:QOLを考慮した5-FU/高濃度CDDP短期肝動注療法が有効であった進行肝細胞癌の1例 癌と化学療法 2009;36:1179-81.
  • 矢田豊、竹内卓、神田大輔、高草木智史、畑中健、家崎桂吾、吉永輝夫、久保田潤、柏原賢治、佐藤賢、樋口次男:ラジオ波焼灼術後造影パターンの変化を伴い急速に発育進展した肝臓癌の1例 肝臓 2009;50:96-102.

国内学会発表

  • 北里憲司郎、安野慶、高橋靖、近森正康、松村祐志、崔仁煥、窪川良廣、須山正文、川崎誠治、信川文誠 肝腫瘤の1例 第50回日本消化器画像診断研究会(沖縄、2009年1月10日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、小俣政男 肝癌治療のアルゴリズムの確立 肝細胞癌に対する経皮的局所療法の適応決定にICGは必要か 第95回日本消化器病学会(札幌、2009年5月7日-9日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、松村祐志、稲見晃一、近森正康、守慶、丸木実子、渡辺純夫 膵癌の早期診断体系 ?MRI/MRCP + 膵液洗浄細胞 第77回日本消化器内視鏡学会総会(名古屋、2009年5月21日)
  • 伊藤優紀、増崎亮太、後藤絵理子、杉岡陽介、建石良介、椎名秀一朗、渡邉尚子、池田均、小俣政男、矢冨裕 ソナゾイド造影超音波が有用であった小腸GIST肝転移の1症例 日本超音波医学会第82回学術集会(東京、2009年5月22日-24日)
  • 椎名秀一朗 肝細胞癌の治療 Ablation 第45回日本肝臓学会(神戸、2009年6月4日)
  • 後藤絵理子、椎名秀一朗、建石良介、榎奥健一郎、佐藤隆久、増崎亮太、今村潤、五藤忠、吉田晴彦、小俣政男 肝腫瘍に対する経皮的ラジオ波焼灼療法後出血性合併症のリスク因子の検討 第45回日本肝臓学会(神戸、2009年6月4日-5日)
  • 増崎亮太、建石良介、吉田晴彦、後藤絵理子、佐藤隆久、大木隆正、近藤祐嗣、今村潤、池田均、椎名秀一朗、川辺隆夫、小俣政男 肝硬変症例に対する抗ウイルス治療を含む包括的マネージメント ファイブロスキャンによるC型肝炎患者の発癌リスクの検討 第45回日本肝臓学会(神戸、2009年6月4日-5日)
  • 金井文彦、建石良介、吉田晴彦、奥坂拓志、池田公史、椎名秀一朗、小俣政男 肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元 肝細胞癌に対する血管新生阻害剤TSU-68の治療効果予測因子 第45回日本肝臓学会(神戸、2009年6月4日-5日)
  • 椎名秀一朗 日米欧における肝癌診療の相違をめぐって 高周波アブレーションは腫瘍辺縁から凝固範囲辺縁までの距離が十分に得られるまで施行すべきである 賛成意見 日本における肝細胞癌に対する標準的高周波アブレーション(RFA)(RFA should be performed until the time enough ablative margin is obtained: Pro: Japanese Standard of Radio frequency Ablation (RFA) for Hepatocellular Carcinoma (HCC))(英語) 第45回日本肝臓学会(神戸、2009年6月4日-5日)
  • 安野慶、稲見晃一、窪川良廣、須山正文 早期胆嚢癌の超音波診断の現状 第48回日本消化器がん検診学会総会(札幌、2009年6月19日)
  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、中川勇人、榎奥健一郎、後藤絵理子、佐藤隆久、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 RFA施行時の工夫 ラジオ波焼灼術(RFA)におけるポジショニングの重要性 第45回日本肝癌研究会(福岡、2009年7月3日)
  • 松村祐志 胆道癌・膵癌における化学療法の検討-合併症、副作用を中心に- 第2回インターネット症例検討会(東京、2009年7月8日)
  • 高橋靖、須山正文、崔仁煥、窪川良廣 分枝型IPMNは通常型膵癌のリスクファクターか? 第40回 日本膵臓学会大会(東京、2009年7月30日)
  • 松村祐志、須山正文、崔仁煥、窪川良廣、丸木実子、守慶、高橋靖、稲見晃一、渡辺純夫 当科における局所進行膵癌の化学放射線療法およびリザーバー動注化学療法の成績 第40回日本膵臓学会大会(東京、2009年7月30日)
  • 高橋靖、須山正文、窪川良廣 PTCDの合併症の検討 第45回日本胆道学会学術集会(千葉、2009年9月18日)
  • 石井重登、須山正文、崔仁煥、窪川良宏、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、守慶、丸木実子、徳川友彦:胆嚢癌との鑑別が困難であった黄色肉芽腫性胆嚢炎(XGC)の6例 胆道 第45回日本胆道学会学術集会(千葉、2009年、9月18日)
  • 後藤絵里子、椎名秀一朗、小俣政男 DPC時代における肝細胞癌治療戦略《アンケートパッド》 当院でのDPC導入後のラジオ波焼灼療法(RFA)における治療戦略 JDDW 2009(京都、2009年10月14日-17日)
  • 小池幸宏、吉田晴彦、椎名秀一朗、建石良介、後藤絵理子、岡本朋子、濱田毅、松原三郎、渡辺一宏、川瀬建夫、小俣政男 切除不能大腸癌肝転移に対するRFAの予後解析 JDDW 2009(京都、2009年10月14日-17日)
  • 吉田俊太郎、前田愼、杉本貴史、磯村好洋、高野範之、梶原晴香、山田篤生、平田喜裕、池上恒雄、山地裕、小椋啓司、建石良介、椎名秀一朗、川邊隆夫、小俣政男 当院での進行大腸癌症例に対するcetuximab治療の現状 JDDW 2009(京都、2009年10月14日-17日)
  • 近藤祐嗣、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、佐藤隆久、増崎亮太、建石良介、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男 経皮的ラジオ波焼灼術に合併する肝内胆管損傷の検討 JDDW 2009(京都、2009年10月14日-17日)
  • 椎名秀一朗 ランチョンセミナー:転移性肝癌に対するRFA JDDW 2009(京都、2009年10月15日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小俣政男 パネルディスカッション:大腸癌肝転移治療のコンセンサスの構築 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)を中心にした集学的治療 JDDW 2009(京都、2009年10月16日)
  • 東郷剛一、椎名秀一朗、小俣政男 進行・再発大腸癌に対する、リザーバーを用いた全身化学療法の有用性 JDDW 2009(京都、2009年10月16日)
  • 稲見晃一、竹田和由、丸木実子、安野慶、高橋靖、窪川良廣、崔仁煥、須山正文、樋野興夫、渡辺純夫 マウス膵癌モデルに対するanti-C-ERC/mesothelinモノクローナル抗体の抗腫瘍活性 第51回日本消化器病学会大会(京都、2009年10月16日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、松村祐志、稲見晃一、近森正康、守慶、丸木実子、渡辺純夫 分枝型IPMNの良悪性の鑑別診断における膵液洗浄細胞診の有用性 第78回日本消化器内視鏡学会総会(京都、2009年10月17日)

ページのトップに戻る